広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年01月30日

シン・ゴジラ感想 脳汁ぶしゃぁぁあ!

とにかく面白い

題名:シン・ゴジラ
公開年:2016年
上映時間:120分


320.jpg

現代日本の東京に、突如として巨大不明生物・ゴジラが現れ、日本政府が対応に追われる映画。日本政府の描写がとてもリアルで会議シーンは長いが、テンポが速く全く飽きない。エヴァンゲリオンシリーズに代表される演出が多用され、庵野ワールドにアドレナリンが出まくる。
素晴らしい映画

◎あらすじ
東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。
首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。
その後、海上に巨大不明生物が出現。
さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。
政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。
シネマトゥデイより


監督はエヴァンゲリオンシリーズで有名な庵野秀明氏、主演は電気うなぎ犬のCMでお馴染み(?)長谷川博己さんです。
長谷川さんは電気うなぎ犬に「はせがわしゃん!」と呼ばれているか『地獄でなぜ悪い』でキ〇ガイなキャラやってるイメージしかなかったのですが、シン・ゴジラでは終始真面目な役人でした。

↓予告。んああ〜脳汁出る〜(^〜^)


いや、実際は予告観た段階では、

(ふーん。庵野さんなんだ。エヴァは好きだけどゴジラか〜)

って思っていました。
観に行く気無かったし、(不評で庵野さん叩かれんちゃう?可哀想だなぁ)とか思ってました。

杞憂でしたね、すみませんでした!!

◎ネタバレしない程度に
もうね、面白いんですよ!
あー面白い。
面白い(思考停止)。

劇場で三回観ました。
一回目は(わぁぁぁあ!あ〜!?あああああ!!)って思ってる間にエンドロールでした。
三回目でやっと心に余裕が出来て、(お、なるほど〜これは伏線か〜)とか考えられました。

関東に住んでないと身に染みないかもしれませんが、東京ユーザーは死ぬほど怖いと思います。
ゴジラは全くリアルじゃないのに、それ以外がリアルすぎてチビる。

政府の描写が素晴らしいんです。
素晴らしくちゃんと対応しきれない日本政府を描ききっているんです。

(あーこりゃ、こりゃダメだ。だ、ダメだ、日本アカーン!!)

という気持ちに襲われるし、その間にもゴジラが恐ろしくリアルに住宅街破壊してるし精神に来ますね…。

スゴイのは、(ダメだこりゃ…)という気持ちにはさせてくるのに、よくある『ダメダメな腐った政治家』や『高慢ちきなむかつく官僚』は一切出て来ないんですよ。
皆それなりにちゃんと仕事してるし、何やかんや日本のことをしっかり考えている人たちで物語が構成されているのに、対応が全く追いつかないんです。

怖いですね(白目)。

東日本大震災で対応がダメだった政府への皮肉がビッシビシに伝わってきます。

それから自衛隊の描写がむっちゃカッコいいんです!
こんなにカッコよく描けるのは庵野さんくらいしかいなのでは?と思うほど脳汁が出る。
ヘリの出動シーン最高かな?

左翼の方々が「武装賛美だ!右翼映画!」とかなんとか騒いでいましたが、そういう問題ではないというか。
左翼の人は「日本は平和主義だから武器が一個もないよ〜涙」つって、ゴジラに東京滅亡させられる映画を観たいってことなんでしょうか。

それじゃ映画として面白くないじゃないですか!
そっちのほうがよっぽど悲劇的な内容じゃないですか!
日本政府と自衛隊があってこそのシン・ゴジラですよ!

このシン・ゴジラの何が凄いって情の描写を切ったところです。
恋愛描写や家族描写、ゴジラによって酷い目に遭った人々など、お涙ちょうだい展開はいくらでも出来るのにしなかったところが素晴らしかった。
東宝に「主人公とアメリカ政治家は恋人関係にしましょう」とか言われたけど、その意見を蹴った庵野さんが凄い。

普通、金出してくれる人の意見に従いがちじゃないですか。
金出すスポンサーがあーだこーだ言ってきて、それに従わないといけない空気があるから日本映画がダメになってるのかなぁと思わずにはいられないです。

そういえば、公開された当初、石原さとみさん演じる日系アメリカ政治家に批判がいきがちでした。
英語下手くそ!とか世界観を壊してる!とか。
確かに、初めて観たときは(エヴァのアスカみたいなキャラ出てきた…庵野さんのタイプなんだな…)と若干その必要性が疑問でしたが、ウジウジしないいいスパイスにはなっています。
英語は下手というか、訛りが凄い早口っていうくらいで、海外作品に出てくる日本人役の日本語よりはよっぽどマシです。
政府のエリートが訛ってるのは疑問ですけど(笑)。

CGも日本映画にしてはしっかりと作り込まれていますし、過去のゴジラ映画へのリスペクトもちりばめられていますし、見応えたっぷり、いや見応えしかないような映画です。

シン・ゴジラ2作れってめっちゃ言われてると思うけど、作らないでほしいですね…。
2を作って1を超えるほど面白かった映画なんてほんとに数少ないと思いますし、これだけ評価されたのに2のせいで叩かれたら庵野さんが可哀想と言いますか…。
もちろん観てみたい気持ちもありますが、次は建物破壊描写と3分間の制限がリアルなウルトラマンの実写映画とか撮ってほしいですね(我儘)。

◎総評
観るとまた観たくなる中毒映画。

最後までこの国を見捨てない目次


映画評論・レビュー ブログランキングへ

【先着特典】シン・ゴジラ DVD2枚組(ペアチケットホルダー付き) [ 長谷川博己 ]

価格:3,160円
(2017/1/30 21:51時点)
感想(1件)






posted by カモシカ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画SF

2015年11月25日

デビルマン感想

伝説のクソ映画


題名:デビルマン
公開年:2004年
上映時間:116分


※今回はネタバレ祭りです!!!

_20161103_181723.JPG

実写史上最も有名なクソ映画界のレジェンド。デビルマンさえ観てしまえば、他の実写版など赤子のように感じる。デビルマンのファンではないので笑いながら鑑賞したが、ファンならブチ切れながら暴れ回っていいレベルの出来である。脚本がここまで意味の分からない映画は初めて観た。
クソ映画

◎あらすじ
両親を事故で失った不動明(伊崎央登)は美紀(酒井彩名)の両親の好意により、牧村家に引き取られ幸せに暮らしていた。
一方、幼なじみの了(伊崎右典)は勉強もスポーツも万能で、明にとってあこがれの存在だった。
シネマトゥデイより


そこはかとなく、あらすじからもヤバさが滲み出ていますね。
あらすじが粗すぎませんか。
これはクソ映画だと刷り込まれたことによるプラシーボ効果でしょうか。

邦画史上最も有名なクソ映画と言っても過言ではない本作。
実は観たことなかったんですが、友人のヨシノさん(偽名)が、

「クソ映画鑑賞会しよう」

と、聞くからにヤバそうな遊びを提案してきたので、全力で乗っかりました。
DVDレンタル権は私に委ねられたので、デビルマンは確定で借り、もう一つ『クソ映画』で検索して出てきた『恋空』を借りました。(恋空への熱い風評被害)

恋空のレビューは次でしたいと思います。


主演は伊崎央登さん。
双子である伊崎右典さんとダブル主演のような感じです。
監督は『ビーバップ・ハイスクール』の那須博之氏。
ビーバップ・ハイスクールの映画版て結構良かったような…。


とりあえず、世間的にどのような評価を受けているのか見てみたいと思います。

・映画評論家の前田有一は、本作を「ポスターだけはいい映画」として100点満点中2点と評した。
・作家の山本弘は「娯楽映画を作る際に何をしたらいけないかがよく分かるから、これから映画を作ろうという人間に(反面教師の意味で)映画デビルマンを観せるべき」・「もっと声をあげて(このような映画を作る)日本映画界に反省をうながすべき」と述べている。
・唐沢俊一はこの作品を「事故」にたとえ、野次馬気分で見に行く映画であると指摘した。
・Yahoo映画レビューでは☆1.4

【中古】DVD▼デビルマン▽レンタル落ち【東映】【ポイント10倍】

価格:598円
(2015/11/28 00:31時点)
感想(0件)



↑パッケージだけなら良さそうに見える。

どのサイト見ても褒めてるとこはなかったですね。
私は鑑賞前に各サイトを巡り、免疫をつけてから本番に臨みました。
原作はむかーしに少し読んだ程度で、面白かった記憶はありますが、全くガチ勢ではありません。

◎ネタバレ!

今回はネタバレしていくスタイルです。
ネタバレしようがしまいがそんなこと関係ねぇ位すごい作品ですが、ネタバレ嫌悪の方はお読みにならないほうがよろしいと思います。

まず、言いたいことは、
最初から最後まで笑いの絶えない映画だとは思ってもみませんでした。

原作は重く深いテーマを扱ったもので、コアなファンが多い作品です。
笑いどころというのは無いはずなのですが、実写版は本当に笑えます。

というか、笑わないと見てられないです。
もし冒頭5分を鑑賞して、笑えなかったらその後は拷問のような鑑賞時間になると思います。

ネタの通じる仲の良い友人と酒を飲みながら見るなら、これはかなり優秀な作品なのではないでしょうか。
私はヨシノさんの家で果実酒片手に見ましたが、面白すぎて目から涙が零れ落ちました。
(どう考えても笑いの9割近くが友人と酒の力)

素面で一人で見たら、終始真顔だと思います。
ましてや原作ファンなら怒りで叫ぶか、虚無状態になるであろう出来の映画でした。

漫画原作の実写版は大抵叩かれますし、かなり良い出来の映画を撮っても、原作の熱狂的ファンからは褒められないことも多いです。
でも、デビルマンはほんとに叩かれるに相応しい実写映画でした。
デビルマンを観た後なら、どんな実写版も

「でも、デビルマンよりは…」

と、心が広くなりますね。
(最近では進撃の巨人の実写版が肩を並べる勢いで酷評されました。でも、デビルマンよりは…)


内容に触れていきます。
一番気に障ったのは、主演二人を筆頭に演技力の無い役者のオンパレードであること。

演技力って大事だなぁ…!!と痛感しました。
近頃「この人演技力ないな」と思っていた俳優、アイドル達の演技力を再評価したくなるくらい主演の演技力が無いです。
その他のキャストも演技経験が無い人が多かったらしいので、それなら仕方ないな、とでも言うと思ったか?

高校の学芸会かな?というレベルの演技を披露する脇役と、中学生の学芸会だな、というレベルの演技で主演を飾る双子。

脇役キャストは演技下手と評されるイケメン俳優やアイドルと同等程度ですが、主演双子は本当にすごい!!

どうやったらそんなに棒読みで台詞を読めるのか教えていただきたいほどすごい。

〜心に残ったデビルマン名言集〜

「オレ、デーモンにナッチャッタよぉ」
「あぁあ!アアぁああ!!ああアアあああぁぁあー!!!」
「お前がサタンだったんダナ。オレをダマしてイタンダナ!」

この三つは棒読みが極まっていますので、是非一度聞いていただきたい台詞です。


子役時代の染谷将太さんが良い演技をしていて、やっぱり演技派俳優さんは小さい頃からすごいと感動できるのがこの映画の見所ですね。





あと、脚本と演出が酷いですね。

了が「サタンだからなぁ」

と話半ばで明(デビルマン)に言うのに、物語終盤で

「お前がサタンだったんだな!」

とサタンこと了にキレる明ことデビルマン。

原作では長く葛藤が描かれる敵でもワンパンで倒すデビルマン。

ケータイに録音しながら喋るシーンで(このシーン自体無駄シーン)ケータイを向けられているのに無言で頷くデビルマン。

ヒロインが振り向き様にいきなりキスする意味のわからないシーンで、塗り壁のように棒立ちでキスされるデビルマン。

同じシーンで雨が降ったり止んだりするデビルマン。

デビルマン…。


駄目出し山手線ゲームをしたら永遠に終わらないくらい言い出すとキリが無いですね!


褒めるとすると、評論家の方々も言っているように、ポスターでしょうか。
カッコいいです。
ポスターだけなら面白そうです。
あとCGの戦闘シーンも、なんなら全部CGで作って声優さんに声を当ててもらえばいいのに、というくらいには良かったです。

うん…あとは…うん。

デビルマン(1)新装版 [ 永井豪 ]

価格:842円
(2015/11/28 01:54時点)
感想(3件)




普通に原作読んだらいいですね。

クソ映画を観たいのなら、おススメしたい映画でした。

◎総評
十億円使ってこれが生まれるという神秘。


映画評論・レビューランキングへ





posted by カモシカ at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 邦画SF
ファン
検索
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
舞台 艶漢 by ウブロスーパーコピー (06/24)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by ロレックスコピー (04/14)
黄金のアデーレ感想 by ロレックス偽物 (04/02)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by UGG靴 韓国スーパーコピー (04/01)
デビルマン感想 by 偽物時計 (02/03)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
カモシカさんの画像
カモシカ
鑑賞した映画について個人的な感想を書いています。 素人の個人的な感想ですので、生暖かい目で見ていただけると嬉しいです。 ネタバレは極力しない方針です。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。