広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

phoenix
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2011年01月17日
東のエデン11
第11話 さらにつづく東

60発のミサイルを防ぐために滝沢がやったことは、
以前と似たことかな?

ニートを集めて、彼らにネットに書きこませる。
そこからミサイル迎撃に使えそうな案を探して
ジュイスに実行させるというものだ。

しかし、ニートにそれほどの力があるのだろうか?

それほど力がありながら、なおかつニートになって
いるとしたら、確かに日本はおかしくなっているけ
れどもね。

アニメはこれで終わり。
なんかすっきりとはしない終わり方でした。

2011年01月16日
東のエデン10
第10話 誰が滝沢朗を殺したか

セレソンNo1の物部が8人ほどのセレソンを仲間に
して滝沢に接近。

彼も仲間になるよう説得するも失敗。

なにしろ、物部は日本を戦後直後の状況に戻そう
としているのだからね。既得権益を甘受している老人
たちと、ろくに働かない者たちを排除してからのほう
が日本を立ち直すのが簡単だろうと考えている。

セレソンNo10の結城がミサイルを発射した張本人だ
が、その思考は短絡的すぎるな。

100億あれば、もっとましな方法を考えつきそうな
ものだが、そこが彼の限界とも言える。


2011年01月15日
東のエデン9
第9話 ハカナ過ギタ男

京都の人物はあっさりと携帯を解析。
その結果、滝沢は犯罪者ではなく、むしろ英雄で
あることを発見。

一方で大杉は滝沢の身元を調べるうちに、彼が
いくつかの偽名を使っていること、犯罪者の可能性
を秘めていることを知り、仲間に連絡をする。

どういうことなんでしょうね。この大杉。
やはり嫉妬絡みということでしょうか?

短絡的なところが感じられますが、アニメの残りも
少なくなっているので、ストーリーを細かく進める
わけにもいかないのかもしれませんね。

あと2話しかありませんので、どうみても話は
進みません。

2011年01月14日
東のエデン8
第8話 あらかじめ失われた道程をさがして

滝沢の過去を知るには以前の携帯を分析する
しか方法はなさそう。

というわけで、滝沢は携帯の履歴を調べて
欲しいとグループに頼んだが、それならと紹介
されたのが京都にいる人物。

まあ、ちょっとありえなさそうな人間だが、そこに
いけばなんとかなるかも。

実際、そこに行くと、どうやらその人物は滝沢
関連の事柄を調べているようだ。


2011年01月13日
東のエデン7
第7話 ブラックスワン舞う

あら、結局滝沢の手を借りて白鳥を発見ですね。

東のエデンのサークルの力はあまり関係ないよう
です。

滝沢が問題のビルを買収して白鳥の実行を遅ら
せるということになってしまいました。

結局のところ、その白鳥が捕まえていた男は
大杉ではなかったという落になるのですが、
それはないんじゃないでしょうか?

大杉は一体どこへ?
ということになってしまいます。


2011年01月12日
東のエデン6
第6話 東のエデン

滝沢からの申し出に、企業サークルのメンバーは
彼の家に出向く。

平澤は滝沢を完全に信じることはできないものの、
他のメンバーの意思により、資金提供を受けるこ
ととなった。

一方、ジョニー狩りをしている白鳥につかまった
大杉は、狩られる寸前に白鳥に用事ができた
ために、しばらくは助かったといえるかな。

その間を利用して、ネットに助けを求めているが、
果たして間に合うのだろうか?

アニメだから間に合うはずだが、助ける手段は
どうなのかが興味がある。

滝沢の手を借りればあっという間に助かるが、
それでは芸がないな。

東のエデンのサークルの力を見せたいところ
かもしれない。

ところで、ボーっとしている咲だが、このサークル
内での力はかなりのものだったようだ。


2011年01月11日
東のエデン5
第5話 今そんなこと考えてる場合じゃないのに

いきなり殺人の後始末から始まる。

これはセレソンNo11の白鳥・D・黒羽か?
こういうのがいると、セレソンの選択の基準が
疑われるな。基準そのものが不完全なのか、それ
とも、こういうこと自体を想定したものなのか?

さて、咲の就職面談は不発に終わる。
最初の面談をすっぽかしたのだから、そもそも無理
というものだろうが、学生気分が抜けきっていない
ということなんでしょうね。

もっとも、断る方も断り方は問題だけどね。

さて、咲からそういった話を聞いた滝沢 朗は、
自分のやるべき方向性を見出したようですね。
咲はストーリー展開にうまく絡めてます。

大杉は気の毒だな〜。咲に片思いしながら、
咲は義理の兄が好きで、そのうえ滝沢と行動
をともにするなんてね。


2011年01月10日
東のエデン4
第4話 リアルな現実 虚構の現実

漸くゲームの目的が分かってきたような気が
する。

といっても決して楽しいゲームではないね。

100億もらえるのはいいが、条件がきつい。

サポーターを含めて選ばれるのは12人。
世界を良くする目的を誰かが達した段階で
ゲームは終となるが、そのときは残り11人か
10人は消滅。

つまり生き残るのはわずかに1人だ。

もっとも、世界を良くするってのは100億程度
でできることとは思えないから、なんともいえ
ないがね。

2011年01月09日
東のエデン3
第3話 レイトショーの夜に

滝沢 朗は咲とともに、自分のパスポートに書いて
ある住所に出向く。

以前ミサイルが落下した地点の近くだ。

刑事に携帯を奪われたものの、その刑事は妻に
刺される。その間際に、滝沢 朗は11人の人間
がゲームに強制的に参加させられたと告げられる。

ひとり100億の金が与えられ、何か世の中を変える
ように言われたのか?

少しずつではあるが状況が明らかになる。
しかし、展開は遅いね〜。

2011年01月08日
東のエデン2
第2話 憂鬱な月曜日

状況は未だ不明のままだが、東京に落ちたミサイル
の被害者はゼロ。

これだけでも不自然なのだが、誰もこれが異常と
思っていないところが異常だ。

記憶を消した滝沢 朗に電話がかかってくる。
例の女性だ。滝沢 朗にはまだ使う義務のある
82億ほどのお金があるらしい。

なぜ義務なのか?

ところで刑事が登場。滝沢 朗と同じ携帯をもつ。
ということは彼もある種の救世主か?

しかし、彼は気軽に殺しを依頼するのだが、一体
それを請け負うものは何者なのかな?

>> 次へ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。