2019年08月12日

パソコン修理屋が選ぶ最も優れた液晶クリーナー

メンテナンスをしているので、液晶クリーナーを良く使います。メンテナンス先のパソコンは10台程あり、毎回、結構な汚れが付いています。液晶を綺麗にして、使用者の目を疲れさせない事も大切な作業だと考えています。

そこで問題になるのが、どの液晶クリーナーが良く汚れが落ちて綺麗になるのかということです。アマゾンでまとめ注文したり、電気量販店に行ったときにまとめて買ったりしていました。


金額の変動が激しい分野ですので、毎回同じものを購入しようとしいても高くて諦めることがありました。ですから、色々な種類の液晶クリーナーを使う機会ができたのです。

そして、そのなかで一番使いやすい液晶クリーナーが「エレコム クリーナー ウェットティッシュ 50枚入り」です。型番は、WC-DP50N3 です。安い時は250〜300円なのですが、品薄になると750円くらいになってしまいます。


高いときは、サイズが少し大きく枚数も多い「エレコム クリーナー ウェットティッシュ 110枚入り」型番 WC-DP110LN3 を購入しています。アマゾンではどちらもあわせ買い商品で、注文金額が2,000円以上にならないと購入できません。


それも品薄で無い事があります。そんな時は、「エレコム クリーナー ウェットティッシュ 液晶用 詰め替え用 70枚入り」型番 WC-DP70SP3 を買います。


いつも買っている入れ物を取っておけば入れ替えて使えます。「毎回、これを買えばいいじゃないのよ」と思われるかもしれません。でも何回か入れ替えていると、取り出すところのフタがもげて取れちゃうんです。それから1枚あたりの金額は、ボトルタイプを買ってもあまり変わりません。

さらに、大きいサイズの方にしか使えないので、全部の空ボトルが使える訳ではないんです。

どうしても無い場合は、他のエレコムのクリーナーを買います。液晶クリーナーでエレコムを上回る使い心地のものには出会ったことがありません。

強力タイプなどもありますが、この水色の普通のクリーナーで充分、頑固な汚れを落とすことができます。
それから、拭いたあとの液晶面がムラが残らず、とてもキレイに仕上がるのが一番の強みです。
【このカテゴリーの最新記事】
posted by エコ8 at 13:40| 修理道具紹介
人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール