広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

phoenix
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2011年08月20日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。11
第11話 最終話 あの夏に咲く花

花火の打ち上げ後も成仏しなかっためんま。

一体めんまの願いとはなにか?

それはじんたんの母親とめんまがした約束に
あった。

母親が病弱なためか、じんたんは人一倍なん
でも我慢する子だったようで、母親はそういう
じんたんを気にかけていたらしい。

見舞いに来ためんまに、じんたんを泣かして
欲しい、涙を流させて欲しいというお願いを
した。

めんまはその約束を真剣に受け取り色々
考えるが、うまくいかないうちに死んでしまった
ということだ。

う〜ん、結局なんだったのだろうね、このアニメ。

もう少し何かを、何でもいいから掘り下げて欲し
かったように思う。


2011年08月19日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。10
第10話 花火

花火の打ち上げを前に、前夜メンバーが集まり、
相変わらずゆきあつの案から、めんまの死直前
の再現を、なんてことをやろうとする。

その結果は明らかだった。じんたんはめんまが
好きだということが判明。

予定通りの進行ではありますね。

さて、打ち上げ日。

めんまの弟も参加。両親も密かに来るまでやって
きた様子。

そして打ち上がると、それを見て喜ぶめんま。
ということは成仏してないことになるのだが。


2011年08月18日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。9
第9話 みんなとめんま

めんまの存在をメンバー全員が認める。

そうすると、花火を打ち上げることが重要になって
くるが、反対していたのはめんまの母親だった。

めんまの父親に無理やり頼み込んだゆきあつの
効果もあってか、花火の製作が始まる。

そうしているあいだも、あなるのじんたんへの思い、
ゆきあつのめんまの思い、そしてそれを見守るかの
ような鶴子。

少ないメンバー内での恋の葛藤は珍しいことかも。

だけども、花火でめんまが成仏するという保証は
ないし、成仏すればいいのかって問題もありますね。



2011年08月17日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。8
第8話 I wonder

花火を禁止しためんまの父親。
そこで、父親のいないうちに、めんまの母親に
花火を許可してもらおうと、じんたんたちは一緒に
めんまに家に行く。

一見嬉しそうに接していためんまの母親だが、
突然切れだす。

めんまは死に、幼なじみのメンバーは大きく成長
しているのは、なぜ?

どうやら、母親は、じんたんたちを憎んで暮らして
いたらしい。

めんまには弟もいるのだが、弟はほったらかし。

母親というのは死んだ子どもが忘れられないの
でしょうか?

さて、こういうことがあって、じんたんたちの気持ち
は萎えてしまう。

だが、そうした折、めんまが再びゆきあつと鶴子
に電話をかける。もちとん、無言電話だが。



2011年08月16日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。7
第7話 ほんとのお願い

ふ〜む、めんまの日記を借りてきたじんたんたちは
それを読むが、そこに唯一めんまの願いらしきもの
を発見。

じんたんの母親へのなんとかを花火で届けようと
いうものだった。

そこで花火を打ち上げようとするが、高校生には
とても無理。花火職人に頼むことにする。

たった一発とはいえ、20万円もするらしく、じんたん
たちにそんな金はない。

だから、バイトをして稼ぐことにしたのだった。

なるほど、じんたんは徐々にだが、ひきこもりから
普通の生活に移行していくようだ。

ひょっとしたらそれがめんまの望みじゃないのか?

2011年08月15日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。6
第6話 わすれてわすれないで

まんめの家にじんたん、ぽっぽ、あなるの三人で
行ってみることになる。

行ったからといってどうなるわけでもないのだが。

ゆきあつとつるこは試験が近いためパス。
こちらも進展はなしか。

アニメとしてはもう半分ほど終わってはいるのだが、
めんまの幽霊が現れて、何かをお願いしていると
いう以外は何も起きてないな。

幼なじみの頃の力関係は完全に逆転したものの、
だからどうってこともない。

ゆきあつの考え方はどこか傲慢さが滲みでている。


2011年08月14日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。5
第5話 トンネル

トンネルというタイトルは恐らく、分からない状況
というのを表しているのでしょう。

ゆきあつの女装は終わったものの、といって状況
が改善したわけでもなく、つるこはそれに対して
もう手を打つ方法もない。

あなるはやはりふらふらと、不安定。

ぽっぽはどうすればいいかと考えてはいるが、
役に立ちそうにもない。

めんまを見ることができるじんたんは、めんまを
幻想と思っているからか、やはり解決策が見当た
らない。

先行き不透明。

ただ、じんたんがちょっと情けない。なにか対処の
方法がありそうなものだけどね。

2011年08月13日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。4
第4話 白の、リボンのワンピース

ぽっぽが見たというめんまは本物か?

メンバー全員が集まったものの、そこでゆきあつは
めんまが実はこういう集まりを望んでいないと言って
いるという。

ゆきあつも見たのかというと、どうもそんな風でも
なさそうで、恐らくは嘘だろうと分かる。

しかし、話がさらに進むと、めんまを忘れられないのは
ゆきあつだということが判明する。

ぽっぽが見ためんまというのも実はゆきあつが変装
したものだ。

少しばかり無理があるけどね。何しろ男が女装するに
は色々と面倒なことがあると思うのだが。
どこで女の服を入手したのでしょう?

そういうゆきあつの女々しさをつるこはお見通しだった
わけだ。

なかなか難しい女心だね。




2011年07月13日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。3
第3話 めんまを探そうの会

夏が終わり学校が始まったが、約束したものの
じんたんは学校をさぼってしまう。

とはいえ、ぽっぽの発案で夏の終わりにめんま
を探そうという企画に仲間たち全員が参加する。

それぞれの道を行っていたかに見えるメンバー
5人だが、やはりめんまのことが跡を引いている
のでしょうか?

それにぽっぽが見たのはめんまの大きくなった
姿かそれともみ間違いか。

また、ゆきあつが最後に言った言葉はどういう
意味なんだろうね。

めんまを見たのはじんたんだけではないって?

しかしまあ、じんたんの父親も偉いね〜。
登校拒否のじんたんに対して、じっと見守って
いるようですね。


2011年07月07日
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。2
第2話 ゆうしゃめんま

久しぶりにぽっぽと再会し、めんまのことを話すと、
なんと完全に信じてもらえる。

ありえないことに、ぽっぽは高校にはいかず、バイト
代をためては世界の行きたいところを巡っているら
しい。

それだけでもかなり普通ではないな。

そのぽっぽからめんまのお願いなるものを一つ提案
され、それを実行してみるじんたん。

ついでにあなるも巻き込み、これで昔の仲間3人が
ある程度元の状態に近づくきっかけとなった。

残るはゆきあつとつるこか。

ゆきあつはまだめんまに未練があるらしいが、
つるこはどうなのかな?

未だに本音は見せない。


>> 次へ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。