2015年11月04日

インターネットの回線速度を極限まで引き出す方法

ルーターを設置したり設定を行った場合、
正常に通信が出来ているかどうか最後に確認を行います。
光回線であれば、その契約速度を満たしているかどうかの測定も行います。





そういった測定をたくさん行っていると、
速度が出る環境が分かるようになりました。





今ではギガビットの契約も多く見かけるようになりましたが、
少し前までは100メガが通信速度としては最高速度契約でした。
機器も100メガ対応のもので揃えるのが当然でしたが、
実はここに落とし穴があったのです。





あるお客様の設定で、ルーターを経由しているにも関わらず、
80メガオーバーをたたき出したのです。





その環境とは、全てギガビット(1000MB)対応の製品で揃えているものでした。
個人の方であるにも関わらず、数万円の業務用ルータを使用し、
ネットワークハブ、LANケーブル、LANボードもギガビット対応なのです。





現在売られている個人向けルーターも有線でのスループットの高い機種を選び、
LANボードをギガ対応に変えるだけでも効果が出るはずです。
古いLANケーブルを使っている場合は「CATE5(カテゴリー5)」という
100MBにしか対応していないものの可能性もあります。





会社などでネットワークのレスポンスが遅い場合に、
ルーターとハブをスペックの高い物に交換すれば
改善できる事も同じ理由です。


GIGA対応製品

I-O DATA 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応PCIバス用LANアダプター ETG3-PCI


BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866 300Mbps WHR-1166DHP2/N (利用推奨環境3人・3LDK・2階建) [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

BUFFALO Giga対応 金属筺体 電源内蔵 8ポート ブラック スイッチングハブ LSW5-GT-8NS/BK


売筋ランキング1位

LANボード
売筋ランキング1位

無線ルータ
売筋ランキング1位

ネットワークHUB

posted by エコ8 at 12:16| PCパワーアップ

2015年10月05日

パソコンをパワーアップするのに最強の一手とは

お客様からよく、

「パソコンが遅いのだけれども、メモリが少ないのかねぇ」
「もう買い替えた方がいいですよね」
「何をしてもスペックが低いから効果ないですよね」





という嘆きとも言うべきお言葉を耳にします。




必要の無いソフトを消したり、デフラグをしてみたり、
メモリを増設してみたりと、色々する事で確かに少し速くなります。
ほんの少しです。10%〜20%くらいでしょうか。
体感ではほぼ感じる事の出来ない改善です。





それでも昔はその作業を行っていたのですが、
お客様の求める改善にはほど遠い結果になっておりました。
そういった中で、時代の進歩のおかげで最も効果のある
パワーアップ方法がありますのでご紹介します。





それは、ハードディスクをSSDに交換する事です。
それをやるにはデータの退避、リカバリ、設定のやり直し等、
多少手間のかかる作業が必要ではありますが、
レスポンスは劇的に改善します。


CFD販売 SSD 256GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 SATA6Gbps CSSD-S6T256NHG6Q



3分かかっていた起動が30秒。重いソフトの起動も数秒です。



「既にSSDだよ」とおっしゃる方もいると思います。
もし、数年前に搭載したSSDであれば、
ぜひ最新の物とスペックを比較してみてください。





「読み込みは速いけれども、書き込みがね」と言っていたのは昔の話です。
今のSSDは読込・書込ともに激速です。
この方法だとCPUやメモリのスペックが低くて使い物にならないパソコンでさえ蘇ります。



そうです。スペックの低い安いパソコンを入手して、
SSD化するだけで使えるパソコンにできるのです。
容量は256GB程度をお勧めしますが、値段は13000円前後。128GBは7000円程。



500GBのハードディスクが6000円前後な事を考えると、
ハードディスクが故障して同じハードディスクに交換修理するのは、
私からすればもったいないとしか言いようがありません。





SSDは容量が大きければ大きい程スペックが良くなります。
それは同時に書き込むチップの数が多くなる為、効率が良くなるからです。
余裕があれぱ512GB、1TBあたりの物も良いかと思います。



気を付ける点としましては、
あまり古いパソコンはIDEという規格のコネクタですので
SSDもそれに対応した物を選ぶ必要があります。
値段も少し高くなります。




ほとんどのSSDはS-ATAという現在の規格ですので、
Windows 7以降のパソコンであれば問題無いはずです。



それからSSD選びは慎重にしなければなりません。
容量が大きくても安いものは、
転送速度が遅いという理由がある場合があります。
発売日や評価のチェックは必要です。
posted by エコ8 at 15:33| PCパワーアップ

20時よりナイトセール開催中



人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール