2016年03月26日

フィッシング詐欺防止セキュリティソフト不具合

先日、メンテナンスをしている会社の重要なパソコンに、
不具合が出たとの連絡がありました。



ネットバンキングの決済をしているパソコンで、
複数の銀行を取り扱っています。



突然ブルースクリーンになり、
シャットダウン・再起動してしまったとの事です。



エラー後に以下のように表示されたそうです。

-------------------------------------------------------
Windowsは予期しないシャットダウンから回復しました

次にオンラインになるときに、問題の解決策をオンラインで確認できます。

問題の詳細の非表示  後で確認 (C) キャンセル
-------------------------------------------------------


nzsess.exeというファイルが
問題のようでした。




AhnLab(アンラボ社)が提供している
セキュリティソフトのようです。




その他にもPhishWallというセキュリティソフトが
インストールされています。




さらに調べてみたところ、銀行決済時の
フィッシング詐欺を防ぐ為に、
インストールをしなければならず、
そのセキュリティソフトは銀行ごとに違うのです。




そのセキュリティソフトどうしが
干渉しあって、不具合が起きていました。




通常のウイルス対策ソフトでもよくある事で、
お互いを、怪しい動作をしているプログラムだと認識します。
だから、1つしかインストールが推奨されないのです。




この不具合はセキュリティソフトの
アップデート直後に起こりました。




銀行のサポート窓口に連絡を
されましたが、何時間もつながらなかったそうです。



電話が殺到していた事と想像がつきます・・・。




解決する方法は、セキュリティソフト自体を
銀行の決済をする時だけ立ち上げるというものです。




「プログラムとファイルの検索」欄で
msconfigと入れエンターを押します。




スタートアップのタブの対象の
プログラムのチェックを外し、
適用⇒再起動で立ち上がらないはずです。




仕様が変更されていれば、
ソフト自体に自動起動しない設定が
付けられている可能性もあります。



決済時の起動の為に、インストールされているフォルダの
実行ファイル(exe)のショートカットを分かりやすい所に
作成しておくと良いかと思います。

人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール