広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

phoenix
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年08月03日
アクセル・ワールド14
第14話 Arrestation;策略

能美という新入生は加速世界を利用して
現実世界で利益を得ようとしている奴らしい。

しかもその手段はかなり卑劣だ。

この時点でそういう相手を出現させるという
のはアニメとしてどうなんだろうね。

あまり好きな展開ではないが。


2012年07月26日
アクセル・ワールド13
第13話 Violation;侵入

チユリもバーストリンカーになったようですね。

さて、新しい学年になり、新入生が入ってきた
ようで、早速新たなバーストリンカーがいるか
どうかをチェック。

どうやらそうした者はいないようだと判断。

タクの剣道の校内における試合があり、タクは
見事に敗北。

相手が決め手を与える瞬間、春雪はその相手で
ある能美が加速世界に行くことを確認した。

どういうことなのかな?加速世界に行きながら
正体を伏せておけるとは?

一方でチユリの能力も珍しいようだ。
治癒能力があるとはね。

2012年07月12日
アクセル・ワールド12
12「Absolution;容赦」

突如現れたデザスターに黄の王は撤退。

黒雪姫が対抗するものの、赤の王がこれまた
突然黒雪姫を攻撃。

不信の塊なんでしょうね、赤の王は。

で、明らかになったのは、デザスターは赤の王
の親だったってこと。

なんやかんや言いながら、黒雪姫に言われ、
赤の王を助ける春雪。

これでどうやら、赤の王とは休戦か、それとも
仲間となるのか?

最後の、加速世界から出ようとしたとき、春雪
が感じたものは何か?

こういうとき、その感覚を黒雪姫に知らせるべき
なんだがね〜。

まあ、伏線として置いておくわけでしょう。


2012年07月08日
アクセル・ワールド11
11「Obligation:宿命

春雪らを待っていたのは黄の王たちの部隊。

つまりは、黄の王の罠にかかったということだね。

赤の王と黒の王、二人の王が来ることは予測して
いなかったと思いきや、黒の王への精神的攻撃は
準備済み。

というか、黒の王はあの程度の攻撃で戦意喪失す
るものだろうかね?

まあ、春雪の叱咤で復活することはするけど。

さて、いよいよレベル9同士の本格的対決となるが、
切り札を出す前に、何者かが黄の王の腹を突き刺した
ようだ。

一体誰?

2012年06月26日
アクセル・ワールド10
第10話 Activation;出撃

クロム・ディザスターを倒すために共闘を組んだ
春雪たちは、真の闘争の場へと向かう。

つまり時間制限無し、不戦条約なしの戦場とも
言える場所だね。

さて、そこへ春雪の飛翔能力で近づいたものの、
何者かの襲撃を受ける。

まったくの予想外。

で、その相手というのが、イエロー・レディオ。
黄の王だ。

どうやら、今回の件も黒幕はこの王のようだ。


2012年06月11日
アクセル・ワールド9
9「Escalation;激化」

赤の王との対面。

その狙いが明らかになる。どうやら、以前
黒雪姫らが倒したとされるクロム・ディザスター
が復活。

赤のメンバーの一人にとりつき、他の舞台を
片っ端から襲っているらしい。

そこで、春雪に依頼ということだ。

それにしても、対面時にタクムが、黒雪姫たち
の計画を漏らしたのはどうなのかね?

自分たちがレベル10を目指している、そして
残りの王はすべて敵なんて言うべきことか?



2012年06月04日
アクセル・ワールド8
#8「Temptation;誘惑」

春雪の家に再従兄弟がやってきていた。

はて、そんな女の子がいたのかな、と疑問
を感じつつも受け入れたが、風呂の中まで
入ってくるに及んでは、怪しいとおもわざえる
を得ないね。

はたして、その女の子はスカーレット・レイン
だという。

これって王の一人じゃないの。

ま、春雪の勉強不足ではありますね。

戦闘は圧倒的にやられてしまいますが、
倒される前にというか、助ける条件として
黒雪姫に会わせろという。

初代赤の王は黒雪姫が倒したのだね。

因縁か? それとも他に目論見があるのか?


2012年06月01日
アクセル・ワールド7
#7「Restoration;修復」

うかつにレベルアップしたためにポイントが
少なくなった春雪。

バウンサーと出会い、ポイントを回復しよう
と試みる。

そのバウンサーだが、かなり謎めいているね。
そもそもこういう依頼を受けて仕事をしていれ
ばポイントたまって、レベルアップするはずなの
だが、未だにレベル1。

どうもソフトそのものに関係があるような気がする。

一方で、罪悪感にかられて、ポイントをゼロにし、
加速世界から逃げようとしていたタクは、
ブラック・ロータスに対戦を挑まれ、説教まで
される。

その結果、ついに転校までしちゃうのだね。
まあ、春雪たちの味方になることは間違いなさ
そうだ。

2012年05月30日
アクセル・ワールド6
#6「Retribution;応報」

バックドアのことを千百合に話した二人は、
物凄く千百合に怒られる。

まあ、当たり前か。

それでも、やがて仲直りだね。

それはそれとして、罪悪感を感じたタクは、
春雪のレベルアップを手助けしようとする。

そのお陰か、春雪はみごとにレベル2に上がった
ものの、そのためにはポイントを消費するという
ことを忘れていた。

残ったポイントはわずかに8ポイント。

すぐに闘いが起きればたちまち破れてしまう
ポイントだ。

どうする、春雪。

タクが考えついたのは用心棒。

ふ〜む、そういう稼業がこの世界にもあるのかね?


2012年05月25日
アクセル・ワールド5
第5話 Aviation;飛翔

さて、黒雪姫を助けるべく病院にいた春雪だが
そこにやってきたのは、幼馴染のタクムだった。

なるほど、それならチユリにバックドアをしかける
ことも可能だね。

もっとも、それはあまりにも予想しやすいけど。

さて、病院にやってきたタクムと加速世界で対戦
することになったが、春雪にとってこれはわずかに
2戦目。

相手はすでに闘い慣れているようだし、どうするの
か?

こういうアニメに特有のことだが、ここで春雪に更なる
変身が生じる。翼が生えたのだ。

わずか2戦目でここまでいっていいのか?

ちょっと急ぎすぎの感があるのだが。

黒雪姫も自身の真の姿を見せたしね。

ここから新たな展開、ということになるのでしょう。

>> 次へ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。