2020年04月18日

パソコン修理屋は今回のような緊急事態宣言が出てもやっていけるのか?

ki005.jpg


パソコン修理屋を考えている方にとって、こちらの表題の疑問はとても気になるところだと思います。

15年以上続けてきたパソコン修理屋が、今回、どのような事になっているのかご説明致します。

まず、パソコン修理依頼はまったく無くなりました。家に居てパソコンを使うから壊れた時の修理が増えるのじゃないか。と考えるところですが、まったくありません。

それどころか、電話相談や消耗品の注文までも無くなりました。普段から顧客に法人や個人事業主の方が多いため、休業することによりパソコンを使わなくなったというのが理由と考えられます。また、個人の方も家から出ないために、修理持ち込みは避けたいところだと思います。

それでは経営が厳しくなったのでは?と、思われるかもしれませんが、事業収入はむしろ増えているんです。普段から収益の不安定なパソコン修理業。「何かあった時にはコレをしよう」と考えていました。修理以外からの収入が増え、収支に不安はありません。

今回のコロナ騒動でマスクの転売が大きく取沙汰されました。そのような需要には早くから気づいていました。実際、余裕で注文できる時に少し多めにマスクを注文しました。

一箱数万円で取引きされているマスクを、会社では何箱もストックしておりました。人には「売ればいいのに」と言われましたが、それはやっていません。

今回の件で需要を増したあるモノ



今回の件で世間の会社ではネット会議が盛んに行なわれるようになりました。そこから需要が増したパソコン周辺機器を主に仕入れて販売していますが、信じられないような量が売れています。

このような事態は好ましいことではありません。しかし、長年イバラの道を歩んで来ていると逆に、「商機では?」と前向きに考えるようになりました。

当然、このような需要もずっと続くものではありません。しかし、変化しても人の「困った」を解決する事を常に考えていると、新しいチャンスを比較的簡単に見つけることができます。

昔、経営に必要な資金が底をつきかけ、夜も寝れず、ノイローゼになったことがあります。毎日、毎日、打開策を考え、個人でお金に換金できるものは全て売り払い、耐え抜きました。

そこで学んだのは、「打つ手を前もって考えておく事」と「素早く対処する事」です。今のメイン商売が立ち行かなくなった時のために次の事業の準備をしておき、素早く移行するのです。

「運がいい人」は実は「必然」?



10年以上経営をしていると、人からよく「運がいいね」と言われます。正直、自分も「運が良かった」と思っている点があります。

年に5日。これは、経営が一番厳しかったときの私の休日の日数です。起きてから寝るまで、ほぼ仕事をしていました。お風呂に入っていても、食事をしていても仕事のことばかりずっと考えていました。

そんな状況を知られると、人からは「かわいそうだね」「自営業なんてなるもんじゃない」と、同情されていました。

でも、当の本人はというと、毎日が楽しくて仕方がないんです。例えるならば、釣りが好きで好きでたまらない人に、365日毎日釣りをするのが仕事。となった場合を想像してください。何日かは飽きて嫌になる日もあるかもしれません。

でもきっと、360日は楽しいと思うんです。釣りが好きで好きでたまらない人ならば、ルアーを自分で作ったり、魚のアクセサリーを作ったり、釣り場情報を自分で発信したり。釣ること以外でも楽しく出来る事が山ほどになります。

そういった「好きすぎる事」が私にとって「パソコン修理」の仕事だったわけです。もし修理を始めてみようと思われるならば、パソコンが「好きすぎる。楽しすぎる」という気持ちが判断材料ではないでしょうか。

ある人に言われた言葉があります。それは「運がいい人というのは実は必然なんだ」というものです。まいどの魚釣りで例えるならば、大物を釣りたいと思っている2人の漁師がいます。

一人は朝から毎日、天候の良くない日でも漁場に向かいました。また、魚のいる場所や釣り上げるための情報収集に余念がありませんでした。そうして、一ヶ月後にやっとの事で大物を釣り上げることができました。

もう一人の漁師は、一週間に一度だけ午後から漁に出かけていました。漁以外は趣味に没頭する日々です。何日経っても、何年経っても大物を釣り上げる事ができませんでした。

世間では前者を「運がいい漁師」でかたづけます。何をやっていたのかが一般の人には見えていないからです。傍から見たら「大物を釣り上げた運のいい漁師」なんです。

今、世間で経営をしている人間にはこの「前者の漁師」がワンサカといるんです。そんな「ツワモノ経営者」に肩を並べてやっていくためには、中途半端な気持ちでは絶対にムリです。

始めたばかりで厳しい状況の最中、今回のような事が起こればどんなに頑張っていても難しいと思います。長い間、こんな危機的状況にならなかったのは、やはり「運が良かった」と思います

ただ、厳しい状況でも荒波を乗り越える事ができれば、平常時には大きな恩恵となって帰ってくるのは間違いありません。


posted by エコ8 at 20:14| 修理屋の本音

2020年02月04日

「懸念事項の事前通告」と「ヤフオクでレアな部品が高額で売れる理由」

au56z.jpg


パソコンを修理していると、「不具合のある部品を交換しても、また同じように壊れるかもしれない。」と、思う事があります。

例えばマザーボードが故障していて交換するとします。故障した原因は、実は電源の電圧が不安定になっているからかもしれません。

マザーボードを交換してすぐは正常に動作するかもしれませんが、交換後すぐにまた故障してしまう事もあります。そういった別の場所に原因がある可能性がある時に、事前にその事を伝える必要があります。

何も言わずに症状だけ改善する修理をしていたならば、後になってクレームになってしまいます。実際、「修理してもらったのに、またすぐに故障した」と、クレームを言われた事が何度かあります。

事前に説明していたにも関わらず、クレームになった事も有りますが、事前に予測できる懸念事項は伝えておく必要があります。

そうする事でクレームを格段に減らせるからです。修理報告書というものを私は発行しています。必要な事項は、そこへ記入しておくことで、「言った。言わなかった」という問題もクリアできます。

パソコンの修理は、時として使い続けることが目的でない事があります。どういう事かと言うと、とりあえず買い替えるけれども、データ移行の為に立ち上げたいという場合です。

データ移行する1週間でも動作すれば良い。と考えて修理をされる事がよくあります。中にはお金に代えられない大切なデータが入っており、どうしても取り出したいとおっしゃるのです。

こういった修理を何度もしたことがありますが、部品の入手にはヤフオクをよく利用しています。新品では手に入らない部品でも、ヤフオクでは手に入るからです。

中にはレアな部品で高額で出品されていることがあります。けれどもお客さんから、高額な修理費にもGOサインを頂ければ、落札して修理を行います。

このような修理が日本中でたくさん行われていると考えると、ヤフオクでレアな部品が高額で売れる理由に納得がいくと思います。
posted by エコ8 at 12:28| 修理屋の本音

2019年09月20日

パソコン修理屋に必要なのは技量じゃなくコレなんです

パソコンの修理を始めて15年程になります。パソコンを修理するのに必要な技術ってどの位だと思いますか?パソコンを初めて直した時に行ったのが、ウイルスの駆除だったと思います。完全に完璧に直すには、リカバリが一番早く確実です。

データのバックアップさえしっかりしておけば、どうってことはありません。また、「大切なデータをバックアップし忘れた」「どうしても使いたいソフトがリカバリ後には消えてしまう」なんて事がたまにあります。

そういった事も想定して直すなら、SSDへ交換後にリカバリをします。パソコンの起動は速くなり、元から付いていたハードディスクはいざとなれば付け直す事も出来るし、外付けとして使うことが出来ます。

修理の大半はこのような修理です。技量としては、パソコンをちょっと直した事がある方なら誰でもできる事なんです。少し難しい依頼としては、データ復旧や、サーバーの設置ですが出来ないうちは断っても良いのですから、何も問題ありません。

できる依頼をどんどんこなしていれば、自然と出来ることが増えてきます。もし修理屋をやってみようと思われる方がいれば、簡単な事からすれば良いと思います。

また、店舗や事務所は必要なのか?という疑問がありますが、最初は個人事業主として自宅で依頼を受け付けるので充分だと思います。実際に修理を10年以上やってきてこの事に気づきました…。

10年以上続けていると、遠くからでも持ち込みされるお客様が多くなりました。今現在は、店舗の必要性はあると思っています。お客さんが増えたら店舗を構えようと考える程度だと思います。

パソコンが好きであれば、技術なんていくらでも付いてしまいます。それよりも大切なのが、お客と良い関係を築くことだと実感しています。これは、全てのお客さんに誠実な対応をするという事ではないんです。

中には横暴な方や言葉使いの悪い方もいます。そういった方のパソコンを修理するのはストレスでしかありません。だから、断るようにしました。今までは、どんなお客さんでも大切なんだと感じ、暴言を言われようが耐えてきましたが、それで体調を崩した事があります。

断るようにしてからは、前にも増して毎日が楽しいのです。しかも、売上も上がりました。結局、クレームやちょっと困ったお客様の対応に時間を多くとられていたのです。

但し、ひとつ気を付けないといけない事があるんです。それは、収入の安定性です。今は、ウィンドウズ7のサポート期間終了間際で依頼が多くなっています。

「依頼が少ない時に、どうやって収入を安定化するか」これが、パソコンの修理屋をするうえで一番の問題点だと思います。株で言うところのポートフォリオ、リスク分散でしょうか。

なんでも良いのですが、他にも一緒にする必要があるとつくづく思っている次第です。
posted by エコ8 at 12:47| 修理屋の本音

2019年03月07日

お客のパソコンを頼まれていないのに清掃してはいけない理由

パソコン修理をしていると、とても汚れたパソコンを持ち込まれることがあります。プチ潔癖症の私からすれば、本音を言うと触りたくありません。

でも触らないと直せないので、パッド部やキーボード部分を軽くアルコール除菌してから触ることがあります。

そんな汚れたパソコンを、念入りに清掃したことが何度かあります。ファン周りに溜まったホコリを取り除いたり、キーボード部分の汚れを落としたり。

でもこれ、実はやっちゃいけないんです。やってはいけないというよりも、やるなら事前にお客に説明してからでなければいけません。

なぜなら、清掃する事で故障してしまうことがあるからです。昔、ファンのホコリを落とした事で異音がするようになったことがあります。ホコリがのっかって安定して回っている軸が、突然、重心がずれたことによって異音がするようになるのです。

デスクトップパソコン・ノートパソコンともにファン交換はできないものがあるんです。また、もしできたとしても、修理代金も高くなってしまいます。

また、キーボードを念入りに掃除したことで、一部のキーが入力できなくなったことがあるんです。元々、古いパソコンでいつ壊れてもおかしくないようなものは、少しの付加で故障しやすいんです。

だから少しでも力を入れて掃除をすると、破損したり、接触不良を起こしやすいんですね。こういった事があり、掃除する前には、「ファンにホコリが溜まっていますが、取り除くと異音がするようになる事があります。清掃はどうしましょう?」と事前に説明をしています。

そういった説明をして作業を行なっていても、お客さんによっては「修理を頼んだのに、調子が悪くなってるじゃないか」「そんなことは聞いていない」と、苦情を言われることがあります。

お客様の事を考えると、直ってキレイになって帰ってくる方が嬉しいに違いありませんが、間違いなんですよね。修理を始めたばかりの頃にやってしまった苦い失敗です…。
posted by エコ8 at 11:20| 修理屋の本音

2017年10月03日

預かった物を長く取りに来られない話2

だいぶ前になりますが、修理預かりのパソコンを
何年も取りに来られない方の話をしました。


そういった預かったパソコンを、どのように保管して、
処分すれば良いのか結論を出してみました。


s01.jpg

このほどニュースで、クリーニング屋さんの預かった衣類を
取りに来られないので困っているという記事を見ました。


そのクリーニング屋さんは15年もの間、
預かった衣類を保管していました。


所有権の消滅が20年なので、
そうしているそうです。


20年もの間、衣類を痛まない状態で保管するには
費用はどのくらいかかるのでしょう。


1着だけではないにしても、広い場所で室温や
日光を管理しながら保管するとなると、
かなりの金額がかかるに違いありませんよね。


私が出した結論としては、預かって2〜3年もすれば、
保管費用と相殺できる計算になります。


余裕を見て、4〜5年も保管すれば大丈夫なはずです。


もし、賠償請求されたとしても
負けることは無いと考えています。


また、万が一に負けたとして、賠償する額は
1万円を超えるようなものは、そんなに無いと思います。


例え、当時の購入価格が30万円する衣類だとしても、
賠償となると数万円が妥当なところでしょう。


その衣類を20年間、痛み無く保管するよう依頼されたとします。
料金が数万円では遠慮したいと思います。


店舗を構えて営業していると、
いつも付きまとうのは保管場所の確保です。


日光の当たらない場所でなければ、
パッケージが日焼けてしまい、商品価値が落ちてしまいます。


また、蛍光灯の光でも退色します。
下の方に置いてしまうと、
湿気で故障したり痛んでしまいます。


高い所に置くと、
地震などで落下してしまうことがあります。


実際、過去10数年間の地震で落下して
破損した商品が沢山あります。


この保管リスクというのは、
どのような業種でも重要事項の1つと言えます。


場所を確保する為に、
思い切って捨てる勇気も必要だと思いますね。




posted by エコ8 at 11:41| 修理屋の本音

2017年02月19日

パソコン修理屋はいくらくらい儲かってるの?

これから修理屋をやろうと考えている方には、
とても興味があることではないでしょうか。


私も初めは一日に○件の依頼があり、
月○○万円くらいの収入になるだろう。


と、単純計算をしていました。
しかし、そう甘くはありません。


多い日は一日に20件以上の依頼がある事もありました。
しかし、一週間以上依頼が1件もないこともあります。



作業員一人一日平均2〜3件ほどの依頼があれば、
やっていけます。


現在、その数字はありません。
一日平均1件を切ります。


減ったのは、出張修理を止めたのが
大きいとは思いますが、
出張修理をしていると、2〜3件では足りません。


車の維持費・移動費があるからです。



従業員を雇えば、依頼が無い時の
賃金分のリスクが発生します。



10年以上やっていて、落ち着いた形態が、
出張はせず持ち込み主体。


ただし、メンテナンス・長い付き合いのある
会社への出張はしています。


サポートのみの過去10年以上の間の月最高粗利は、150万以上。
しかし、悪い時は5万を切っています。それぐらい波があります。



それでもやっていけるだけのシステムを作らなければ、
修理をやっていくのは難しいと思います。


しかし技能が増せば、サーバー設置・LAN構築・
セキュリティ対策・クラウド化・SEO対策・システム開発・
セミナーなど、もっと割の良い仕事がどんどんできるようになってきます。


修理屋が入口の業種は沢山あります。
むしろずっと修理屋をしている方が少ないように思います。


その理由は、修理屋だけでは
安定して儲けるのが難しいからです。



posted by エコ8 at 11:51| 修理屋の本音

2016年08月01日

ウイルス対策ソフトは何がいい?  (修理屋の本音)

お客様によく聞かれる質問です。



その場合、既に使われているソフトがあれば、
特にお勧めはしません。



購入直後であれば、
お勧めしても、気を悪くされるだけだからです。


その理由は、
MSE(マイクロセキュリティエッセンシャル)が
お勧めだからです。
(Windows8以降はWindows Defender に統合されています。)


このソフトは無料です。
無料のもので充分だと考えています。



ただし、お勧めしておいて矛盾しているかもしれませんが、
ウイルスバスターが私は好きです。




負荷が少なく、
スキャンが速いからです。
マカフィーも使っています。



これはあまり使わないパソコンに入れています。
仕事上、どうしてもMSEだけでは
機能が足りないのです。



検出率を上げるための
併用もあります。
(併用といっても、同じパソコンには入れていません。)


修理をしていて感じた事があります。


ウイルスに感染する人は、
何を入れていてもダメ。



逆にウイルス対策をしっかりとしようと考えられる方は、
あまり感染しない。と、いうことです。



ウイルスに感染する経路は、
人のスキを狙った物がほとんどです。



一番の対策は
普段から感染に気をつける使い方をする事だと、
常々感じています。

posted by エコ8 at 10:02| 修理屋の本音

2016年04月08日

パソコンを直すうえで修理代の次に大切な事

パソコンを持ち込まれて
修理代金が高い場合、
修理するかどうかを
悩まれる場合があります。



しかしながら、金額なんて問題ではなく、
もっと大切な事を重視している方も
少なからずいらっしゃいます。



その大切な事とは、
早く直すということです。



大切なデータや作業があるから、
急ぎで持ち込まれている方がほとんどです。



推測していたよりも早く修理が完了して、
直ぐに電話をすると、思った以上に
感謝された事が数えきれない程あります。



見積り等もそうです。明日までに・・・、
なんて思ってやっていると
確実に人は去ってゆきます。



小さい店舗では
価格で勝負する事ができません。



強みを生かすとすれば、
細やかな対応と素早い対応です。



そのような経緯で、
どうすれば少しでも早く直せるか、
と考えてから作業に
とりかかるようにしています。




posted by エコ8 at 16:43| 修理屋の本音

2015年11月26日

パソコンを覚えるのにメモは必要ありません

サポートやパソコン講習を行っていると、
よく「メモ帳もってくるから、ちょっと待っててください」
と言われます。




そして説明の度にメモ帳に記入され、
メモ用紙がどんどんたまってゆきます。




当然、最低限の操作やパスワードや
IDなどをメモされる分には良いのですが、




なんでもかんでもメモをされると、
どこにメモをしたか分からなくなっている方が多いのです。





メモ用紙だけで分厚いマニュアルが
作れそうなくらいです。





私もよく忘れます。
何度も忘れます。
それでも何度も調べます。




パソコンはインターネットにつながっていれば、
なんでも調べる事ができます。




忘れれば調べればよいのです。
調べる頻度が増えれば、探すのが上手になります。




探すのが上手になればパソコンが上達するんです。

posted by エコ8 at 13:38| 修理屋の本音

2015年09月22日

「最近の修理屋はすぐリカバリをしようとする」その理由

近年問い合わせの多い不具合は、
「正常に起動しない」というものです。




それも決まって月の中旬に電話がかかってきます。




理由はというと、ウィンドウズアップデートが
毎月第2水曜日にあるからです。




自動アップデートにしておくと、気づかない間に
ダウンロードして、終了時に自動的にインストールされます
。画面には「更新中です。シャットダウンしないでください。」
などと表示されていると思います。





ノートパソコンでアダプターをつないでいないと、
この更新中にシャットダウンしてしまうんです。
また、なかなかシャットダウンしないものだから、
電源を引っこ抜いたなんて方も多くいらっしゃいます。





この更新が起動に重要なファイルを
多く含んでいるものだから、起こるのです。





このような理由で起動しなくなった場合は、
リカバリなしで完全に直すには膨大な時間がかかってしまいます。
平均6時間程度で完全に直せる方法があれば、
そちらを選択するのは明白という訳です。





保存されているデータの量や、
パソコンの性能等によりリカバリにかかる時間は変わりますが、
この6時間という時間。





ウイルスに感染しているパソコンや
原因不明な不具合であった場合、
簡単に上回ってしまう時間なんです。





どうしてもリカバリができない特殊な例を除き、
リカバリを早く決断する事で修理にかかる時間と
料金を最小限に済ませ、
完全に直せる最良の方法であると言えます。





過去にお客様の意向で、
リカバリをしないで30時間以上かけてシステムを修復した事があります。
修理後、チェックではエラーは確認されなかったのですが、
後になってインターネット接続時に不具合が出る報告を頂きました。





お客様にとっても、修理をした者にとっても
後味の悪い結果となってしまいました。





ちなみに一言「リカバリ」といっても、
データ退避に1時間程。リカバリ作業1時間。
残りがウィンドウズアップデート、各種ソフトの設定、
データ戻しとなります。笑えない話なのですが、
一番時間を取られるのはウィンドウズアップデートかもしれません。




posted by エコ8 at 13:55| 修理屋の本音
人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール