広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月29日

イントゥ・ザ・ウッズ感想 ミュージカルとして舞台なら

ディズニーにしては人が死ぬ映画

題名:イントゥ・ザ・ウッズ(原題:INTO THE WOODS)
公開年:2014年
上映時間:125分


poster2.jpg

ハッピーエンドでお馴染みのおとぎ話のその後をブラックに描いたミュージカルの映画版。その後とは言いつつも途中まではガッツリおとぎ話の踏襲。歌は上手いし映像も綺麗だが、ちょっと多めに登場人物を死なせてみた程度の暗さでストーリー展開はディズニーらしいご都合展開。
まぁまぁな映画

◎あらすじ
魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔女に命令される。
夫婦は赤いずきん、黄色い髪、白い牛、黄金の靴を手に入れるべく森へと出発する。
一方赤ずきん、ラプンツェル、ジャック、シンデレラ、魔女、オオカミ、2人の王子も森に足を踏み入れており……。

シネマトゥデイ


監督はロブ・マーシャル氏、主演はオスカー常連のメリル・ストリープさんです。
元ネタはスティーブン・ソンドハイム氏の同名ブロードウェイ・ミュージカルです。

ブロードウェイ・ミュージカルの方は有名な人気作品の模様。
確かに一つの舞台で展開されていたほうが面白さがある作品かもしれません。

↓予告。


◎ネタバレしない程度に
ミュージカル映画っていうと急に歌うディズニーアニメ映画くらいしか観たことがなく、そもそも歌うアニメ映画はミュージカル映画なのか疑問ですが、とにかく大して耐性がありませんでした。

物語しょっぱなから歌いまくっている映画ですが、特に嫌な気持ちにはならず、

(ふえ〜歌上手いな〜)

としか思っていませんでした。

みなさん歌が上手いです。
日本でやったらこうはならないだろうなという役者たちの歌の上手さです。
赤ずきんとジャック役の子役たちもお上手でした。

途中までは楽しんで観ていたのですが、森の中の描写が圧倒的に多いので少し飽きます。
ミュージカルとして一つの舞台で演じられているなら気にならない部分も、映画になるとやはり気になってきますね。
登場人物たちがすぐに集合するのも、舞台なら展開のテンポを保つために必要な要素だと思っても、映画だとご都合のように感じてしまいました。

ジョニーデップのオオカミ男は怪しい色気があって好きです。
でも、大して出て来ないので残念。
日本の宣伝ではジョニデで客を釣ろうとしてましたが、多少詐欺。

物語終盤のクライマックスも後味悪いと思って観ていると物足りないですね。
結局希望はあるエンドに感じました。

ディズニーにしては人が死ぬのでディズニー好きな人はショックが大きいかも知れませんが、バッドエンド耐性がある人にとってはぬるぬるのヌルイ映画だと思います。
人死ぬって言ってもなんか(え?死んだ?)って感じの唐突さなので衝撃もありません。

歌を楽しもう〜♪という軽い気持ちで観れば楽しいかも?

◎総評
歌は上手い、話はまぁまぁ。

>【4/7 20時から4/11 10時まで★ポイント10倍★☆期間限定】イントゥ・ザ・ウッズ|中古DVD【中古】

価格:1,000円
(2017/4/9 19:56時点)
感想(0件)



人が死にやすい目次

映画レビューランキング


2015年12月02日

シンデレラ感想

王子になりたい


題名:シンデレラ
公開年:2015年
上映時間:105分


今回は実写版のネタバレは極力しないつもりですが、アニメ版のネタバレはあります。
※実写版のストーリーもほとんど同じですが…。

_20161103_181754.JPG

みんな知ってるディズニーシンデレラの実写版。ちょっとずつアニメと違う展開があるが、個人的にはアニメ通りで良かったのではと思った。女は顔と慎ましさ、男は金と権力、という昔ながらの構造を分かりやすく綺麗に教えてくれる。
まぁまぁな映画

◎あらすじ
貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ(リリー・ジェームズ)。
だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る。
勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきたエラだったが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまう。
森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キット(リチャード・マッデン)と出会い、心惹(ひ)かれるが……。
シネマトゥデイより


主演は『ダウントン・アビー』で注目されたリリー・ジェームズ。
監督は俳優業もこなす、ケネス・ブラナー。

義理の姉、ドリゼラ役のソフィー・マックシェラもダウントン・アビーでメイドのデイジーを演じています。
デイジー可愛くて好きなのですが、ドリゼラがデイジーだと気付いたのは観終わってからでした。
デイジーからドリゼラへの変貌ぶりが凄い…。




この作品は一応アニメ映画のシンデレラを原作に作られた映画らしいです。
アニメ版のシンデレラ、とても好きで小さい頃に何度も見ていました。

圧倒的作画…!!!

スカートの揺れ、走るシーン、ダンスシーンなど今見てもすごいです。
今のディズニーのアニメ映画のキャラデザより昔(CGじゃない時代)のキャラデザのほうが断然好きですね、個人的に。
今のはなんか目がデカすぎて…ようはリアル感がなくなったと言いますか。
いや、日本のアニメの9割は実際にいたらバケモンみたいなバランスのキャラクターなので文句は全く言えませんが。

とにかく、ディズニー映画ではシンデレラが一番好きです。

痛快の大逆転ストーリー!
童話のシンデレラは結構鬼畜描写ありますが、ナイスなディズニーフィルターでわかりやすく親しみやすい話に!

改変しすぎなところもあるディズニーですが、シンデレラの改変は素晴らしい。(個人的に)

一番好きなシーンは、

王子の結婚相手探し舞踏会に国中の女性がやってきて、王子の前に並んで一人づつ挨拶するのに、王子はその合間にあくびをかみ殺してるシーンですね。

これは圧倒的1位シーン。
私も出来ることなら王子になりたいと強く思わせる、大好きなシーンです。

もしご覧になったことが無いのなら、一度でいいのでそのシーンをお目通し…!!

【中古】 シンデレラ プラチナ・エディション /(ディズニー),シャルル・ペロー(原作),アイリーン・ウッズ(シンデレラ),ウォルト・ディズニー(製作総指揮) 【中古】afb

価格:2,280円
(2015/12/5 15:05時点)
感想(2件)




ドリゼラとアナスタシアも好き。

◎ネタバレしない程度に
Yahoo映画レビューでは☆4.1と高評価。

で、本編観に行きました。

映像綺麗だし、衣装もお金かかってるし、役者さんたちは美人だし、全体的に良かったと思います。
ドリゼラもアナスタシアも継母も全員美人なので、心が満たされる。
王子はあまり好きな顔ではなかった。(小声)

アニメ版シンデレラが原作だよと言われると少し微妙…。
いや、いまさらそのまんま実写やってもストーリーは誰もが知ってるしつまんないという観点からするとオリジナル要素を入れようと頑張った雰囲気はあります。

気になったのは王子の側近に黒人の方がいることですね。
人権に配慮したのはわかるんですが、明らかに時代設定からして黒人がいる文化ではないので、違和感が物凄い。
だって現実の話じゃないもん、と言われれば、そうですねと返すしかありませんが、違和感はスゴイ。


◎総評
良かったけどアニメ版は超えられないという映画。


映画評論・レビューランキングへ









2015年11月14日

PAN感想

とにかく映像美


題名:PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜
公開年:2015年
上映時間:112分


_20161103_181512.JPG

孤児の少年がピーターパンになるまでを描いた映画。映像はとても美しい。過激なシーンなどは無いので子供と観たり恋人と観たりするのに適していると思う。しかしフック船長になる青年とピーターパンになる少年が終始仲良しなので、ディズニー版の前日譚としては微妙。
なかなかいい映画

◎あらすじ
ロンドンの児童養護施設で生活している少年ピーター(リーヴァイ・ミラー)は、ある日生き別れた母(アマンダ・セイフライド)が残した手紙を見つける。
その後、冷酷な海賊・黒ひげ(ヒュー・ジャックマン)が立ちふさがる異世界ネバーランドにたどり着く。
そしてピーターは、若い頃のフック船長(ギャレット・ヘドランド)や女戦士タイガー・リリー(ルーニー・マーラ)と出会い…。
シネマトゥデイより


ピーターパンがピーターパンになるまでのお話。

主演はリーヴァイ・ミラー、彼はオーディション抜擢の新星のようです。
監督は『つぐない』で知られるジョー・ライト。

これ平日の夜に池袋の映画館で見たのですが、ガラガラなのにすぐ隣が学生カップルで
(受付のお姉さんからの嫌がらせかな?)
と思いながら、映画が始まるまでの長い宣伝を見ていました。

するとカップルのすぐ前の席に40代くらいの女性が一人で座り、三分もしないうちに

「静かにしてください!」

と、後ろのカップルに注意をかまし、確かにカップルは喋ってたけど、まだ宣伝の時間だしそんな怒らなくてもいいんじゃないかと、何せすぐ隣に座っているもんで私まで気まずい気持ちになり、本編前から気持ちの沈む出来事が続いたのですが、本編はそんな気持ちが晴れるくらいには面白かったです。

そもそも『ピーターパン』という作品の認識が
「あの、ディズニーの緑の服のやつ」
くらいにしかない情弱なので、細かい設定などはよくわかりませんが、映画としては簡潔に完結してるし良い作品だと思います。

で、見に行った後に『ピーターパン』についてウィキペディア先生に聞いてみたら
フック船長ってピーターパンに腕切り落とされてるんや…!
という衝撃の事実が発覚。
ピーターったら案外バイオレンスなんですね。
てっきりワニに喰いちぎられたんだと思ってました。

一番有名であるディズニー版ピーターパンの前日譚のような気持ちで見ると、本作は「え?」っとなるかもしれないです。

ピーター・パン&ピーター・パン2 2-Movie Collection【Blu-ray】 【Disneyzone】 [ ボビー・ドリスコル ]

価格:5,186円
(2015/11/14 18:04時点)
感想(3件)





◎ネタバレしない程度に
映像が美しいですね!
日本の映画ではありえない、綺麗で金のかかったCG祭りです。
私は2Dの字幕で見ましたが、3Dで見たくなりました。
個人的に人魚をもっと見たかった。

本作の敵はフック船長ではなくヒュー・ジャックマン演じる黒ひげです。
黒ひげの悪役感はとてもわかりやすく、ヒューの圧倒的存在感でドキドキしました。
最初から最後までぶれずに悪役なのは見ていて安心できます。

さて、後にフック船長となるフックさんは、ピーターの仲間ポジション。
この映画の後にピーターがフックの腕を切り落とすまで仲が険悪になるとは想像出来ないので、なんでフックがフック船長になるのかという部分をもう少し描いていただけると良かったのかなと思いました。

アクションシーンも多く、ハラハラする場面もありますが、流血はほとんどなく、エロいシーンもなく、悪い奴は一貫して悪い奴なので、お子さんとでも安心して楽しめる作品です。
もちろん大人も楽しめます!

レビューで「吹き替えがヒドイ」という意見が目立ちますので、大人が楽しむなら字幕がおススメです。

◎総評
ディズニー版のことは忘れて楽しもう。


映画評論・レビューランキングへ





ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
舞台 艶漢 by ウブロスーパーコピー (06/24)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by ロレックスコピー (04/14)
黄金のアデーレ感想 by ロレックス偽物 (04/02)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by UGG靴 韓国スーパーコピー (04/01)
デビルマン感想 by 偽物時計 (02/03)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
カモシカさんの画像
カモシカ
鑑賞した映画について個人的な感想を書いています。 素人の個人的な感想ですので、生暖かい目で見ていただけると嬉しいです。 ネタバレは極力しない方針です。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。