2018年09月18日

ファンが回ってすぐ止まるのを繰りかえす時にする作業

今回、お客様から「パソコンを立ち上げると、
CPUファンが回ったり止まったりを繰り返して立ち上がらない」
という相談を受けました。


そういった場合に、パソコン修理屋として作業する場合の順番をまとめてみました。
効率よく行わないと、時間ばかりかかってしまいますからね。


それから、以下の事を試す前に大事なハードディスクや
SSDのケーブルは抜いて作業をした方が良いと思います。
強制終了を何度も行うと、故障する危険があるからです。


それから静電気には気を付けてください。
部品に触る前に金属に触るようにしておいた方がよいです。
静電気で部品が故障してしまうことがあるからです。

それでは、作業する順番ごとに説明させて頂きます。


@ メモリを疑ってみる


複数枚のメモリがあるのであれば、片方ずつ抜いてみて様子を見る。
一枚だと起動するようであれば、抜いた方のメモリが故障している可能性が高い。
また、刺す場所も変えたり、掃除をして差し直したりしてみるのが良いです。


A パソコンのマザーボード周りのホコリ掃除をする


マザーボード自体やボード類にホコリがついている場合は、
それが原因で内部的にショートしている可能性があります。
ホコリを取り除くことで改善する場合があります。
ただし、ホコリを取り除いてもショートによってマザーボードが
故障している可能性もあります。ホコリが沢山あるようだと覚悟が必要かもしません。


B CMOSクリアをしてみる


マザーボードのマニュアルにCMOSクリアの方法が書かれています。
ほとんどの場合は、ジャンパーピンと言われるものをショートさせることで出来ます。
マニュアルが無い場合は、ネットで「マザーボードの型番 マニュアル」で
検索して正しい方法を確かめながら行うと良いです。
もし分からない場合は、マザーボードについているボタン電池と
パソコンの電源コードを外して、しばらく放置 (10分以上) して戻す方法でも良いかもしれません。


C 出来る限りのケーブルを抜いて確かめる


抜いても影響の無いケーブルを全て抜いてみるのが良いと思います。
ハードディスク、光学ドライブ、ケースファン、USBコネクタ等です。
ケーブルを抜いて改善したからといってケーブルが原因とは限りません。
電源に問題があり、全体の必要電力量が減る事で改善したことも考えられます。
改善した場合は、一つ一つケーブルを戻しながら確かめるのが良いと思います。

D 電源を交換してみる


用意ができるようであれば、別の電源に変えてみるのが良いと思います。
交換で直ったからといって、電源の故障が原因とは限りません。
電源が故障する原因があり、二次的なものの可能性もあります。
E CPUを交換してみる


一番難しいので最後にしましたが、これまで行ってきたことで改善しない場合で
替えのCPUがあるようであれば、試してみるのも良いかもしれません。
ただし、CPUの故障が原因の可能性は非常に低くなっています。


これら全てを行っても症状が改善しない場合があります。
その原因はマザーボードが故障している時と、複合した問題点がある場合です。


マザーボードが故障すると接続されている機器も一緒に故障することがあります。
また、マザーボードが原因として疑われる場合は、
他の部品もダメージを受けていることがあります。


残念ですがマザーボードらしいと思われたらデータだけ取り出し、
新しく組み直すのが最善かもしれません。





人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール