森田(検索)健作して♬(笑)
最新記事
(07/25)梅雨明けはいつかなー…毎日天気図とにらめっこ(^。^)
(05/18)一週遅れの母の日のプレゼントプレゼント
(04/15)ぐでたまグルメ散歩に出てきた黄色い全身つなぎ(ニセタマさん)をきた女性は誰?
(03/16)隻狼の物語(あらすじとカギになるポイント)
(03/13)フロムソフトウェアの新ゲームの隻狼はダークソウルやデモンズソウルのようなアクションRPGではなく、アクションアドベンチャーゲームなのでご注意を!!
(03/13)アクションアドベンチャーゲーム 隻狼の続報です(ストーリー中心)
(01/28)ついにぐでたまがコミック化(マンガ化)!!
(01/25)ぐでたまアニメの声優さんについて
(12/29)いよいよサンリオ公式がぐでたまアニメ配信開始
(12/01)今週のぐでたま(11月19日~23日)アニメ
(11/30)ぐでたま(ゲームの日のお話)アニメ
(11/16)あさチャン放送1週間分のぐでたまアニメ
(11/09)今週のぐでたまアニメ
(11/06)今週(10月29〜11月2日)放送のぐでたまアニメ
(10/30)来年の3月22日発売のフロムの完全新作のタイトルは 「隻狼」という忍者アクションゲーム (ただしダークソウルのようなアクションRPGではありません。)
(10/22)今日のぐでたまアニメ10月18日放送
(10/21)今日のぐでたまアニメ10月17日放送
(10/12)今日のぐでたまアニメ10月8日放送
(10/03)最新ぐでたまアニメ5本立て その二
(10/02)今日のぐでたまアニメ 10月2日放送
大和撫子七変化


ぐでたまカロニさんの画像
ぐでたまカロニ
プロフィール


ヌードw写真ギャラリー
アーカイブって何だ!?


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年10月08日

北朝鮮のミサイルは怖くありませんよ^ ^不安な人たちへ(独裁者の心理と米の打算)


みなさんは北朝鮮のミサイルは怖いですか?

私は怖くありません!
私は小さい頃から戦艦とか戦闘機の事が好きでずっと興味を持って見てきました
あと、人間の心理とか考え方の分析とか想像とかが好きでいろいろ考えてきました

独裁者のこと

独裁者の事ですがどんな暮らしをしているかわかりますか?
広くて大きくて豪華な家に住み、美味しいものを食べ、きれいな女性に囲まれ、いい音楽を聴き、フカフカの広くて寝心地のいいベッドで眠り(女性の方は背が高くて足が長いイケメンに囲まれ…)
身の回りの世話やわがままも言いたい放題言っても全て周りの人が忠実に聞いてくれ、面倒を見てくれる
竜宮城に四六時中いるような夢のような生活をずっと毎日しているのです

そんな人が本当に核戦争を本気ですると思いますか?
あなたが独裁者なら、そんな夢のような豪華な生活を人生を捨てられますか?


もちろん、たかをくくったり、甘く見過ぎたりなめすぎたりしてはいけません!
あと、独裁者はプライドがものすごく高いと思うので、そこはとても考慮すべきかも。
ですがよほど追い詰められない限り、人間はこんな美味しい生活を捨てることはできないと思います
もし、一部のマスコミや政治家が言っていることが本当だろうか?と疑問に思ったときは
自分が独裁者(権力者)だったらどうだろうか…?
と考えてみてください^ ^
竜宮城みたいな生活をスッパリ諦められますか?



もう一つ知っておかなければならないのはアメリカも日本政府も
グル(仲間)の可能性が高いということです
ちょっと現実的に考えれば客観的に考えれば
軍事のことに知識がない人でもわかるかもです


わかりやすく言えば…
アメリカが北朝鮮に「今度は○月頃ミサイル発射してくれ!もう少し日本のマスコミや真面目な国民を怖がらせれば前から予定していた『迎撃ミサイル』を自衛隊に配備させることができそうだ!よろしく頼む」
みたいに考えてみてもいいと思います

さすがに大統領レベルの話ではないと思いますが


つまり、アメリカは日本に高価な「対弾道ミサイル迎撃ミサイル」を買わせることができるから。儲かるから
むしろ、北朝鮮のミサイル発射は好都合なのです

そのかわり、アメリカは北朝鮮に経済的な援助をするというカードを使って…


これでアメリカと北朝鮮はお互いに面目が保てます


北朝鮮が恐れていること

もう一つ、北朝鮮が最も恐れているのは
経済援助をしてもらえないことです
特に大国の援助を受けられないこと、無視されること、孤立することを恐れているのです
昔は同じ共産主義国の兄みたいな存在だった中国が資本主義化するにつれて
都合の悪い厄介者の北朝鮮は見放され相手にされなくなっているので
アメリカや日本に援助してもらいたいのです

アメリカや韓国が恐れるのはあんまり北朝鮮を追い詰めると
本気になってダメ元で自爆する覚悟で戦争(攻撃)をしてくるかもしれないということです

その時、一番怖いのはすぐ隣の韓国です
ハッキリ言ってすぐ近くに韓国があるのに最初に日本と戦争をすると思いますか?

もし、追い詰められて開き直って戦争をしようと思った時
まず近くの韓国を攻めようとするはずです
わざわざ遠く離れた日本を攻めようとすれば
そのすきにあっという間に北朝鮮(平壌)を占領されてしまいます
なので、そんなバカなことをするわけはありません


太平洋戦争後の日本

問題なのは日本です

これっぽっちも勝算のない「太平洋戦争」を始め
無条件降伏をしてからずっと、アメリカには頭が上がりません
政府には到底期待できないので国民が賢くなるしかないのですが…

国民が賢くなるには女性の方、特に主婦の方が色々なことに興味を持って
簡単にでいいので勉強してくれることがいちばんの近道です
昔から良妻賢母という言葉があるように子供を教育し影響を与えるのは
お母さんなのです

ちょっとでいいので感じてください

まずは政府やマスコミのいうことを鵜呑みにしないことです
真に受けないで一度本当かな??と疑いの目を持つことです
自分の親しい人たちに疑いの目を向けるのはできればしたくないですが
政府やマスコミにはいくら向けてもいいのです
表向きはああ言ってるけど本当は何が目的なんだろう?
お金儲けかな?

まわりの人と気軽にざっくばらんに話をするといいと思います
たまにでいいので

例えば「北朝鮮のミサイルを空中で撃ち落とす迎撃ミサイルって一台いくらすると思う?
しかも、命中率は全くと言ってほとんど期待できないみたいだよ!」って

そうは思いたくないかもですが残念ながら
政治はお金儲けが目的なのです


私は子供の頃から戦車とか戦闘機とか戦艦が好きだったので
たくさん本を読みました
あと、おじいちゃんやおばあちゃん
小学校の教頭先生とかも戦争の話をしてくれました

うちの母方の祖父は戦争に行って頭に機関銃の流れ弾が当たり
戦争の途中で日本に帰ってきました

私は「平和ボケ」という言葉があまり好きではありませんが
日本は治安がいいのでそういうことに興味を持つのは難しいかもしれませんが
国民が賢くないと第二次世界大戦の時
政府に「日本はアメリカに勝てる!!」というインチキに騙されてしまったように
その二の前になりはしないか、かなり心配です


気になるのはドイツも日本と同じように
「ナチスのヒトラー」に騙されましたが
戦争後、2度と同じ過ちをを繰り返さないように
徹底して義務教育などで教育されています

ですが日本は全く反省が生かされていません
私たちが子供の頃は実際に戦争を経験した人たちが生きていたので
話が聞けたので良かったのですが戦後時間が経つにつれて
弱くなってきているのではないかと非常に心配です

最後にミサイル発射の警報のことですがどう思いますか?
ものすごい気休めだと思います
たとえ本当に日本の国土のどこかに着弾したとして人工衛星と同じくらい
人に命中する確率は非常に低いです
それより、慌てて避難しようとして転んで骨折したり、交通事故にあったりしたら
元もこうもありません

私はかえって迷惑でした。私は福島なので昔の宮城県沖地震、東日本大地震を経験してるので
大きな揺れが来るブザーだと思ってしまうからです
音量とか調節できないのかなー

昔はあれだけ親子のように親しい関係だった中国と北朝鮮が今は遠い存在になってしまっているのが気になります
というか、北朝鮮と韓国に分かれてしまったのもみなソ連(ロシア)のせいです
今はめでたく一つの国になっている国もありますが
朝鮮だけでなく
ベトナム
ドイツ


特に北朝鮮は中国の影響もあってできた国だと思うのでいくらできの悪い子供でも
中国には最後まで面倒を目て欲しいと思います

もう少しで日本も朝鮮みたく『北日本』と『南日本』に分かれるところだった…

ところで、みなさんはもう少しでそうなる所だったの知ってますか?
もう少しで日本も「北日本」と「南日本」に分けられてしまう所だったんですよ

終戦の年=1945年の8月になってソ連が日本を占領しようと
北方領土(サハリン)に侵攻してきたんです
もう少しで北海道にも入ってきそうな勢いでした
言い訳にはなりませんがアメリカがなかなか日本が降伏しないので
ソ連(共産主義国)に日本を占領されるのを恐れて焦って原爆を落としたみたいです

もう一つ核戦争のことでおそらくみなさんな知らないと思うゾッとする出来事があったので教えておきます
私も知らなかったのですが今の北朝鮮とかよりはるかに核戦争が勃発するかもしれないという危機があったのです
それは「キューバ危機」という事件です
アメリカやソ連の潜水艦、空母(飛行機)、駆逐艦から命令があればいつでも核ミサイルを発射できる
準備がされていたのです!
しかも、その頃は核拡散防止条約とかが採用される前のことだったので
アメリカ、ソ連双方とも何千発・何万発という数の核兵器を所有していたのです
もちろん、ニュースになったのはかなり後になってからで
現在進行形で任務についていた人たちは固唾を飲んでいたでしょうね
アメリカとソ連だけでなく、一発の核ミサイルが発射されればお互い自動的に迎撃、反撃されるシステムになっていたみたいですから、映画に良くあるような地球滅亡の危機になっていたでしょうね

たぶん、今の若い方は知らないかもしれませんが、嫌な構図になっていたんですよ
もちろん、みな生きていたいし、自分が一番大切ですから
そう簡単に核ミサイルのボタンは押せないと思いますが
今回の記事はうちのおばさん=母(笑)
みたいに軍事の話とか核ミサイルの話とか知らない人のために安心して欲しくて書いてみました

普通の人間も自分のことが大切ですが金持ちはもっともっと自分のことがかわいいんですよ
だから、そのいう恵まれた身分の人たちは滅多なことで自分の命を脅かすようなことはしないんです
そう思いませんか??
もしあるとすれば、上にも書いたようによっぽどのことがない限り
よほど追い詰められない限り…

なので、大切なことは大丈夫と思ってもそうならないように国民がちゃんと見張っていることです

私はけっこうこの歌が好きなんですが人によってはウザいと思うかもしれません
一応紹介しておきます
有名?なので知ってるかもしれませんが。
https://youtu.be/VwRdhIth8s4
この歌の中にも「金持ち喧嘩せず!」ということわざが出てきます


Thank you for watching and reading ^ ^







もうそろそろクリスマスですね(^。^)
直接お礼を言うことは叶わないので…読んでくれてありがとうございます^ ^m(_ _)m ひどい両親に変な教育をされたせいで前向きだったのに明るい性格だったのに 超ネガティブに考えるようになってしまい、信じられないような不幸な人生を送ってしまいました。 しかも、2年とか3年とかではなく30年もです 悔しいのは私には全くと言っていいほど落ち度はなく 親に教えられたこと(価値観や考え方)を守っていたらどんどんダメな不幸な人生になっていきました(笑) 普通は親や先生の言うことを守れば幸せになれるはず!なんですが… あまりにも悔しかったからもう一度人生をやり直してみよう!と思い もう一回小学校に入学するつもりでしつけられた価値観や考え方などを 一からやり直してみました そしたら、どうなったと思いますか…? 自分の好きなこと、親に教えられたこととは逆のことを やっていたら、ドンドン明るく楽しく、自由になっていきました 同時に私は先生をしていたこともあって、あと、親のあまりに理不尽で非常識なしつけのことを研究していたら 親だけでなく担任のあるいは知っている先生たちもうちの親ほどでなくても ひどい、心ない先生がほとんどだったと言うことに気づきました 救いなのはほんの数人ですが「すばらしくてまともな先生」がいてくれたことです(^。^) 弟にも話を聞きましたがやはりほんのちょっとだけれどやはりすばらしい 先生(人間)がいたそうです 私の場合は卒業してすぐ小学校の先生をしたのですが(わずか数年で泣きながら退職の道を選びました) その学校に今でも尊敬できる目標にできる先生が何人も 四人ほどいたのが本当に救いでした でもやはりそれは本当に滅多にいない「特別天然記念物」と言うくらいまれで 滅多にお目にかかることはできません(笑) 逆に言えば現実はガッカリする先生に当たることがほとんどです だから、親や先生のことが嫌いだったりガッカリするようだったら しつけの仕方やその先生の考え方を疑っていいです テレビのコマーシャルや広告に書いてあること 芸能人や有名人の言っていることを鵜呑みにしないでください 「そうかな…」と思ったら必ずもう一度いろいろ確かめてみてください 友達と話したりお父さんやお母さんに話してみたり… 私のように両親ともにダメなら、近所のおばちゃんとかおじいちゃん、おばあちゃんでもいいです 担任でなくてもあなたが信頼できるような他のクラス、他の学年の先生でもいいです(^。^) ひとりで話しかけにくいなら友達と束になって話してみましょう 何か気づいたこと、お話ししたいことがあったら遠慮なくお気楽にコメントしてください でも批判とか文句とかでなく楽しくお話ししましょうね ヨロピクお願いします
カテゴリー別
ど・れ・に・し・よ・う・か・な?神様の言うとおり…♪↓
ぐでたま ぐでたま コラボCM ぐでたま コラボアニメ ぐでたま ツアー(DVD) ぐでたまに出てくる登場人物 ぐでたまの疑問・謎・不思議 ぐでたまクイズ ぐでたまゲーム ぐでたま動画の紹介 ぐでたま情報 ぐでたま画像展 もし今も恐竜が生きていたら ゆるキャラ アクションゲーム アニメ アレルギーがおこるしくみ アレルギーと寄生虫(バイ菌) オススメの本の紹介 キャンプ サンリオ ストレス病(心の病気) ストレッチのコツ ダークソウルの世界観(ストーリー) ツキノワグマ フロムソフトウェア フロムソフトウェアのゲーム フロムソフトウェアの新作ゲーム マッコウクジラvs.大王イカ ミサイル問題 三大ネットサイトの比較 乃木坂46 人前でも流れる涙の意味 人間関係 出会い系詐欺 北朝鮮 北朝鮮ミサイル 占い 大王イカ 子どもと信頼関係を築くコツ 子どもの幸せ 子どもをつい強く怒ってしまったら 川で溺れないために 恐竜のようで恐竜ではない生き物たち 恐竜の進化 恐竜人間 戻り流れ 新ゲームの考案 春のスギ花粉秋のブタクサの花粉 水(川)の危険 減感作療法(アレルギー免疫療法) 潔癖すぎな母の影響 独裁者 理解されにくい花粉症 翼竜 脳梗塞と体の柔らかさ 自分のこと 自律神経 花粉症は病院で治せる 野菜ジュースと血糖値 鉛筆でする占い 離岸流 首長竜 魚竜 鳥と恐竜の関係 黄砂とアトピー咳との関係 黄砂(2・5PM)とアレルギー(花粉症
気楽にお気軽にコメントを…
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。