2017年03月22日

データが何もないのに空き領域が無い?

最近ある不具合の修理依頼が多くなりました。


そのある不具合とは、
「ハードディスクの空き容量が無くなっている」というもの。


ここまでであれば、
「要らないデータを消せばいいでしょ」となります。


しかし、ことはそんなに
簡単なものではありませんでした。


何が容量を圧迫しているのか、
調べる為にフォルダを選択してプロパティで調べてみたところ。


無いんです。
何も容量を圧迫している物が。


隠しファイルなのかと、
見えないフォルダ・ファイルを可視化しても無し。


閲覧履歴が溜まっているのかと削除してもダメ。


何かのエラーログなんかが、
不可視のまま占有しているのではないか。


そう思った私は、CCleanerという不要なファイルを見つけ出して
自動で削除してくれるソフトを使いました。


⇒ http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ccleaner/ (窓の杜)


的中です。使ったところ、
あっと言う間に30GBが解放されました。


また、別件でも同じ症状があり、
試したのですが、その件では改善されませんでした。


違うところは、先ほどの圧迫ドライブがCドライブだったところを、
今回はDドライブだったことです。


仕方なく、データを一旦Cドライブに退避させ、
Dドライブをフォーマット。


データを元に戻して作業を完了しました。


Cドライブでなければ、システムファイルが無いので、
このような作業ができるという訳です。


3月になって、同じ症状のパソコンを多く見かけるようになったので、
何か大きなバグのあるソフトウェアがあるに違いありません。


Internet Explorer か、Adobe Flash Player か、
Adobe Acrobat Reader か・・・そのあたりでしょうか。




posted by エコ8 at 14:27| サポート記録




人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール