広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年04月22日

モアナと伝説の海 バカンスしたくなる

南国南国〜♪

題名:モアナと伝説の海(原題:MOANA)
公開年:2016年(日本では2017年)
上映時間:107分


320 (1).jpg

島に住んでるのに海に出ることを禁じられている民族が、海の呪いを解こうとする映画。登場人物が少ないので物語全体の動きは少ないが、コメディ要素と感動要素がアナ雪より強め。夏を好きになりそう。
なかなかいい映画

◎あらすじ
誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。
モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻そうとする。
未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。

シネマトゥデイ


みんな大好きディズニーアニメの最新作です。
元の字幕版も吹き替え版も、主人公モアナ役の人は無名の新人のようですね。ディズニードリームってやつでしょうか。
私は吹き替え版で観ましたが、歌声も違和感なく受け入れられました。

↓予告。でもSINGの方が歌上手かった。


◎ネタバレしない程度に

色が黒い系のヒロインか〜なるほど。南国推しだし、アナ雪と対比なのかな〜とか適当なこと考えながら観に行きました。
色が黒いのは日焼けっぽいけど、ここまで筋肉がありそうなヒロインはディズニー初なのでは。
YES骨太!って感じです。

ストーリーは、南国島国なのに海に入るなという掟がある民族の長の娘が、海の呪いを解くために海に出ていくといもの。
途中でゴリラみたいな英雄マウイを仲間にしつつ、呪いの根源へ迫ります。

さすがディズニー、海のCGがとても綺麗で見入ります。
映像面は全く文句なしです。

モアナとマウイは海を渡りながら何回か敵とバトルするのですが、最初に襲ってくる敵が完全にMADMAXで草生えます。
太鼓叩く部隊がいるのはズルいです、笑います。パクリじゃないならオマージュとしか言えないです。
一番盛り上がるのが序盤の敵っていうのは問題点だと思いますが、普通にMADMAXシーンは面白いです。

ヒロインは海に選ばれた者なので、何かと海が手助けしてくれます。
精度の低いNARUTOの我愛羅の砂みたいな。
疑問に感じたのはこの海です。
そう、精度が低いと書きましたが、この海が手助けするポイントがよくわからないんですよね。

え、さっきおんなじような場面で助けてくれたやん!?

とか

えっ、ここ助けてくれるなら他も助けてくれよ!!

とか

お前呪い解きたいならもっと積極的にアシストしろやコラ、なめてんのか。

と、感じる場面があったんですよね。
まぁ観てる間はそこまで気にならないかもしれないんですが、後々思い出すと疑問。

あと、マウイはゴリラみたいなマッチョでキャラクターとしては良いんですが、登場人物が圧倒的に少ないので、メイン男キャラをゴリラにしたのは商業的にどうなんだろうとは思いました。
グッズの売り上げとか伸びなそう。

色々文句みたいになってしまいましたが、個人的にはアナ雪より感動しました。
アナ雪のときは泣ける感動場面というのが特になかったのに対し、モアナはわりと感動しました。
ほとんど海の上にいるので、構図に飽きちゃうかもしれませんが。

◎総評
ディズニーアニメとしてちょっと新しい一歩を踏み出した(?)キャラデザ。

海に選ばれた目次


映画レビューランキング


2017年04月21日

sing 家族と安心して観られる映画

歌が上手いなぁ

題名:SING
公開年:2016年(日本では2017年)
上映時間:108分


320.jpg

経営ガタガタの劇場を復興させようと、コアラの支配人が歌のコンテスト開く映画。結構無能が集まっているので、イライラするシーンもあるが、歌は上手いし最終的に感動する。
なかなかいい映画

◎あらすじ
劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。
感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。

シネマトゥデイ


監督はガース・ジェニングス氏、『ペット』や『怪盗グルー』で有名なイルミネーション・エンターテインメント制作です。
ペットも怪盗グルーも観たことない情弱ですが、SINGはなんか歌聴きたくて観に行きました。

↓予告。みんな歌上手い。



◎ネタバレしない程度に

話題の曲が多くて気になってはいましたが、観に行くかは微妙だったSING。
そんな私の前に映画割引券が現れたため、観に行きました。

吹き替え版の歌声が気になったので吹き替え版を観ました。
特に歌の上手さは気にしてなかったのですが、しっかり皆さん上手くて感動しました!

長澤まさみさん歌うまいっすね、感動です。

歌うキャラにあてがわれてる人たちはみんなお上手です。
声優本業の方々も、歌が上手いとされてる人たちがキャスティングされていました。

ということで、歌唱力に対しては何も不満はありませんでした。
しかし、ストーリー展開は若干イラつく場面もあります。
後半はすごく爽快で感動場面もあり好きなのですが、前半は無能が多いのでイラつきが少しあります。

主人公のコアラが根拠のない自信を持っている無能キャラなので、それが気になるとイラつきます。
傲慢なネズミが案外痛い目見なかったり、そういうのも少しイラつく。
全体を通して考えればいい映画だと思います。

一見、可愛くないディズニーのズートピアみたいなのかなと思いますが、人種差別を問題提起する深さがあるわけではなく、単純に人間の代わりに動物が出てくるヒューマンストーリーです。

◎総評
キャラはそんな可愛くない。

感動する目次


映画レビューランキング



2016年12月24日

ベイマックス感想

ベイマックスに騙された

題名:ベイマックス(原題:BIG HERO 6)
公開年:2014年
上映時間:102分


1412131164_1.jpg

日本とアメリカが合体したような近未来の仮想都市で、主人公の少年が白いロボットと絆を深めつつ兄殺しの犯人を突き止めようとする映画。途中でいきなりヒーロー戦隊みたいになる。宣伝ではやたらと「優しさ」を推してくるが、結果犯人とその関係者を生き地獄に陥れている気がする。
まぁまぁな映画

◎あらすじ
西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。
そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。
深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。
苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。
シネマトゥデイより


言わずと知れたディズニー映画です。
主人公が日本人で舞台が日本風なので話題になりましたね。
原作はマーベルコミックスの「BIG HERO 6」です。映画の原題もこれですね。

日本は愛らしいキャラクター「ベイマックス」を全面に出して宣伝を行い、ポスターも予告も人間とロボットの絆を描く感動作品感がビシビシです。

↓予告。ベイマックス可愛いですね。


で、この予告観ると全然ヒーロー感もヒーローの仲間が出来る感じもないじゃないですか。
で、感動作品なんだなという気持ちで観に行くじゃないですか。
そうすると、途中からなんだかよくわからない謎の高度な技術で空飛んだり地面凍らせたり火を噴いたりする仲間が出来て、戦い出すんですよ。

!!!??!

劇場では頭が混乱しましたね。
予告の予習は忘れないぜ!って予告見まくるタイプだったので混乱が凄かったですね。
公式サイトを見ずに予告だけ観るからいけなかったんでしょうね。

↓アメリカ版のポスター
_20161224_124536.JPG

おい!アメリカと日本の宣伝全然違うじゃん!!内容に則した宣伝しろよ!!!
一人じゃぁなぁいぃからぁ〜♪(二人の物語だとは言っていない)


◎ネタバレしない程度に
まぁヒーローものなのかよっていう騙され感はありましたが、それは日本の宣伝のせいですし、全体的には面白い映画でした。
なんにせよ、ベイマックスがひたすら可愛い。
ロボットなので絶妙に人間の感情がわからないのも天然ボケで可愛いし、ひたすら優しいし、四次元ポケットと自我を失くしたドラえもんみたいでした。表現力が乏しい例えですみません。

_20161224_124334.JPG

我が家にも欲しいベイマックス。

まだ、ケアロボットとして亡き兄が作ったベイマックスを天才の弟が戦えるロボットに強化するという程度のストーリーなら良かったんです。
途中から兄の同期学生たちがヒーローの仲間になるのが、やっぱり何とも…。

技術力がありすぎない?

たかが学生がこんな高等技術を持っているのに、路面電車走ってんのかよ。
政府が黙ってないだろ、こいつらほぼ兵器やんけ。
とか、なんだか気になってしまって。

あと、主人公が作り出した自分の意思通りに動く小さい機械(マイクロボット)を強奪した犯人と対抗するなら、勉強ばかりしてそうな秀才大学生たちをヒーローに仕立て上げるより、その機械をまた沢山作って操った方が強いのではないのかとずっと考えてしまいました。
それだとキャラの見せ場がないから仕方ないんですけどね。

日本版宣伝は優しさ推しですが、主人公が犯人に優しかったかというと別に優しくもない。
ディズニーは基本敵に優しいので、他のディズニー作品と比べて別段優しいわけでもない。
放火、過失致死、窃盗、殺人未遂、建造物破壊などなど犯しまくった犯人の罪は重く、死刑があれば死刑、なければ死ぬまでムショ入りですからね。
生還した娘も目を覚ましたら親父が重犯罪者ですからね。ずっと寝かしといてくれよって感じですよね。

ヒロ<兄は死んだ。でも僕は優しいから、お前には社会的制裁で我慢してやるよ。

ってことなんですかね。
優しいっていうより、被害者感情の折り合いのつけ方がしっかりしてる現実主義者のようですね。

◎総評
なんだかんだ泣いた。

ベイマックス MovieNEX [ マーヤ・ルドルフ ]

価格:3,326円
(2016/12/29 14:43時点)
感想(438件)




現実的な目次


映画評論・レビューランキングへ


ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
舞台 艶漢 by ウブロスーパーコピー (06/24)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by ロレックスコピー (04/14)
黄金のアデーレ感想 by ロレックス偽物 (04/02)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by UGG靴 韓国スーパーコピー (04/01)
デビルマン感想 by 偽物時計 (02/03)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
カモシカさんの画像
カモシカ
鑑賞した映画について個人的な感想を書いています。 素人の個人的な感想ですので、生暖かい目で見ていただけると嬉しいです。 ネタバレは極力しない方針です。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。