2018年07月03日

ランサムウェアはもう時代遅れ?

最近は仮想通貨のフィッシングが流行しているそうです。フィッシングと言えば、ネット銀行の情報を盗み取り、引き出すという手口が有名です。しかし、それをビットコインやリップルといった仮想通貨で行う窃盗集団が増えているといいます。

フィッシングサイトは主にスパムメール、偽装メールで誘導されます。本家の交換所とそっくりのサイト作り、IDとパスワードを入力するのを待ち伏せているのです。

また、入力したIDやパスワードを読み取って盗む手口などもあるといいます。仮想通貨を持っていない人には関係ない話かもしれませんが、フィッシングサイトはクレジットカード、銀行の口座情報など、いまだに沢山の種類があります。

ジャパンネットバングには、ワンタイムキーというセキュリティの高いシステムがありますが、それも突破されたというニュースを見ました。

どんなウイルス対策ソフトも100%安全とは言えません。一番の安全策は、パソコンやスマホを使う人間が手法を理解して、気をつけるしかないと言えるかもしません。
posted by エコ8 at 23:41| ウイルス対策
人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール