広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月29日

イントゥ・ザ・ウッズ感想 ミュージカルとして舞台なら

ディズニーにしては人が死ぬ映画

題名:イントゥ・ザ・ウッズ(原題:INTO THE WOODS)
公開年:2014年
上映時間:125分


poster2.jpg

ハッピーエンドでお馴染みのおとぎ話のその後をブラックに描いたミュージカルの映画版。その後とは言いつつも途中まではガッツリおとぎ話の踏襲。歌は上手いし映像も綺麗だが、ちょっと多めに登場人物を死なせてみた程度の暗さでストーリー展開はディズニーらしいご都合展開。
まぁまぁな映画

◎あらすじ
魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔女に命令される。
夫婦は赤いずきん、黄色い髪、白い牛、黄金の靴を手に入れるべく森へと出発する。
一方赤ずきん、ラプンツェル、ジャック、シンデレラ、魔女、オオカミ、2人の王子も森に足を踏み入れており……。

シネマトゥデイ


監督はロブ・マーシャル氏、主演はオスカー常連のメリル・ストリープさんです。
元ネタはスティーブン・ソンドハイム氏の同名ブロードウェイ・ミュージカルです。

ブロードウェイ・ミュージカルの方は有名な人気作品の模様。
確かに一つの舞台で展開されていたほうが面白さがある作品かもしれません。

↓予告。


◎ネタバレしない程度に
ミュージカル映画っていうと急に歌うディズニーアニメ映画くらいしか観たことがなく、そもそも歌うアニメ映画はミュージカル映画なのか疑問ですが、とにかく大して耐性がありませんでした。

物語しょっぱなから歌いまくっている映画ですが、特に嫌な気持ちにはならず、

(ふえ〜歌上手いな〜)

としか思っていませんでした。

みなさん歌が上手いです。
日本でやったらこうはならないだろうなという役者たちの歌の上手さです。
赤ずきんとジャック役の子役たちもお上手でした。

途中までは楽しんで観ていたのですが、森の中の描写が圧倒的に多いので少し飽きます。
ミュージカルとして一つの舞台で演じられているなら気にならない部分も、映画になるとやはり気になってきますね。
登場人物たちがすぐに集合するのも、舞台なら展開のテンポを保つために必要な要素だと思っても、映画だとご都合のように感じてしまいました。

ジョニーデップのオオカミ男は怪しい色気があって好きです。
でも、大して出て来ないので残念。
日本の宣伝ではジョニデで客を釣ろうとしてましたが、多少詐欺。

物語終盤のクライマックスも後味悪いと思って観ていると物足りないですね。
結局希望はあるエンドに感じました。

ディズニーにしては人が死ぬのでディズニー好きな人はショックが大きいかも知れませんが、バッドエンド耐性がある人にとってはぬるぬるのヌルイ映画だと思います。
人死ぬって言ってもなんか(え?死んだ?)って感じの唐突さなので衝撃もありません。

歌を楽しもう〜♪という軽い気持ちで観れば楽しいかも?

◎総評
歌は上手い、話はまぁまぁ。

>【4/7 20時から4/11 10時まで★ポイント10倍★☆期間限定】イントゥ・ザ・ウッズ|中古DVD【中古】

価格:1,000円
(2017/4/9 19:56時点)
感想(0件)



人が死にやすい目次

映画レビューランキング


2017年03月20日

どうしても触れたくない感想 BL実写にしては…

BL実写にしては…?

題名:どうしても触れたくない
公開年:2014年
上映時間:84分


_20170320_015003.JPG

ゲイ差別を受けて転職した主人公が、転職先の上司となんやかんや関係を持ち、割り切ったふりして悩む映画。主人公のウジウジ根暗感が気に障ると観られないかもしれないが、日本のBL漫画の実写だと思えばまとまっている作品。
まぁまぁな映画

◎あらすじ
新しい勤め先への初出勤当日、嶋(米原幸佑)はエレベーターで二日酔いの男性と一緒になるが、何とそれが彼の新しい上司の外川(谷口賢志)だった。
次第に嶋は一見ぶしつけに見えるものの、常に周りへの配慮を怠らない外川の人柄に惹(ひ)かれていく。
彼は過去の痛手からなかなか前へ進めずにいたが、外川は嶋への気持ちをオープンにしていた。
シネマトゥデイ


監督は天野千尋氏、主演は米原幸佑さん。
原作はヨネダコウ氏の同名漫画です。

>どうしても触れたくない [ ヨネダコウ ]

価格:648円
(2017/3/20 21:22時点)
感想(70件)



私はBL漫画をちゃんと読んだことがない程度の人間なので、原作を存じ上げないのですが、界隈では有名な作品のようです。

BLを読んだことはなくても、BLはたまに実写映画になるので予告だけは観たことあったりするんですよね。
一括りにしてしまうのは失礼かもしれませんが、大抵こっちが恥ずかしくなるような演技と演出のオンパレードであるのが予告からも伝わってきて、一本観きったことはありませんでした。

今回、どうしても触れたくないを観ようと思ったのは、予告が普通だったからです!

↓予告。BLっていうより同性愛映画って感じで好感がある。


◎ネタバレしない程度に
結構良かったんじゃないかな、というのが全体の感想です。
他のBL実写を観たことがないので比べようがないのですが、とりあえず予告からして演技力がヤバそうな作品たちの上を行く映画だとは思います。

主演カップルはそんな気にならない程度の演技をしていらっしゃいましたし、お金は全然かかってないものの安いなーと幻滅する場面もありませんでした。

漫画的表現は、漫画だからいいのであって実写になるとなんやそれとなることが多い中、この映画はBL漫画のファンタジー感と同性愛のリアル感をうまくミックスしてあります。

ただ、同性愛描写が巧みな欧米作品と比べてしまえば足元にも及んでないです。
でもこれは、歴代の恋愛映画と少女漫画の実写を比べているようなものなので、そもそも土俵が違うのかもしれません。

主人公が前の職場でゲイいじめに遭い、心を閉ざしているのは重々承知していても、結構ウジウジなよなよしているので彼を可愛いと思えるかが、重要なポイントだと思います。

観ていて「腹から声出せ!」「返事しろや!」「コミュ障の神か!」って何回か思いましたが相手役の上司が優しいので最後まで観てられました。

ただ、文句を言うとすると

キスちゃんとせぇや!!

ってことですね。

いやぁ、BLの実写なのにキスちゃんとせぇへんのかい!って思いましたよ。
ホットロードの能年玲奈かってくらいちゃんとキスしないよこのカップル。

どっちがキスNGなのかは知らないですが、同性とのがっつりキスNGならこの仕事を受けるなよとは思いますね。
監督の指示で有耶無耶キスになってるなら監督の指示に問題があると思いますね。

あと初回ベッドシーンも、半裸の男二人が絡んでるのに全くエロくない謎演出で笑いました。
もうあのシーン挟むなら、服脱がしっこして暗転した方が良かった。
どうせその後は匂わせシーンしかないんだし。

と、少しズタボロに書きましたが、相手役の上司の役者さんは演技が自然で好きでした。
いそうだなと思わせるというか。
まぁ上司の方がゲイっぽく見えるのは置いておいて。

あと純粋に疑問なのは、男を抱いたことがないノーマルの上司がゲイの部下を抱くとして、絶対リードできなくないですか?
ベッドシーンはなんかリードしてそうでしたけど、(え、ここ上司の部屋だよね?彼女いないしゲイでもない人の部屋って絶対ローションとかなくない?)っていうのが気がかりでした。
こういうところがBL由来のファンタジー成分なのかもしれませんね。

◎総評
主人公が頭グイってされて顔を上げるシーン、目のクマが凄すぎるんですがあれは原作でもそうなんですかね。

>どうしても触れたくない [ 米原幸佑 ]

価格:5,313円
(2017/3/20 21:34時点)
感想(1件)



愛の少ない目次


映画レビューランキング


闇金ウシジマくんpart3感想 わりと面白い

ウシジマくんの存在感はない

題名:闇金ウシジマくんpart3
公開年:2016年
上映時間:131分


320.jpg

人生一発逆転を目指す青年やキャバクラにハマって金を浪費するサラリーマンがウシジマくんに金を借りる映画。恒例の暴力シーンはほとんどなく、シリーズで一番ライトな作品。コメディ度も高く見やすいが、ウシジマくんの登場シーンが少ないので物足りなさはある。
まぁまぁな映画

◎あらすじ
今日も高金利で金を貸す金融屋「カウカウファイナンス」の丑嶋馨(山田孝之)。
フリーターの沢村真司(本郷奏多)は偶然知り合ったモデルのりな(白石麻衣)にあおられて、ネットで1秒間に1億円を稼ぐという天生翔(浜野謙太)のビジネスに身を投じ、カウカウファイナンスを巻き込んだある計画を考える。
一方、サラリーマンの加茂守(藤森慎吾)は妻帯者でありながら遊ぶ金欲しさにカウカウファイナンスで借金を重ね……。

シネマトゥデイ


以前、闇金ウシジマくん ザ・ファイナルのレビューで「面白くなさそうだから劇場には観に行かない」と書いたpart3です。

監督はいつもの通り山口雅俊氏、主演はいつもの通り山田孝之さんです。
山田さんより本郷奏多さんとオリラジ藤森さんのほうが出番ありましたが、主演は山田さんです。

↓予告。なんかファイナルも混ざってます。


◎ネタバレしない程度に
あんまり面白くなさそうだったからDVDで観たんですけど、わりと面白かったです。
観るならDVDで十分だとは思いますが、わりと面白かったです。

フリーター生活からの脱却を夢見て怪しげな金稼ぎセミナーに参加する青年を、本郷奏多さんが演じているのですが、見た目が「肉体労働で日銭を稼ぐ底辺」ではなく「表では優等生だけど家族にはDVの紫外線恐怖症男」って感じなので、設定が引っ掛かりました。ただの偏見です。

公開前は、秋元グループのどこかに所属している白石麻衣さんのキスシーンが話題でしたね。
本郷さんとのキスなのですが、ホンマに触れるだけの甘っちょろいキスなのでなんとも思いませんでした。
本郷さん自身が潔癖症でキスもあんまり…ってテレビで言ってるの観たことがあるので、アイドル側も本郷側もwinwinなキスシーンだったのかぁと感動(?)。

あと、清栄という胡散臭いイケメン眼鏡がなにかと本郷さんにアプローチ(?)していて、ゲイの人なのかと中盤まで本気で思っていた。

こういうとき、イケメン→ブスだと何とも思わないのは差別だよね。ブス→ブスでも何とも思わないのも差別だよね。
何の話してるのか自分でもわからなくなってきたのでやめます。


本郷さんと同時進行で、オリラジ藤森さんがダメなサラリーマンを演じていて、これが結構いい演技なんです!
藤森さんのこと、なんとも思っていませんでしたが演技出来るやん!と驚きでした。

特に追いつめられて騒ぐシーンがとても良かった。
ダメ男も板に付いていましたし、これからもちょいちょい役者仕事やってほしいです。

↓藤森サイドで出てくるチンピラ。チョイ役なのに顔が綺麗で目立ってた。
_20170320_015205.JPG

↓藤森さんがハマるキャバ嬢。40キロ台がデブとされる修羅の国キャバクラでは完全にデブポジに置かれそうですが、おっぱいは良いですね。
_20170320_015022.JPG

藤森さんの元カノ、田中みなみアナのほうが細いなとは正直思いました、すみません。


で、全体としてはエンタメ〜って感じで面白かったです。
ウシジマシリーズで一番ライトな明るい楽しいお話でした。
でもなんでライトな仕上がりかっていうと、丑嶋一味が大して絡まないからなんですよね。
誰も丑嶋一味のこと恨んでないんですよね、この映画。

そういった意味で、物足りなさはありました。
ガツンとハードな衝撃はまるでない、牙を抜かれたウシジマ映画みたいな。
でも、ポップに楽しめるので、気楽さはいいかなとも思います。

ファイナルの感想でも言ったけど、最上もがは最上もががそこにいるだけになってるのをどうにかしろ。
クソコラかと思うくらい馴染んでないので、今後一切出さないでほしい。

◎総評
「200万もする教材、なんで買うんでしょうか」という質問に「高いからだ」と答える丑嶋社長。
言葉が染みる。

>【先着特典】映画「闇金ウシジマくんPart3」通常版(ポケットティッシュ付き) [ 山田孝之 ]

価格:3,078円
(2017/3/20 14:20時点)
感想(0件)



金の大切さがわかる目次


映画レビューランキング



2017年03月08日

ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは

ネタバレを知らなくて良かった


題名:ソウ(原題:SAW)
公開年:2004年
上映時間:103分

※R15です。

51yCd6bq2-L._SL1500_.jpg

何者かに監禁された二人の男が脱出を試みる映画。全7作あるソウシリーズの第一作目。グロいことで有名だが、サスペンス要素も強く、この1に限ってはグロさよりも面白さが勝っている。
なかなかいい映画

◎あらすじ
老朽化したバスルームで目覚めた2人の男、ゴードン(ケアリー・エルウェズ)とアダム(リー・ワネル)。
足には鎖、2人の間には自殺死体。部屋にはいくつかアイテムがあり、その中から2人は自分たちがおかれている状況を把握しようとするが……。
シネマトゥデイより


監督はジェームズ・ワン氏、主演はリー・ワネルさんですが、鎖で繋がれた二人でダブル主演って感じです。

この映画は日本円にして一億円ちょっとの低予算で作られた大ヒット作品です。
作風としては金のかかっていないデヴィット・フィンチャー映画、ですね。

↓予告。この後類似品とパロディものがめっちゃ出ましたよね。



◎ネタバレしない程度に

中学生くらいの時にソウの予告を観て、(なにこれグロ…こわ…)となったことがトラウマで今までソウシリーズ一切観たことありませんでした。
続編も次々出たけど、どんどんグロくなっていくし…。
と思っていましたが、1くらいは観ておかねばと思い勇気を出しました。

1に関して一番言いたいことは、

そこまでグロくなかったです!!

ということですね。
中学時代の私がいかに純粋であったか思い知らされました。

実は2以降も観たんですが、ぶっちゃけ観られるのは2まででした。
2まではまだトリック的な要素もあるし面白かったのですが、ホントそれ以降は早送りで観ました(グロくて)。
3からは主題がグロになってしまい、グロが好きなら観ればいいという作品になってしまっています。

どんどんグロさに拍車がかかっていき、最後の方はいかに残酷に人を殺すかがテーマになっていくので、みんな1だけ観ような!!

こんなに有名な映画、絶対ネタバレ読んだ記憶があったのですが、いい具合に忘れていたようで普通に最後驚かされました。
ネタバレ知らない方は絶対調べないで観てください。

正直、途中ちょっと眠くなってきてぼーっとしていた時もありました。
しかし!終盤の勢いはホントにすごい!
一気に覚醒しましたよ。
冷静になると都合のいい設定だなと思いますが、観ているときはアドレナリンが出てただただ、

(わあぁぁぁ〜〜〜!?!)

ってなるので楽しいです。

場面は二人の男が監禁されている部屋、警察署、主人公の家、犯人のアジトくらいしかありません。
登場人物も少なく、たぶん全部で15人くらいしかいないです。
低予算なのは観ていてわかりますが、決して安っぽいわけではなく、きちんと作り上げられています。
コスパ最高の映画、といったところでしょうか。

鎖というアイテムで動ける範囲を制限するという設定は、発想力勝ちのとてもいいハンデだなぁと感動しました。
リアル脱出ゲームですね。

◎総評
1で終わらせておけば良かったのにぃ。

>【中古】DVD▼SAW ソウ▽レンタル落ち【ホラー】

価格:695円
(2017/3/9 15:56時点)
感想(0件)



ファッ!?ってなる目次

映画レビューランキング



ファン
検索
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
舞台 艶漢 by ウブロスーパーコピー (06/24)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by ロレックスコピー (04/14)
黄金のアデーレ感想 by ロレックス偽物 (04/02)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by UGG靴 韓国スーパーコピー (04/01)
デビルマン感想 by 偽物時計 (02/03)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
カモシカさんの画像
カモシカ
鑑賞した映画について個人的な感想を書いています。 素人の個人的な感想ですので、生暖かい目で見ていただけると嬉しいです。 ネタバレは極力しない方針です。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。