2014年07月01日

液晶パネル購入によって受けた被害を綴った記録 その1

液晶の交換修理の為、
ネットで対応した液晶パネルを探したところ、
ある液晶販売サイトにたどり着いた。



そこでは以前にも何度か購入した事があり、
他には新品で販売しているところも無かった為、
すぐに購入手続きを始めた。




サイトのデザインが変わっている事に少し違和感を覚えたが、
時期的に、ネットバンクや大手サイトがこぞってサイトデザインの
リニューアルをしていた為、特に気に留めることはなかった。




購入の為に色々と入力を進めていると、
Paypalのみしか選択できない状態。
しかし、どうしても商品がすぐに必要だった為、
そのまま入力を続けてしまった。




Paypalを利用した事がなかった為、
IDは持っていなかったが、届け先等を入力していると
勝手にIDも作成されていた。



後から考えると、既に疑うべき仕様だった。




入力後に購入確認のメールが来て、
支払をするものと思っていたのが、
気が付けばペイパルでクレジットカード情報を
入力するのみになっていた。



まあ、有名なPaypalであり、
購入サイトは利用した事のある所なので
大丈夫だろうと、そのまま支払を済ませた。




そうすると、すぐに購入先から自動メールが届いた。
んっ? ここで私は初めて異変に気づいた。




販売者の情報がメールに記述されていない。
しかも、あまりにも簡素なメールで文章が稚拙。




購入したサイトの販売者情報を探すが、
そこへも一切の販売者情報が無い。
記載されている情報といえば、メールアドレスのみ。





過去に注文した情報を確認してみたところ、
ページの店名は同じだけれども、
ドメインは全く違うものだった。



さらに検索を続けてゆくと、
以前あった店舗は廃業したようで、
同じように購入した人が違った商品を送り付けられたと、
苦情の情報が載っていた。




「やらかしてしまった・・・」と思い、
すぐにメールでキャンセルの連絡を入れることにした。



その間、購入手続きからわずか15分程度。



とりあえず、やんわりと「諸事情の為、
一旦キャンセルをできないでしょうか」と
いうような内容のメールを送った。




そしてしばらくして帰ってきたメールは本文
「we accept paypal credit card and bank transfer」のみ。



まず、なぜ英語? 次に、回答になってないし意図不明。



すかさず、

「英語で返信頂いたのですが、内容が分かりません。
キャンセルを承認頂いたということでしょうか。
できないとすれば、どのような方法がありますか、
日本語にてお願い致します。宜しくお願い致します。」



と再度メールを送ったのだが、
サイトに販売者情報が無い時点で詐欺である事は確信していた。



Paypalを利用してるのでトラブルの申請をすれば、
ある程度の額は戻って来るだろうと考えていたので、
この時点では案外楽観的だった。




その2へ続く




posted by エコ8 at 17:04| 取引トラブル




人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール