広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

日本の仏教の宗派

日本の仏教の宗派

仏教はアジアの多くの国で信仰されている宗教です。

東南アジアでは「小乗宗教」と呼ばれ、出家をして寺にこもり、

修行をして悟りを得ることを目的としています。



中国、そして朝鮮半島を経て538年に日本へ伝わった仏教は

大乗仏教と」と呼ばれ、広く大衆が救われるという教えに基づきます。



現在日本で活動している主な宗派は「禅」の3派を含め

以下の13の宗派があります。



華厳宗  法相宗  律宗   天台宗  真言宗  浄土宗  浄土真宗 



時宗  融通念仏宗  日蓮宗  臨済宗  曹洞宗  黄檗宗 

神道を簡単に説明すると

神道を簡単に説明すると


今日は説明できるようで説明できない「神道」です。

ちなみに「神道」は「かんながらのみち」とも読むそうです。




8世紀はじめに編集された「古事記」と「日本書紀」に、

神々の誕生の物語や神々の系譜が、神話として書かれています。


その神話によると、はじめ神は


天之御中主神」(アメノミナカヌシカミ)



高御産巣日神」(タカミムスビノカミ)



神産巣日神」 (カミムスビノカミ)

の3神がいたそうで、この神々は姿形がありませんでした。




英語で説明 gods of Shintoism

When were the gods of Shintoism born?

The Kojiki and the Nihonshoki, two chronicles written in the early 8th century,

depicts the ancient myths and history of Japan.


According to the myth, there existed the first three gods,

Amenominakanushi-no-kami,

Takamimusubi-no-kami

Kamimusubi-no-kami, who were all invisible.

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。