2016年02月09日

フリーソフトをインストールする時の保険

フリーソフトには故意・悪意を問わず、
パソコンに問題を引き起こすものが多くあります。



基本的にはフリーソフトは
なるべくインストールしないように
心掛けているのですが、
どうしても利用したいフリーソフトがある場合、
必ずある保険をかけてインストールします。



その保険とは
「レジストリのバックアップ」を
作成しておくことです。



レジストリはソフトを起動するための設定や
場所が記録されているものです。



このレジストリを
ソフトをインストールする前の状態に復元できれば、
アンインストールしなくても、
そのソフトは起動できなくなるという訳です。



このレジストリの作成は、
もともと大きな変更があった場合には
自動で作成されています。



しかし、なぜか作成されていない事が
多々ありますので、手動で行うことで
的確な時点まで戻れるという次第です。



レジストリのバックアップ方法は
以下のとおりです。



プログラムのとファイルの検索欄で
「regedit」と入力しエンターキーを押します。⇒
「レジストリ エディター」が起動したら、
ファイル(F)の「エクスポート(E)」を押します。
⇒保存場所はC:の直下が良いです。


任意の分かりやすい名前(アルファベットと数字)を
付け保存ボタンを押します。
バックアップファイルの拡張子は.regになっています。


Windowsがもし起動しなくなっても、
DOS上から復旧しやすくする為に
バックアップファイルはC:直下に作る事をお勧めします。



補足:
残ったファイルは手動で消さない限り
ごみとして溜まっていきますので、
多用すると容量を圧迫する可能性が
ある事を忘れないようにしなければなりません。

人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール