2015年09月22日

「最近の修理屋はすぐリカバリをしようとする」その理由

近年問い合わせの多い不具合は、
「正常に起動しない」というものです。




それも決まって月の中旬に電話がかかってきます。




理由はというと、ウィンドウズアップデートが
毎月第2水曜日にあるからです。




自動アップデートにしておくと、気づかない間に
ダウンロードして、終了時に自動的にインストールされます
。画面には「更新中です。シャットダウンしないでください。」
などと表示されていると思います。





ノートパソコンでアダプターをつないでいないと、
この更新中にシャットダウンしてしまうんです。
また、なかなかシャットダウンしないものだから、
電源を引っこ抜いたなんて方も多くいらっしゃいます。





この更新が起動に重要なファイルを
多く含んでいるものだから、起こるのです。





このような理由で起動しなくなった場合は、
リカバリなしで完全に直すには膨大な時間がかかってしまいます。
平均6時間程度で完全に直せる方法があれば、
そちらを選択するのは明白という訳です。





保存されているデータの量や、
パソコンの性能等によりリカバリにかかる時間は変わりますが、
この6時間という時間。





ウイルスに感染しているパソコンや
原因不明な不具合であった場合、
簡単に上回ってしまう時間なんです。





どうしてもリカバリができない特殊な例を除き、
リカバリを早く決断する事で修理にかかる時間と
料金を最小限に済ませ、
完全に直せる最良の方法であると言えます。





過去にお客様の意向で、
リカバリをしないで30時間以上かけてシステムを修復した事があります。
修理後、チェックではエラーは確認されなかったのですが、
後になってインターネット接続時に不具合が出る報告を頂きました。





お客様にとっても、修理をした者にとっても
後味の悪い結果となってしまいました。





ちなみに一言「リカバリ」といっても、
データ退避に1時間程。リカバリ作業1時間。
残りがウィンドウズアップデート、各種ソフトの設定、
データ戻しとなります。笑えない話なのですが、
一番時間を取られるのはウィンドウズアップデートかもしれません。




posted by エコ8 at 13:55| 修理屋の本音
人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール