広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

phoenix
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2010年09月15日
KURAU Phantom Memory24
第24話 さよならの前に

最終話

最後の力を振り絞ってリナックスを元の世界に戻した
クラウは、肉体を本来のクラウに戻してどこかへ行く。

恐らくはリナックスたちの世界でしょう。

クラウは元の人間に戻って、父親と暮らすが、
じゃあ、クリスマスはどうなるのか?

リナックスは対なしには生きていられないほどの
孤独を感じるのだが。

それにしても、この最終話にきて未だにリナックスが
何かは明かされていませんね。

知性があるのかないのか?
その辺りをもう少し説明して欲しいです。


2010年09月14日
KURAU Phantom Memory23
第23話 最後の光

なんと、消えていたウォン警視正が現れました。
どうやら、査問委員会に根回ししたいたようです。

それなら、なぜアヤカにリナックス人間の人体実験
の証拠を送ったのでしょうね。ちょっと矛盾しています。

ウォン警視正が現れ、長官の査問が決定したことで
一気に解決へ向かいます。クラウがこれまでやって
きたことは、ほとんど役に立っておりませんね。

さて、双子のリナックスの兄のほうは長官を狙って
月まできました。

彼も人間の記憶を取り戻したようですが、それなら
体が壊れればこの世界がリナックスに溢れることは
わかっているはず。

それなのに、長官を殺したいのでしょうか?
その結果が大量殺人になると分かっていても?

かなりの無理がありますね。

お蔭でクラウの出番にはなりました。

2010年09月13日
KURAU Phantom Memory22
第22話 闇に瞬く

クリスマスに触れた双子の弟の方は人間だった頃の
記憶を取り戻したようです。しかし、時すでに遅し。

このあたりの展開は無理に無理を重ねていて必然
性がほとんどなくなっておりますね。

かなり苦しいのでしょうか、作者は。

双子の兄も記憶を取り戻したようです。
とすると狙うのは長官か。

そう思ったクラウも月へ向かうことになるのでしょうね。

2010年09月12日
KURAU Phantom Memory21
第21話 それぞれの道

双子の兄は確保したものの、そこへGPOが到着。
当然でしょうね。長官がなんらかの手を打たないは
ずがないです。

クラウもアヤカも恐ろしいほどに甘いです。

アニメとしては、ここら辺で何かが起きないと、
全員終わりになるので、何かが起きるはず。

ウォン警視ってなことはないでしょうね。


2010年09月11日
KURAU Phantom Memory20
第20話 それぞれの道

双子のリナックスの目的は?

どうやら、クラウの体からリナックスを溢れさすことの
ようですが、果たしてクラウはそれに対抗できるので
しょうか?

そもそもリナックスとは何かの説明が未だになされて
いません。

リナックスとは、何らかの意識があるものと思っていま
したが、知能とかはないのかもしれませんね。

果たして、リナックスは単なるエネルギー体なのか?
それとも知性をもつものなのか?

原子の中の極小空間に存在する物質という説明を
書いているところはありますが、これまでの経緯を見る
限りはそうでもないように思えます。


2010年09月10日
KURAU Phantom Memory19
第19話 それぞれの道

クラフとアヤカは手を結び、アヤカからもらった情報で
闘争中のリナックス兄弟を探そうとする。

アヤカは長官との会談で、彼のやっていることを糾弾
する。しかし、そんなことをしたら上司ウォンと同じこと
になるぐらい分かっていそうなものですが。ちょっと現
実離れしたストーリーです。

逃亡したリナックス兄弟はあちこちで遊んでいる、
つまり騒動を起こしております。GPOに見つかること
は度外視してますね。

ということは、彼ら兄弟にはなにやら思惑がありそうで
す。クラウに会った彼らは、クラウからリナックスを溢れ
させたい、とか言っております。

この世界にリナックスを充満させたいのでしょうか?


2010年09月09日
KURAU Phantom Memory18
第18話 来訪者

GPO長官の問題を追及するには私一人でよい、と
言ったウォンは更迭されて行方不明になる。

巨大組織に単独で挑んではいかんでしょうね。

リナックスの人体実験データをウォンから受け取った
アヤカは、それを持ってクラウを訪れる。

データをアヤカに送るぐらいなら、最初から協力して
おけば、と思うのは読者だけか。

GPOは極最近実験したリナックス人間をどこかに
派遣したようだが、それをクラウが探すという。

しかし、探したあとどうするのでしょうか?

2010年09月09日
KURAU Phantom Memory17
第17話 霧の中

イヴォンの捜索する中で、予定通りクラウたちは
発見されます。

どうなんでしょうか? 安易な展開といえば安易
な展開です。

結局イヴォンは消滅してしまうのですけど。

で、アヤカはクラウと出会って、あることを知るわ
けですが、今後どう行動するのでしょうね。

ウォンも上層部に問題ありと思いつつも、命令系統
を無視するわけにもいかず、です。


2010年09月08日
KURAU Phantom Memory16
第16話 丘の上の墓標

あれ、単にGPOが再びクラウを捜索することになる、
また、リナックスの問題を提示するためだけに登場
したと思ったイヴォンなのに、今回の主役ですね。

月のリナックス事故にもかかわらず、またリナックス
にさらされたにもかかわらず生き延びた女性がいた
というのは驚きです。

その女性がイヴォンの対になるのですが、なったと
思ったら消滅ですか?

この辺のストーリー展開は、どっちに向かおうとして
いるのか不明ですね。

イヴォン中心に展開するのか、それにクラウはどう
関わっていくのか。

作者はネタが切れそうになっているのじゃないで
しょうか?


2010年09月07日
KURAU Phantom Memory15
第15話 アゲハ蝶の不安

クリスマスの前に現れたリナクス人間。
対を失ったために凶暴化しているようです。

しかし、それもこれも人間のなす業でした。
どうやら、彼は人間によってこの世界に連れて
こられたようですね。

GPO上層部は何を考えているのでしょうか?
エネルギーとしてのリナクスか、それとも兵器と
してのリナクス人間か。

欲望にはきりがなさそうです。

しずれにせよ、彼の出現によって、クラウたちは
発見されそう。

>> 次へ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。