2016年02月25日

パソコン修理屋として大切な事

パソコン修理屋として大切な事を考える
良い機会がありましたので紹介させて頂きます。



先日、夕方に会社に営業の方が来ました。



「店長はおられますか」



身なりはスーツでは無く普段着。
顔は無精ひげを蓄え、名前も会社名も
名乗らず開口一番にこう言われました。
少々口臭も気になりました。



歳は若く、学生さんが何かのイベントで
またやってきたのかと最初は思っておりました。



良く話を聞くと、どうも違うようでした。



「買取をしている小さな店舗とお客を結ぶ仕事をしている」
とおっしゃいます。



東京からやって来たともおっしゃいました。
「失礼ながらお歳をうかがって良いですか」と、
伝えると、24歳である事が分かりました。



会社は法人として立ち上げ、
五千万円の出資を集めたとの事。



パンフレットは無く、話を聞いても
漠然とした内容で言っている内容が
良く見えてきませんでした。



「単価の低い物を扱われているじゃないですか」

「単価の高い物を買い取れるよう紹介しているんですよ」

とおっしゃいます。



話しませんでしたが、数万円から数十万円の
買取はありますから、数百万円の買取の事を
言っているのだと理解しました。



「それだと五千万円程度の資金では
直ぐに足りなくなりませんか」と私が言うと、



「うちの会社は買取はやっていませんから」と、
返事が返ってきました。



買取もしない会社が買取の斡旋をするとは、
どういう了見だろうと感じました。



それは難癖では無く理由があります。
高額な商品を買い取る場合、
色々な問題点が出てくるからこそ感じた事です。



第一に、偽物を見分ける為の経験と知識が必要です。
それは鞄、時計、カメラ、衣類、家電、宝石貴金属と
広い分野であれば大変です。



目利きを誤って偽物を買い取ってしまうと、
全て損失になってしまいます。



東京からの斡旋ということは、
こちらは出張買取になるのでしょう。



古物の「行商」申請が必要になります。
また、買取品目の変更申請も必要です。



とりわけ大きな問題点としては、
潤沢な資金の準備、買取用資金の保管リスク、
買取商品の保管リスクの問題が出てきます。



それに付随して移動費、訪問先での
査定用具の準備に加え、
細かなリスクが沢山あります。



買取の経験を積まずして、
問題点は見えません。



営業さんのお話を伺っていてると、
「知識、経験、ノウハウはありませんが、
費用とリスクを貴方が負って契約してもらえませんか」と、
言われているように感じました。



この時、怒りとか理不尽という感情よりも、
憐れみに近い気持ちになりました。



当然、ご提案は丁重にお断りさせて頂きました。



これがもし、無精ひげが無く、
スーツで来店し、パンフレットを出しているだけで
印象が違ったように思います。



24歳で会社を興し、営業で全国を回っているというのは、
正直すばらしい才能だと思います。



私もかつて似たような過ちを
犯した時期がありました。



商売をやっていく上で本当に大切な事は、
金銭では無い
という事。



その事に気づくのに遅れてしまうと、
取り返しがつかなくなります。



今回はその事を再認識する
良い機会となったと思っています。



その方には是非とも成長して
成功してもらいたいと感じます。


2016年02月12日

ウイルス対策ソフトのインストール依頼。

常々思っていたことがあります。
侮ると痛い目に遭う。という事です。
今回はその例のような案件です。



中古で購入したパソコンに
ウイルス対策をして欲しいとの依頼です。
機種はSONY 一体型デスクトップパソコン
VPCL13AHJ です。



スーパーセキュリティZEROを
ご自身で用意されいました。



早速、ソフトをインストールしようとすると、
「このページは表示できません。」
「準備中」等と表示され先に進めない状況です。




調べたところ、原因はIEのバージョンが低い為でした。
現在のIEのバージョンが7、
それを11にすることにしました。



その為には、ウィンドウズアップデートを
最後まで進めてやる必要があります。



途中で「更新プログラムの確認」を押しても
2時間以上確認の状態が続き
エラーが出る不具合に見舞われました。



調べてみると、ここからウィンドウズアップデートを進める為には、
javaを最新の状態にする必要がありました。
またセキュリティ上、古いjavaをアンインストール。
フラッシュプレイヤーも最新のものをインストールしました。



それから3時間程アップデートを繰り返して
「最新の状態です」となりました。



しかし、SP1が適用されていなかったので
「更新プログラムの確認」を押してみると
重要な更新プログラムが新たに表示されました。



さらに、ここから最後までアップデートを進めるのに5時間程かかりました。



やっとのことでウィンドウズアップデートと
IEのバージョンアップが完了し、
「スーパーセキュリティZERO」をインストールしました。



インストールには名前、メールアドレス、
パスワードを入力する必要があった為、
それをうかがってのインストールとなりました。



終わるまでにかかった時間は約11時間。
残業と休日出勤で時間を要する作業となりました。



昔、法人のウイルス対策ソフトインストール作業の見積りで
3,150円を高いと言われた事があります。
ソフトなんて「CD入れてインストールするだけだろ」と
思われたのでしょう。



たかが対策ソフトのインストールですが、
不具合が出ないか事前調査・インストールする前のパソコンの調整・
作業報告・インストール後のサポートがあるのです。



どんな些細と思える事でも、
しっかりやれば、それなりの作業量になるのです。


posted by エコ8 at 19:14| サポート記録

2016年02月11日

Outlook2010で「要求された操作は失敗しました」のエラーメッセージ

お客様からの問い合わせで、
アウトルック2010でアカウントを追加しようとしたところ、
「要求された操作は失敗しました」のエラーメッセージが出るとの事。




訪問対応する事になりましたので、
予測できる原因と対策をまとめました。




◆予測原因1 プログラムの実行が互換モードになっている

修正方法
Outlook2010のアイコンの上で右クリック⇒
プロパティ⇒互換性タブをクリック⇒
「互換モードでこのプログラムを実行する」
のチェックを外す⇒適用・閉じる




◆予測原因2 プロファイルに問題がある

修正方法
プロファイルを修復もしくは作成しなおす。
「ファイル」を選択⇒アカウント設定で
アカウント設定を選択⇒
メールタブでアカウント(プロファイル)を
選び「修復」を選択し指示に従う⇒Outlookを再起動




◆予測原因3 アウトルック自体に不具合がある

修正方法
Outlook2010の再インストールを実行。
予めバックアップの作成やシリアルキーの
用意を行い作業にとりかかる。




訪問して予測原因1を調べたところ、
チェックがありました。
互換モードの所に。



チェックを外して試したところ、
あっさりと改善しました。
使っていた方は何故ここにチェックを
入れたのか悩みますが、
素早く復旧できて助かりました。



2016年02月09日

フリーソフトをインストールする時の保険

フリーソフトには故意・悪意を問わず、
パソコンに問題を引き起こすものが多くあります。



基本的にはフリーソフトは
なるべくインストールしないように
心掛けているのですが、
どうしても利用したいフリーソフトがある場合、
必ずある保険をかけてインストールします。



その保険とは
「レジストリのバックアップ」を
作成しておくことです。



レジストリはソフトを起動するための設定や
場所が記録されているものです。



このレジストリを
ソフトをインストールする前の状態に復元できれば、
アンインストールしなくても、
そのソフトは起動できなくなるという訳です。



このレジストリの作成は、
もともと大きな変更があった場合には
自動で作成されています。



しかし、なぜか作成されていない事が
多々ありますので、手動で行うことで
的確な時点まで戻れるという次第です。



レジストリのバックアップ方法は
以下のとおりです。



プログラムのとファイルの検索欄で
「regedit」と入力しエンターキーを押します。⇒
「レジストリ エディター」が起動したら、
ファイル(F)の「エクスポート(E)」を押します。
⇒保存場所はC:の直下が良いです。


任意の分かりやすい名前(アルファベットと数字)を
付け保存ボタンを押します。
バックアップファイルの拡張子は.regになっています。


Windowsがもし起動しなくなっても、
DOS上から復旧しやすくする為に
バックアップファイルはC:直下に作る事をお勧めします。



補足:
残ったファイルは手動で消さない限り
ごみとして溜まっていきますので、
多用すると容量を圧迫する可能性が
ある事を忘れないようにしなければなりません。

2016年01月30日

パソコンを遅くしていた意外な原因 (リカバリ後に行う調整)

先日、パソコンのハードディスクが故障した為、
交換後にリカバリを行いました。



リカバリを終えて、調整をしていたところ、
動作がとても遅いのです。



パソコンのスペック自体は
低くはないにも関わらずです。



何に原因があるのか分からない為、
色々調べてみました。



そして、インストールされているプログラムで
不要と思われるものを一つ一つ消していると、
あるソフトをアンインストールした直後に
サクサクと動作するようになりました。



そのあるソフトとは
「ウイルスバスタークラウド2012評価版」です。



プログラムが古いため、
パソコンの動作に影響を与えていたのが
原因と思われます。



他にも不要と思われるプログラムは
全てアンインストールしました。



リカバリ後には、とても重要な
作業の一つではないでしょうか。






2016年01月22日

フリーズの意外な原因 (電源の特殊な故障)

自宅のパソコンが稀にフリーズをしていました。



フリーズのタイミングは一貫性が無く、
一カ月以上も何も無かったり、
一日に3回フリーズする日もありました。



タイミングからも熱が原因では無いものでした。
また、記憶領域はSSDだったのでここも考えにくいのです。



ですから、ファン周りの掃除、メモリテスト、
グラフィックボードの交換、コード類の整理、ドライブ類の切断。



ありとあらゆるチェックを行い、
不具合の原因を見つけることが出来ずにいました。



心の中でマザーボードかなぁ
と思ってはいたものの、そのままにしていました。




そうこうしていると、起動時に電源のファンの音が
うるさくなったので、別の電源と交換をしました。



取り外した電源はファンを掃除をして、
別のパソコンに取り付けました。



そして・・・取り付けたパソコンを使用し始めて
数十分後に・・・なんとフリーズしたのです。



まったく同じ症状です。



今まで電源の故障と言えば、
立ち上がらないか突然シャットダウンするものと思い込んでいました。



そういえば寒い日に
よくフリーズしていた事を思い出しました。



コンデンサが劣化して低温だと、
性能が下がり電圧が不安定になるんでしょうね。きっと。



人間もパソコンも寒いのにはめっぽう弱いんです。



週末は数十年に一度の寒波が来るそうなので、
気を付けなければいけませんね。


2015年12月24日

ドライバーの自動アップデートソフトは必要?

よく広告でドライバーアップデートを自動で
行ってくれるソフトを見かけるようになりました。



そういったソフトは実際に役に立つものなのでしょうか。




答えはノーです。
役に立つどころか、正常に動作しているドライバを
何の理由もなく新しいものに更新する事は、
パソコンが不具合を起こす原因になります。




ソフトの表記で「ドライバーの古さ」ステータスは
何の意味もありません。
古くなければ動作しない環境はたくさんあります。

IMG_5069_b.jpg


メーカー名は表示せずに、マイクロソフトのパートナーとだけ
表記しているのも頂けません。
実際はパートナーでもなんでもなく、
お金を払えば取得できるライセンス等にすぎません。




お客様で気づいたらインストールされていて、
表示されるがままに手順に従い、
お金を支払ってしまった方がたくさんいます。




その中でも実際に返金請求をされた方がいらっしゃいます。
その方はメールで請求すると簡単に返金を受けることができました。




実は30日以内に返金請求をすれば、
すぐに返金に応じてくれる企業が多いのです。




それは訴訟や裁判になる事を避け、
圧倒的に多い、気づかない人からの収入で成り立っているからです。




ひどい物では毎月数千円をクレジットカードで
引き落とし続けるものがあります。
もし間違って契約してしまった場合は、
素早い対応が不可欠となります。



posted by エコ8 at 16:44| ドライバ関連

2015年11月30日

ハードディスクのメンテナンスのすすめ

パソコンの故障で最も多い物理的な故障は
ハードディスクの故障です。




データ復旧のお話をしようとも思いましたが、
今回は予防のお話をさせて頂きたいと思います。




ハードディスクは人間と同じで、
夏の暑い時と冬の寒い時に調子が
悪くなりやすい事が修理をしていて分かりました。




さらに人間と同じで、ハードディスクも大きな故障の前に、
何等かのサインがある場合が多いのです。




「起動時1回では起動しない」
「音がいつもと違う」
等です。




そして修理してきた中で最も多い原因が、
ハードディスク基板の腐食による接触不良です。

dataf_001.jpg


赤丸部分の裏が接触部ですが、
こちらからも腐食で色の変色が見て取れます。




この状態を放置しているといずれ起動しなくなり、
データの復旧も簡単にはできなくなります。




もし腐食が疑われる場合は基盤を取り外し、
腐食を取り除く事で延命する事が出来ます。

dataf_002.jpg


基盤を取り外すためには
T型トルクス(星形)ねじ回しが必要になる事があります。
ハードディスクごとに違いますので、
合った物を探してください。





外しましたら、私は接点回復剤というものを
使って腐食を取り除きます。
これは接点部分の腐食を取り除き、
以後の腐食を防いでくれる効果があります。





なければ研磨剤の入った歯磨き粉を
綿棒に付け、軽く擦る事で落とせます。
水分が残ってしまうとまた腐食してしまうので、
綺麗にふき取ってください。




世の中のハードディスクの故障原因の大半は、
実はこの接点部分の腐食が原因です。




パソコンやハードディスクレコーダーがすぐ壊れるという方は、
湿気の多い所に設置していませんか?


メンテナンスと共に環境管理をする事で、
故障は格段に減らす事ができます。

2015年11月28日

夜10時にサポート依頼。行くべきか、行かざるべきか。

サポートを始めて間もない時の事です。



夜10時に、今からすぐ来て欲しい
という依頼が入りました。




夜10時までサポートはしていましたが、
そのような時間に依頼が来た事が無かった為、
なんとか断ろうと考えておりました。




しかし、あまりにも懇願された為、
結局行く事になりました。




そして到着一番に言われたのは
「お客が来いといったら、朝でも夜でも直ぐ行きます、
というのが当然だろ」です。




言い方はやんわりとだったので、
当時「その通りですね」と作業をしました。




到着は夜11時程です。
午前2時ぐらいに終了して帰る事になったのですが、
電車で来たのですが終電が終わっています。
タクシーしか帰る手段がありません。




精算時に、深夜料金等という修理料金を
設定していなかった為、どうしようか悩んでいると、
「負けてよ」と言われました。





結局、正規の料金よりも安く精算し、
タクシーで事務所に帰る事になりました。





その後も何回か呼ばれ、修理をしたのですが、
最後は修理代金を踏み倒されました。





何度電話をしても、「今、入院しているから」
「今、忙しいから、手が空いたら振り込む」と。




そして半年経っても払って頂けなかったので、
訪問する事にしました。





そして言われた一言が
「あんた、バカじゃないの」
「それくらいの金額で来るなんて」
です。




いい歳の男が悔しくて泣きました。
金額は1万5千円程でした。
「払うつもりはない」
とおっしゃるので帰りました。




ただ、このような困難に遭遇すればするほど、
サポート人として成長する事は否定できません。




2015年11月27日

バッチファイルのすすめ

バッチファイルとは、
メモ帳などであらかじめコマンドを記述しておけば、
実行する事でコマンド入力を全て自動で行ってくれる
言わばプログラムです。



拡張子が 〜.batとなります。
サポートをしていると同じような
不具合に何度も出くわしました。




フォントファイルの破損やメールデータの破損・
スパイウェアの駆除等です。





その都度、ファイルを見つけ出し、
削除・ファイル名変更して再起動を行います。





見つけ出す為にパソコンの設定を
変更したりもしますので、
削除後に元に戻すことも必要です。






時間にして5分程度ですが、
バッチファイルを使えばこれを数秒で行えます。




サポート時には色々なバッチファイルを作成して
持ち歩いており、疑われる症状の場合に使用していました。




短縮できる時間は一つ一つわずかですが、
とりあえずコマンドで改善できる可能性のあるものを
実行して行けば短時間で原因をかなり特定する事もできます。


posted by エコ8 at 10:33| 便利な機能

20時よりナイトセール開催中



人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール