2015年11月22日

パソコン出張サポートをする上での暗黙のルール その6 (お断り編)

サポートの依頼はほぼ電話でかかっきます。
その時に、明らかに怪しい口調の方が
少なからずいらっしゃるのです。




「パソコン壊れたんだけど、おたく修理屋?」
「今すぐ直しに来れる?」
と言われた事があります。




一般的には
「パソコンが壊れたんですけれども、そちらは修理屋さんですか」
「本日訪問できますか」
のところです。




当然ですが、上の口調のお客様の
訪問依頼は受け付けません。




電話担当と訪問サポートをする人間が違うので、
勝手に受け付けて、訪問せざるを得ない事が何度もありました。




高確率でもめます。
最初からケンカごしなのですから。




気に入られて何度も呼ばれた事もありますが、
それも困ります。




何故困るかと言うと、
犯罪がからんでいる可能性のある作業が多いからです。





断る時の受け答えは用意しています。





「申し訳けございません。人員が足りない為、
修理業務は現在休止しているんです。」
です。




おそらく多くの業種に共通する事とは思います。



人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール