広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年02月19日

虐殺器官感想 題名で身構えるけど

未来への警鐘アニメ

題名:虐殺器官(原題:GENOCIDAL ORGAN)
公開年:2017年
上映時間:115分

※R15指定です。

a73791deb010eb97.jpg

情報管理が進んだ近未来を舞台に、紛争を陰で導く謎の男の行方を米国軍人が探る映画。全体を通してあまり盛り上がりはないが、未来に訪れる進んだ文明の欠落と人間のエゴの描き方がリアリティに溢れている。
まぁまぁな映画

◎あらすじ
開発途上にある国々で頻発する紛争や虐殺の背後に存在する、ジョン・ポールという謎に包まれた男。
アメリカ軍の特殊部隊大尉クラヴィス・シェパードは特殊暗殺部隊を率いて、彼の行方を追跡していく。
シネマトゥデイ


監督は村瀬修功氏、主演声優は中村悠一さんです。
原作は伊藤計劃氏の同名小説です。読んでないです、すみません。

>虐殺器官 [ 伊藤計劃 ]

価格:777円
(2017/2/20 14:12時点)
感想(42件)



2009年に34歳の若さでこの世を去った小説家・伊藤計劃の作品をアニメ化していく、「Project-Itoh」の第1作として放たれるSFアクション。

のはずだったのですが、このアニメ映画を製作していた会社が潰れてしまったため、第1作ではなく3部作の最後に公開されました。
他2作はなんとなくキャラデザに興味が出なくて観ていません(陳謝)。
世界観が同じというだけ(?)らしいので単品で鑑賞可能です。

↓予告。アニメだから血が多い感じ。


◎ネタバレしない程度に
私は原作を読んでおらず、予告をちょっと観た程度の前知識しかなかったので、冒頭のスピード感に若干置いて行かれましたが、にわか勢でもじきに物語に入り込めるのでご安心ください。

テロの脅威を排除するために、顔や指紋や網膜で個人情報の管理が徹底された近未来が舞台なのですが、文明の進み過ぎた先進国といまだ発展途上としか言えない諸国の技術力の差がリアルです。
発展途上国はいつまでも発展途上なんだなぁと少し悲しい気持ちになります。

米国軍人の主人公たちも、進み過ぎた技術で強い兵士となっており、何より本当にやっちゃいそうだなと思ったのが感情を抑える技術と痛覚を抑える技術ですね。
人を殺すことに対して感情の起伏がなくなるように管理され、痛覚も弱められ腕が飛んでも痛がらない軍人達は観ていて哀れですが、確かに兵士としては強い。
人を殺す人間としては合理的な改良というか。
でも唯一倫理観を持つ生物としては劣化としか言えないというか。

ホント人間って愚かな生き物!!

って気持ちで一杯になります。

私は日本という平和な先進国でしか生きたことがないので、最終的に語られるジョン・ポールの目的には、「…あ〜、わかるなぁ…」と思ってしまいました。
ジョン・ポールの考え方をわかってしまう先進国の恵まれ野郎である自分も、やはり愚かな生き物なんですよね。


全体を通してここが盛り上がりだ!っていうのはあんまりない映画です。
ハラハラする場面もあまりないので結構サラッと観れます(グロ耐性がある方はグロも余裕だと思います)。

掲げたテーマは深いし問題提起もリアリティがあっていいんですけど、主人公がヒロインにうつつを抜かし過ぎなのが気になりました。

お前人間殺しても一切感情乱れないのに女に対しては乱れまくりか!?

っていう。

もっと二人の気持ちが通じ合っていてお互い大切に思っている描写があればいいんですけど、結構唐突に「ルツィア(ヒロイン名)は!?ねぇルツィアは!!?」ってなるのが一体どうしたと気になってしまって。

どうやら原作小説だとなぜルツィアにこだわるのかしっかり描かれるらしいですね。
映画ではその辺を全カットしたようで、主人公がいきなり執着しだしたかのようになってしまったみたいです。

そこの描き方がやっぱり気になるので、主人公がヒロインしゅき〜ハート(トランプ)ってなっても何とも言えないですね。
原作なぞってほしかったなぁ。

◎総評
たまに作画が崩れますが、元の制作会社は倒産したし許してあげてください。

虐殺の目次

映画評論・レビュー ブログランキングへ



2017年02月15日

オールド・ボーイ(2013年版)感想 うーん…。

韓国版の10分の1くらいの面白さ

題名:オールド・ボーイ(原題:OLDBOY)
公開年:2013年
上映時間:103分

※R15指定です。

_20170215_155041.JPG

色々と駄目な男が突然拉致されて、20年間監禁され、首謀者に復讐を誓う映画。韓国版をハリウッドがリメイクした作品。同じ題材でもこんなに表現が違うんだなということを学ぶことができ、観ている間中、韓国版は面白かったなということを考えさせられ、もう一度韓国版を観たくなる。
微妙な映画

◎あらすじ
1993年、広告代理店重役のジョー・ドーセット(ジョシュ・ブローリン)は泥酔して街をさまよっているところを何者かに拉致され、気が付くと見知らぬ一室に監禁されていた。
理由もわからぬまま、気が狂うような生活が20年も続いたある日、彼は突然解放される。
監禁中に妻殺しの汚名を着せられたジョーは、自分を陥れた者を突き止め、復讐(ふくしゅう)を果たすべく動きだす。
シネマトゥデイより


監督はスパイク・リー氏、主演はジョシュ・ブローリンさんです。
前回の『オールド・ボーイ』は韓国映画で、今回のオールド・ボーイはハリウッドリメイク版です。

↓予告。韓国版は15年でしたがこれは20年監禁ですね。


大元の原作は日本漫画、この映画は韓国版映画リスペクトって感じです。
このハリウッド版もR15ですが、韓国版と比べれば余裕のよっちゃんな表現が多かったですね。

◎ネタバレしない程度に
最初に言いたいことはですね、

韓国版の圧勝!!

ということですね。

もうね、全てにおいて韓国版のほうが面白いですね。
変に韓国版を意識してるから本当に変になっているんですよね。

韓国版の主人公は、冒頭シーンこそ泥酔したクソ親父ですが、ハリウッド版は仕事中も酒を飲むアル中でもっとずっとダメなクソったれなんですよね。
大事な商談なのに、商談相手が連れてる女性に対して、キャバクラに来たクソ客のようにすぐ手を出そうとしてドン引かれてるし。
こいつよくこの歳まで社会人できてたなっていうくらいクソなんですよね。

商談失敗して酒におぼれても同情できねぇ〜〜wwwww

勝手に監禁されてろや。
たぶん監禁されても致し方がない人生なんだろ。

まぁ韓国版より監禁中に改心しますけどね。アル中治るし更生施設か?
良かったのは監禁中にネズミ可愛がってるのが可愛かったことくらいですかね。

せっかくハリウッド版にしたのにいちいち餃子食わせる意味は良くわからなかった。
韓国版と違ってずっと餃子でもないし。
餃子ばっかりやめろって主人公悲しんでたけど途中途中カップラーメンやらファストフードやら提供されただろ。

監禁から解放されるシーンでも、そのそばにバカじゃねぇのか?というくらい派手なチャイナ服みたいなの着た女が立ってて、これ結局首謀者のボディガードなんですけど、ボディガードの時は黒しか着てないから一回観ただけじゃ同じ女だと気が付きませんでした。
主人公に気が付いてほしいにしても服派手過ぎだしダッサいんだよなぁ。

それから、敵役ね!!
本当に韓国版のユ・ジテさんが恋しくなりますよ!!


ユ・ジテさんがいかに素晴らしく余裕ある気持ち悪いキ〇ガイ紳士を演じていたか、痛感しました。
もちろん脚本、演出の力の差もありますが、ここまで差が出るかっていうくらい、ハリウッド版の敵には魅力がありません。
主人公に同情できないまま、敵にもわくわくできないので、盛り上がる終盤も友達にライン返しながら観てました。

あ、ストーリーは韓国版とはベースが同じようでもアレンジが違う展開でした。
カレーでも料理人によって全然味が違うみたいなもんですね。
韓国版のカレーのほうが圧倒的においしいですよ。

あと、グロとエロの描写について。
最も痛いシーンは、サミュエル・L・ジャクソンさんの首の肉を、主人公が少しずつ切り取っていくシーンです。
これは普通に駄目な人いると思いますが、これ以外にグロいシーンは大してないです。
なぜなら、なんかよくわからないですがこの映画たまにモザイクかかるんですよね。
ベッドシーンと頭が吹っ飛ぶシーンに。

私、R15映画は結構観ているつもりでしたが、モザイクかけてるのは初めてでしたね。
普通、モザイク規制しないですむ表現しません?
がっつり映さなくても、この映画よりずっとグロくてずっとエロい映画は腐るほどあるような気がしました。
日本版だけモザイクあるとか…?

といったように、イラッとするポイントが多い映画でした。
韓国版のほうはこれよりずっと過激ですが、ずっと面白いので、オールド・ボーイを観るなら是非韓国版を観ていただきたいです。


◎総評
もっと米国らしさを出せばよかったのに。

>オールド・ボーイ【Blu-ray】 [ ジョシュ・ブローリン ]

価格:4,568円
(2017/2/15 22:27時点)
感想(0件)





因果応報な目次


映画評論・レビュー ブログランキングへ



2017年02月10日

オールド・ボーイ感想 究極の暴力

その手があったか…と思わせる復讐劇

題名:オールド・ボーイ(原題:OLDBOY)
公開年:2003年
上映時間:120分

※R15指定です

517TJR5S52L._SL1500_.jpg

ある日突然拉致され、理由もわからないまま15年間監禁された男が、首謀者への復讐を誓う映画。原作は日本漫画。まさに復讐映画としか言いようがなく、真綿で首を絞めるということわざを思い出さずにはいられない。エロもグロも暴力的で、終盤は頭を金づちで殴られるような衝撃に襲われる。
なかなかいい映画

◎あらすじ
ごく平凡な人生を送っていたオ・デス(チェ・ミンシク)はある日突然拉致され、気がつくと小さな監禁部屋にいた。
理由も分からぬまま15年監禁され続け、突如解放される。
復讐を誓うデスの元に現れた謎の男(ユ・ジテ)は、5日間で監禁の理由を解き明かせと命じるが……。
シネマトゥデイより


監督はパク・チャヌク氏、主演はチェ・ミンシクさん。
韓流というものに物凄く疎いので、基本的に俳優さんはわからないのですが、とても素晴らしい演技をしてらっしゃいました。

↓予告。トランクから主人公が出てくるのイカしてる。


この映画の原作が日本の漫画だということが一番驚きでした。

>【中古】 オールドボーイ ルーズ戦記(文庫版)(1) 双葉文庫名作シリーズ/嶺岸信明(著者) 【中古】afb

価格:128円
(2017/2/10 22:12時点)
感想(0件)




読んだことは無いのですが、この原作では監禁期間は15年ではなく10年のようです。
あと結構ストーリーも違うようなのでネタバレ読んだのですが(クズ)、首謀者が執念深いことは同じでも動機は全然違いましたし、原作の方がマイルドな仕上がりでした。

映画は割と過激なので、グロい・エロい・エグいのが苦手な方はお気を付けください。

◎ネタバレしない程度に
もうね、なんか途中まではちょっとコメディっぽさもあるしね、気を抜いてたんですけどね。

なんで監禁されたのかという謎が解けてくるともうね。

ちょっとほんと勘弁してよ〜!!ってなりますね。

この映画、なかなかいい映画という評価をさせていただいたのですが、個人的にはかなり好きです。
しかし、人に勧めにくい!
久しぶりにこんなにオススメできない良い映画に出会いました。

グロさとエロさはまぁR15だし…といった感じなのですが、いやそんなことよりもエグい!
物語終盤のエグさと言ったら!もう!

「ああ〜〜!非情!無情!んぁぁ〜〜!!」

ってなもんです。
こんな復讐思いつく発想力が恐ろしい。

エロ描写はがっつりだな…と思いましたが、最終的にその必要性を感じられるのでgood.
グロ描写は歯を抜くシーンが最も痛いですが、それがクリアできれば大丈夫。

まぁでもね、これ苦手な人はホントに無理な映画だし、サイコパス友人・マツダさんにしか勧められねぇなって思いながらエンドロール見つめてました。

観終わったらタバコ吹かしたくなる映画です。

ふぅ〜…(休憩)


主人公が良い感じに小汚くて、演技が素敵でした。
追いつめる演技も追いつめられる演技も寿命削ってそうな迫力です。

ストーリー展開は一見、15年間監禁されたっていうのが出落ちに見えますが、話が進めば進むほどしっかりとした構成が見えてきます。
最初は(ちょっとご都合やん?)と思うシーンもありますが、最後まで観れば(せやな…うん…)ってなります。


作中、最も好きなキャラは下画像のユ・ジテさん演じる謎の男です。

オールド・ボーイ.jpg

ちょいちょい、千原ジュニアさんに見えるのが親しみやすかった。
キャラクターは親しみやすさとは正反対ですが。

終始謎めいていて、頭オカシイ紳士です。
本当に余裕があってカッコよくて気持ち悪い奴です。終始カッコ悪くはならないのがまたムカつく良いポイントでした。
とても良いキ〇ガイサイコ野郎で素敵でしたよ。

オールド・ボーイはハリウッドリメイク版もあるんですよね。
今度はそっちを借りて観ようと思います。

原作だと10年監禁、韓国版では15年監禁、ハリウッド版では20年監禁なので、もし日本でも映像化するなら25年監禁にするのかなと思いましたが、伸ばせばいいってもんではありませんし、誰か原作通りに作ってくれよと思います。

◎総評
復讐の参考になるなぁ(ならない)。

>【中古】DVD▼オールド・ボーイ▽レンタル落ち【韓国ドラマ】

価格:599円
(2017/2/15 22:25時点)
感想(0件)




オールド・ボーイ(2013年版)観ました。

生きる権利が欲しい目次


映画評論・レビュー ブログランキングへ



2017年02月04日

インセプション感想 構成が凄い

発想力と創造力の映画

題名:インセプション(原題:INCEPTION)
公開年:2010年
上映時間:148分


714NPlqQQRL._SL1500_.jpg

夢の中に侵入し、相手の情報を盗む仕事をしている主人公が、家族と会うことと引き換えに難解な仕事を受ける映画。映像がとても綺麗で、それだけでも見応えは十分。物語の構成はさらに見応えがある。レオ様とナベケンが目立つが、他の登場人物も皆しっかり活躍するので役割配分も良い。
とてもいい映画

◎あらすじ
コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。
彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。
そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。
シネマトゥデイより


監督は『メメント』や『インターステラー』でお馴染み、クリストファー・ノーラン氏です。
主演はみんな大好きレオナルド・ディカプリオさんです。

↓予告。


インセプションは劇場公開していた当時、恋人と一緒に観に行ってその後別れ話をされた思い出深い映画です。
あーこれ夢か、そうかそうか、と現実逃避したんですけど、現実だから現実逃避するんですよね。

面白かった記憶はあったんですが、別れ話の衝撃で内容はよく覚えていなかったのでDVDレンタルしました。

やっぱりノーラン監督はスゲぇや!!

って感じで面白かったです。

◎ネタバレしない程度に
この映画は観始めたら、一気に観ていただきたい作品です。
途中で気を抜いてしまったり、何かしなければならないことを思い出して映画を中断するのは勿体無い映画です。

最初からクライマックスで、最後までクライマックスなんですよ(語彙力)。

この映画のテーマは夢、なのですが、よくある夢をいいように利用したなんでもあり展開ではないところを評価すべきなんですね!
緻密に練られた脚本が、設定が、素晴らしいんですね!

ノーラン監督頭良すぎ〜発想を現実のものにする能力が高すぎ〜!

第一階層、第二階層、第三階層の夢でそれぞれ体感時間が違うという設定や、上の階層の状況が下の階層の夢に影響を与える設定はホント物語を面白くしています。

レオ様とナベケンの存在感がやはりすごいのですが、他のキャストの皆さんもみんな活躍するので観ていて楽しいです。
個人的にはレオ様の妻役、マリオン・コティヤールさんと、レオ様の相棒役、ジョセフ・ゴードン=レヴィットさんが好きでした。
ジョセフさんに至ってはディーン・フジオカかと思ってました。
顔がアジアっぽいだけでした。申し訳ない。

↓ジョセフさん
ジョセフ・ゴードン=レヴィット.jpg
↓ディーン・フジオカさん
ディーンフジオカ.jpg

似てそうな画像探してこれなので、あんまり似てませんね。

このジョセフさんが、重力がごろごろ変わる(?)ホテルで行うアクションがとっても金がかかっていてカッコいい見所です!
ホテルの廊下を巨大な筒状装置の中に作って、その筒を回しながら撮影したという。
CGを極力使わないノーラン監督のこだわりが見えますが、俳優さんたちは絶対酔って気持ち悪くなっただろうなって思います。

さすが1億6000万ドルかけた映画ですよ…。

日本円なら160億円ですよ…。
ハリウッド作品はかける金が桁違いですね。

ナベケンにアイデアの植え付けをしてほしいという無理難題を依頼されたレオ様が、家族の元に帰ることと引き換えに最後の仕事として挑む話ですが、観終わるとレオ様がトラウマを克服していく映画なんだなと思えます。

過去に囚われていた主人公が、過去と決別して今を、現実を生きていく映画です。

◎総評
終わり方も想像力をかきたててくる含みがあって、素敵です。

夢の中の目次


映画評論・レビュー ブログランキングへ

>インセプション [ レオナルド・ディカプリオ ]

価格:1,000円
(2017/2/9 00:24時点)
感想(1件)






posted by カモシカ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画SF
ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
舞台 艶漢 by ウブロスーパーコピー (06/24)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by ロレックスコピー (04/14)
黄金のアデーレ感想 by ロレックス偽物 (04/02)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by UGG靴 韓国スーパーコピー (04/01)
デビルマン感想 by 偽物時計 (02/03)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
カモシカさんの画像
カモシカ
鑑賞した映画について個人的な感想を書いています。 素人の個人的な感想ですので、生暖かい目で見ていただけると嬉しいです。 ネタバレは極力しない方針です。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。