2019年04月30日

偽造品の Windows 7 を疑われて信用を失った事件

ni88.jpg


昔、あるお客から OSの再インストールを依頼されたことがあります。OS は Windows 7 Home Premium です。自分でインストールしようとしたけれども、「これは偽造品だからインストールできない」という趣旨の表示が出てきて進めないというものです。

パソコンに付属して DPS 版のものを当店舗で販売していました。お客は完全に「ニセモノを売りつけられた」というような口調で、半分怒り気味に来店しました。私はその不具合を知っていたので、「ああ、例の不具合ですね」とセキュリティレベルを下げて認証を通しました。

この不具合はマイクロソフトの公式でも発表されています。解決方法として、「セキュリティレベルを下げてやる」というものでした。それ以降は正規品では無いというメッセージは出なくなったのですが、そのお客さんは、一切疑った事を謝ることなく、帰られました。

あれから数年経ちますが、半ば常連さんのように来てパソコンを組み立てていたのですが、一度も来店はありません。「おそらく、偽造品だけど、何かして、ごまかしたんじゃないのか?」と、思われたのかもしれません。
人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール