広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

phoenix
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2010年12月12日
惑星のさみだれ9巻
第9巻 水上悟志

12体目の制作に時間をかけるため、アニムスは
数ヶ月の猶予を与える。

その間騎士たちは特訓を繰り返し確実に強くは
なっているようだ。

この巻では、アニマ、アニムスの過去、あるいは
未来が語られている。彼らが出現した経緯か、
あるいは神と信じ始めた経緯が語られるが、
なぜか馬鹿馬鹿しいほど単純な理由から、
アニムスは地球を破壊してきたわけだね。

12体目を倒し、いよいよハンマーが振り下ろされる
がブルースが対抗。

しかし、ハンマーの力が強い。
そこに朝日奈 さみだれの力が加わり、あっという
間にハンマーを砕く。

アニムスの野望はこれで終わったのか?

いよいよ最終章だね。



2010年12月10日
惑星のさみだれ8巻
第8巻 水上悟志

11体目との戦いは、壮絶なものになったと言って
いいのか?

風巻 豹が攻撃の要だが、要というよりは、11体目
と同様の能力を有しているとも言える。

つまり、泥人形とは何かを知れば勝利することが
可能となるのだが。





2010年12月08日
惑星のさみだれ7巻
第7巻 水上悟志

10体目は倒しても再び復活して、しかも強くなって
やってくる。

騎士たちに倒す方法はあるのか?

というところですね。
ここで茜の心境に変化が出てきました。

危機に陥った仲間が死ぬかもしれない、しかも目の
前で死ぬかもしれないという状況に出くわしたこと。
それと、自分に治癒の能力を見出したこと。

ある種の仲間意識が芽生えてきたのかな。

お蔭で10体目の倒し方が分かりました。

それに対してもアニムスの態度は寛大だ。
このゲーム、勝っても負けてもいいって態度ですね。
言うなれば、目的不明というところです。





2010年12月03日
惑星のさみだれ6巻
第6巻 水上悟志

フクロウの騎士茜。よくわからん性格だ。
存在感というか、あるいは周囲への関心度というか、
そういうのがないな。

家庭環境のせいなのだろうね。

つまり、生きている意味というのを見出すことが
できない状態だ。

だから好き嫌いすらはっきりしないということになって
いる。

さて9体目が現れる。
一旦撃退はしたものの、10体目、11体目が現れる
というおかしな状況。

ネズミの騎士日下部 太朗死亡。



2010年08月22日
惑星のさみだれ5巻
第5巻 水上悟志

いよいよ7つ目が登場。そして8つ目も。

どうやら泥人形も12体いるようだ。

ところで、さみだれと契約を交わしたアニマが登場する。
登場した理由もわからないが、騎士たちと会話が通じ
ないところが面白いというか、コミックらしいというか。

アニマの存在は、一体何を意味しているのか?
ひょっとして、何も意味していない可能性すらありますね。

それにしても姫と母親との関係が明らかになり、かつ
この本で無事和解が成立です。

とすると、姫の地球を破壊したいという欲求も変わるの
だろうか?

もし変われば夕日はどうなるのでしょう?



2010年08月22日
惑星のさみだれ4巻
第4巻 水上悟志

騎士全員が登場したはずだが、集結したのは10人。
1人はアニムス側に寝返ったのか?

そしてもう1人は驚くことに、500年も生きている超能力者
だった?

なんでもありの世界ですね。

アカシックレコード、つまり宇宙の過去から未来まですべて
を記したものを手に入れる。なんてことがまことしやかに
語られます。

アニムスは宇宙の始まりがどうなっているのかを知りたい
だけのようですね。単なる興味本位か。

そこに500年生きた超能力者の話が出てくる。
カジキマグロの騎士です。
かれは既に500年前にアカシックレコードを手に入れた
ものの、ある種の虚しさを感じていたようです。

全知全能ゆえの虚しさを作者はカジキマグロの騎士
を通じて言いたかったのか?

アニムスは虚しさゆえに、地球を破壊したいのか?




2010年07月31日
惑星のさみだれ3巻
第3巻  水上悟志

いや〜、どんどん話が進んでいきますね。

騎士が全員出揃いました。

そして、泥人形も既に7対出現です。

おまけに、魔法使いアニムスまで登場するとは。

とまあ、続々と色んなものが出てきますが、話の内容
自体はそれほど進展していないのですね。

さて、アニムスが出てきたことでもあるし、騎士も揃った
し、いよいよ本格的な戦いへ突入するのでしょうか?




2010年07月28日
惑星のさみだれ2巻
第2巻 水上悟志

地球の滅亡を防ぐ役割を本来果たすべきなので、
その実、自分の手で地球を破壊したいと願う不可思議な
姫朝日奈 さみだれと、その従者である雨宮 夕日。

ある意味で、通常の勇者とは異なる役割を持たせた
コミックですね。

同じく騎士となった東雲 半月との関わりの中で、地球を
破壊しようとする謎のビスケットハンマーだが、それと
騎士たちとの関係が多少明らかになっていく。

しかし、第1巻で登場した東雲 半月がこの第2巻で早くも
退場とは!

そして、その弟が代わって登場。

このコミック、何が正常で何が異常かが曖昧なところ
が独特の感覚となっているのかも。





2010年06月26日
惑星のさみだれ1巻
惑星のさみだれ  水上悟志

突然現れたトカゲから、地球を救う騎士となり姫を
助けよ、なんて言われたら?

というのがこのコミックのイントロです。

世界を救うべくヒーローのはずが、それほどやる気も
ない主人公雨宮夕日。

どこにでもいる大学生かと思いきや、家庭の事情は
ちょっとありえないぐらいに悲惨な状況。

そのために、人との関わりを避けてきた、あるいは
避けるように祖父から言われてきたのですね。

そういう夕日も、姫の常識はずれの野望に釣られて
騎士としての契約を交わしてしまう。

全体として、肩に力の入らないヒーロー物語になって
いて、楽しめます。



最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。