2019年07月11日

ウィンドウズ7のサポート期限まであとわずか 【準備すべき事】

ウィンドウズ 7 が利用できるのも、あと少しとなりました。今までで一番完成度が高いと思ったOSです。ウィンドウズ XP の時もそう思いましたが、XPよりも完成度は格段に高いと思います。

一緒にウィンドウズ 10も使っているのですが、出た当初よりも使い勝手が良くなり、移行しても問題ないくらいに良いOSにはなっています。でも最後の最後まで「ウィンドウズ7を使いたい」と、思っているのは私だけではないはずです。

CD がどこに行ったか分からず、インストールできないソフトやら、7 では動くけれども 10 で動くかどうか疑わしいソフトを沢山使っています。そんな環境を激変させるような移行はしたくないので、今の今まで7を使い続けました。

そんな悪あがきができるのも、あと半年程となってしまい、泣く泣くウィンドウズ 10 の OS を購入して準備だけは進めて来ていました。

まだご存じでない方のために、お得な情報です。
「ウィンドウズ7のプロダクトキーでウィンドウズ 10 がインストールできます。」

マイクロソフトのサイトより、ウインドウズ 10 インストール用のデータを USB メモリにダウンロードし、そこからインストールするというものです。 SSD に交換して行うと20分程度でウィンドウズ 10 にできるんです。

ウィンドウズアップデートも20分くらいあれば完了してしまいます。私は会社にある数台のパソコン分のウィンドウズ10を入手しておりました。その額おおよそ10万円。必要の無い出費をかけてしまった次第です。

パソコンを買い替えるより、 SSD に替えて自分でウィンドウズ 10 にする方が圧倒的に安上がりで快適です。しかし気を付けなければならない点もあります。

ウィンドウズ 10 はインストールできる CPU やスペックが決まっています。対応していない CPU であったり、極端にメモリの量が少ない場合はインストールできません。

そうは言っても、私の周りでは出来ないのは1台だけでした。ほとんどのパソコンは出来ると言えます。 XP の時もそうでしたが、ウィンドウズ7のサポート切れが近づくと、それに関わる製品の値段が高騰します。

パソコンをどうしても買い替えなければいけない方や、SSD ・メモリを買う予定の方は、準備はしておいた方が良いかもしれません。
posted by エコ8 at 13:40| OS関連
人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール