2013年02月20日

HP ML110 G7 にてレッドスクリーン発生

サーバー HP ML110 G7にてレッドスクリーンなる症状が出てしまいました。

サーバーを起動するとPOST画面が出た後、以下のような画面になります。



Illegal OpCode

EAX=4F902B2C EBX=0000FE6E ECX=00004D50 EDX=0000F066
EBP=00000000 ESI=00064D52 EDI=0000FC6F
DS=6000 ES=F000 FS=0000 GS=0000
CS:EIP=FB74:0000E866 SS:ESP=0000:0000EC2C
EFLAGS=00000282


サーバー所有者より聞き取りによると、
最初はフリーズした事が発端のようでした。



その後もたまにレッドスクリーンになってしまい、
再起動するとしばらくは何事もない様子が続き、
いつしかレッドスクリーンが頻繁に出るようになり、
もはやサーバーとして機能する事ができないほどになりました。



最後はBIOS画面にも入れない状態となってしまいました。



しばらく放置していたのですが、気合を入れて調べてみると
解決方法が見つかったので、記録として記述します。



■ 解決策
マザーボード上に10個のディップスイッチがあるのですが、
シャットダウンした状態でその6番のスイッチをONにし、
サーバーを起動する事でNVRAMをクリアし、
症状を改善する事ができます。



症状が改善したらサーバーを終了させ、
6番スイッチを元の位置へ戻して終了です。



ただこの作業を行ってしまうと、
設定がデフォルトに戻る為、
環境構築を再度行う必要があると思われます。



私はLinuxにてデータをサルベージし、
RAIDを再構築、サーバーOSインストール、
データの復旧、という具合で直しました。



色々試しましたが、
この方法以外に解決方法は見つかりませんでした。




ディップスイッチは以下のような物です。
縫い針や爪楊枝でオンオフすると簡単です。




この症状はBIOSの不具合で起こるようなので、
改善しましたら念のためにBIOSアップデートを行っておく方がよいと思います。



20時よりナイトセール開催中



人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール