広告

posted by fanblog

2017年11月22日

パソコンを直すうえで手順が大事な理由

今日、事務所に出勤する時に起こった出来事です。


毎日通る道があります。
自動車整備工場の前の路上に車が止まっていました。


整備をしている人が車の出し入れをしている。
そんな毎日の出来事なのに、ある事にヒヤリとしました。


ウィンカーを出さず、後方確認をせず車を発車させたので、
ヒヤッとしたんです。まあ、よくある事なのですが、
今回の相手は車の整備をするプロです。


もし修理を頼んでいるお客だったらどうでしょう。
もうここへは頼まないかもしれないと思ったんです。


何故かというと、ルールを守らず危険な事を平気でする人に、
車の整備を任せたくないからです。


車の整備をしてもらうことは大切なことです。
高速道路で突然故障したり不具合で死ぬことだってあります。


命に直結するような整備を「まあ、これくらいいいか」
なんて考えの人に任せたくないというのが本音です。


パソコンも同じなんです。


USBを抜く時に、毎回右下の
「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」を、
ちゃんと実行している人はどのくらいでしょう。

実際のところ、これをしなくても
99%は問題は起こりません。
でも、ごく稀にとんでもないことなります。


Windows7環境で使っているUSBを、
Windows10に刺して同じことをしていると、
USBのファイル構造が破壊されることがあるのです。


その他にも、データ書き込みが終わっていない事で
ファイルが破損してしまうこともあります。


面倒なことですが、正しい手順を守っていると大変なことも
起こりにくいですし、何よりそれを見たお客様の信用にかかわってくると思います。


普段から手順を守るという事は、
仕事の正確性・お客様の信用を得る上でとても大事なことだと、
朝の出来事で再認識させて頂きました。


ウィンカーを出さずに飛び出した整備士の方、ありがとう〜。


SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 32GB [国内正規品] SDCZ33-032G-J57




20時よりナイトセール開催中



人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。