2015年11月13日

無線内蔵のはずなのに無線が使えない原因

無線に関する相談で意外と多いのが、
タイトルにある「無線内蔵のはずなのに
無線が使えない」というものです。




これは初めて無線を使おうとする方と、
今までは利用できていた方で分けられます。




初めて使おうとしている方で多かった原因が、
「そもそも無線が内蔵されていない」と
いうものです。




無線のスイッチが付いているのに
内蔵されていない機種がこの世には存在するのです。
無線のようなスイッチが実はBluetoothだったなんて事もあります。




今では無線の内蔵されていないノートパソコンを
見つける方が難しいようになりましたが、
少し前まではそのような仕様が多かったのです。





次に、突然無線が使えなくなったという相談です。
つながらないのでは無く、
無線の設定画面さえ出なくなったという事例です。





この場合に多い原因として子機の故障です。
USBポートに接続するタイプはぶつけたり、
付けたまま力が加わって故障する事が多いのです。
内蔵のタイプであっても稀に故障して認識しなくなった事例が
ありました。





それからドライバが原因であるものです。
どういった過程でなったかは分かりませんが、
ドライバが正常に動作しない為、
無線子機を認識できないというものです。




その場合の対処は、
「デバイスマネージャー」から「×」や「?」になっている
ネットワークアダプターを削除して再起動してやります。



ここで自動でインストールされれば完了。
されなければ、メーカーから「ワイヤレスネットワークアダプター」の
ドライバをダウンロードしてインストールしてやります。




posted by エコ8 at 10:33| 無線LAN関連
人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール