広告

posted by fanblog

2017年05月07日

複製された男

途中まではまぁ…。

題名:複製された男(原題:ENEMY)
公開年:2013年
上映時間:90分


poster2.jpg
自分と同じ顔をしている男を見つけてしまった大学教授が、その男を接触をはかろうとする映画。途中までテンポこそないが、謎は気になる展開。しかし、意味深なシーンが多いにも関わらず、伏線回収が甘くオチも納得できない。
微妙な映画

◎あらすじ
何も刺激のない日々に空虚なものを感じている、大学で歴史を教えているアダム・ベル(ジェイク・ギレンホール)。
ある日、何げなく映画のDVDを観ていた彼は、劇中に出てくる俳優が自分自身とうり二つであることに驚く。
彼がアンソニー・クレア(ジェイク・ギレンホール)という名だと知ったアダムは、さまざまな手を尽くして彼との面会を果たす。
顔の作りのみならず、ひげの生やし方や胸にある傷痕までもが同じであることに戦慄(せんりつ)する。
シネマトゥデイより


監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ氏、主演はジェイク・ギレンホールさんです。
原作はジョゼ・サラマーゴ氏の小説のようです。存じ上げずにすみません。
テーマはとても面白いなと思います。

↓予告。


◎ネタバレしない程度に
なんとなく面白そうだからという感覚だけで観た映画です。
結果としてそんなに面白くはありませんでした…。

たまたま観たDVDに自分とそっくりの男を見つけてしまい、気になりすぎて調べまくって男の家に電話までかけてしまう大学教授の話です。
普通にストーカーだし教授気持ち悪いなと思いましたが、そこには目をつむりましょう。
淡々としてる展開に慣れれば、途中まではなんだかよくわからない不気味さがある映画なので結構謎が気になります。

(うわ、このシーンめっちゃ意味深!どういうことなんだろう…)
(このシーン不気味!気になる〜)

とか、思いながら観てたんすよ。
で、最後まで観たんすよ。
そしたら

良くわからない!!
全然良くわからない!!!
あのシーンは何だったの!?

っていう気持ちで一杯になりました。
ほんまぶん投げエンドというか、謎の置き去りエンドというか…。
オシャレ映画なのかなぁ…。
なんか不気味さとオシャレさがある映画ではありますね…。

ネタバレになるので言えないですが…意味深なシーンは多くて気になるけど、
オチは既視感があるし…意味深なシーンは良くわからない…。

頭が文学的なら…わかるのかもしれない…。

◎総評
謎は気になる。

[DVD] 複製された男

価格:2,922円
(2017/7/1 23:37時点)
感想(0件)




複製された目次

映画レビューランキング


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6240884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
舞台 艶漢 by ウブロスーパーコピー (06/24)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by ロレックスコピー (04/14)
黄金のアデーレ感想 by ロレックス偽物 (04/02)
ソウ感想 面白いけど続編はいらなかったのでは by UGG靴 韓国スーパーコピー (04/01)
デビルマン感想 by 偽物時計 (02/03)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
カモシカさんの画像
カモシカ
鑑賞した映画について個人的な感想を書いています。 素人の個人的な感想ですので、生暖かい目で見ていただけると嬉しいです。 ネタバレは極力しない方針です。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。