広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

phoenix
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2011年01月05日
攻殻機動隊 26
第26話 公安9課、再び STAND ALONE COMPLEX

え? という始まり方です。

肉体を消失しても個はネット上を生き延びていけるか?

話し相手は笑い男だね。

幹事長逮捕に際して、納得のいかない戸草が逮捕の
場面まで銃を持っていくが、そこでバトーと再会。

すべては課長のシナリオどおりだったわけですね。

当然少佐も無事でした。狙撃されたのは少佐の義体
のみ。

再び公安9課は結集し、活躍を始める、というところで
しょう。

全体として、非常に面白いアニメでした。

タイトルのSTAND ALONE COMPLEXの説明は
後半に出てきます。

2011年01月04日
攻殻機動隊 25
第25話 硝煙弾雨 BARRAGE

課長は法務省まで頼ってみるが、無理のようだ。
首相の頭にあるのは次期総選挙のみ、そのため
に世論操作が必要であり、公安9課の件はそれに
のみ利用される。

課長さえいれば9課は再び復活可能だと考えて
いるのだろう。全員捨て駒なわけだ。

タチコマは合計3体残っており、いずれもバトー
救援にかけつける。

並列化処理を繰り返しながら個性を獲得して
いったのだろうか?

公安9課で逃げ延びていたバトーと少佐だが、
ついに少佐も狙撃されてしまう。

狙撃されたのは本当に少佐なのかは疑問だが、
残り1話となれば、どう展開していくのも可能だ。

2011年01月03日
攻殻機動隊 24
第24話 孤城落日 ANNIHILATION

幹事長の金の流れをつかんだ公安9課は
首相の元へ向かうが、相手はその前に手を
打っていた。

公安9課の危険をマスコミに流し、9課を解体
そして制圧して口を封じる気である。

課長も戸草もつかまり、少佐たちは9課にいる
間に特殊部隊の攻撃を受ける。

辛うじて逃げおおせるのか、それとも捕まる
のか?

際どい攻防が続きそうだが。

ところで、タチコマが出てきたね。民間に払い
下げられて老人ホームで老人のお世話をして
いるみたい。

何か役に立つことをするのかな?


2011年01月02日
攻殻機動隊 23
第23話 善悪の彼岸 EQUINOX

真の黒幕は与党幹事長!

公安9課は大胆な計画を練って実行に移し、
セラノの身柄を確保した。

まあ、見ているほうもすっかり騙されてしまい
ましたね。

笑い男も大胆なことをするなって思ってました
から。

このアニメの未来像では、自分の見ているもの
も信じられません。結構恐ろしい時代になって
おります。


2011年01月01日
攻殻機動隊 22
第22話 疑獄 SCANDAL

前回の事件の黒幕とも思われる政府関係の大物
の逮捕からこのエピソードは始まった。

逮捕は無事終わったものの、さらにその後ろに
強力な人物の存在が浮かび上がる。

課長は兄が麻薬がらみで捕まったことを知らされ、
危険地帯に入り、罠に陥る。

少佐は新しい義体に取り替える途中、危うく殺され
そうになる。

謎の黒幕は相当力を持っておりますね。

公安9課がどこまで迫れるか?

2010年12月31日
攻殻機動隊 21
第21話 置き去りの軌跡 ERASER

戸草は辛うじて生きているが危険な状態。

そんな状況でも彼の意思もあり、公安9課は襲撃時の
記憶を抜き出す。

恐ろしい時代でもあるね。彼は電脳化はしてなかった
のではなかったっけ。少しはしていたのかな。

襲撃は政府関連の強制介入班の仕業のようだ。

いつの時代になっても政府と民間との癒着はありそうだね。

最後の部分、バトーが今来栖を確保したあと、なぜか、
今来栖が一人笑い男と接触する。

バトー、ちょっとぼおっとしてたのじゃないでしょうか?
公安9課ともあろうものが詰めが甘いと思いましたね。

今来栖はあっさりと政府関係者によって殺害されてしま
いましたが、リストは入手できたので、追及はできるか
もしれません。




2010年12月30日
攻殻機動隊 20
第20話 消された薬 RE-VIEW

トグサは笑い男になにやら執念を抱いている模様。

少佐から許可を得て独自に調査し、電脳硬化症の
ワクチンに関する問題を突き止める。

ワクチンとして効果がありながらも認可されなかった
薬。しかし、その薬が密かに許可され使用されてい
たようだ。

そのワクチン接種者リストがいつの間にか紛失し、
あす団体の手に渡っていた。

それが笑い男とどう関係するのかは不明だが、
その団体に乗り込みリストを手にするものの、
事実をもみ消そうとするどこからかの殺戮者が
やってきた。

トグサもやられたようだが、このまま死んでしまうのか?

2010年12月29日
攻殻機動隊 19
第19話 偽装網に抱かれて CAPTIVATED

次々と拉致される少女たち。
しかし、その事実をこれまで認めなかった政治家
がいる。

今回その政治家の娘が拉致され、公安9課の出番
となった。

娘たちはどうやら人体売買、つまり解体して臓器な
どを売りさばかれるということですね。恐ろしい世の
中です。

さてこの拉致グループには政治が絡んでいたようで、
タイトルにもあるように、偽装と策略がかなり巧妙に
仕組まれておりますね。

犯人は無事捕まりましたが、それも実は仕組まれた
ものであり、ついでながら公安9課もまた、この事件
を利用して、この政治家とある国との関係を絶つ
ことに成功。

2010年12月28日
攻殻機動隊 18
第18話 暗殺の二重奏 LOST HERITAGE

要人暗殺計画が送られてきたために、公安9課に
警備の依頼がくる。

一方で、課長は友人というか戦友というか、その七回忌に
墓参りをするが、そこでその戦友の娘と再会。

弟が変わってしまったという相談を受けるが、私情を挟む
ことをよしとしない課長は、その相談にはのれないと断る。

しかし、犯人を絞っていくと、その弟がリストのトップに
あがってきた。

姉の言葉からすると、死者が乗り移ったかのようにも
思われるが、果たしてどうなのか?

父親の残した情報が息子に電脳で移されるうちに、
二人の記憶が融合し、情報をただ後世に残したいと
だけ思う父親と、その情報から復讐を思い立つ息子
の記憶が互いに干渉しあうはめになる。

こういうことは、さすがに優秀だった父親も予想して
いなかったようですね。

なかなか面白い筋立てでした。

2010年12月27日
攻殻機動隊 17
第17話 未完成ラヴロマンスの真相 ANGELS' SHARE

課長と少佐がイギリスに出張。
何かの会議だね。

それはともかくとして、課長がその帰りに私用で
立ち寄ったところが、元部下かなにかのところ。

美人である。

ワインを保存するというビジネスに関係しているが、
課長に相談するのは、裏帳簿がありそうだ、という
ことだった。

ワインを利用しtマネーロンダリングをやっているら
しい。

もっとも、課長としては管轄外でかつ私情は挟まない
という主義からその頼みは断った。

が、昔話に花を咲かせようという時に、裏帳簿を狙った
強盗が出没。

事態は一気に緊迫する。

なんと、マネーロンダリングに絡んでいたのはマフィア
だけではなかったのだ。

日本でもありそうな話かも。

>> 次へ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。