2012年11月15日

メールの送信ポートを25番から587番に設定変更する理由

いままでメールの送信ポートと言えば25番ポートが使用されてきました。
受信には昔からパスワードがかけられており、
他人に勝手にメールを受信されるという事はありませんでした。



しかし昨今ではスパムメールを送信する事が違法化されて、
他人のメールアドレスになりすましてスパムメールを送るという手口が横行しています。



ウイルスやスパイウェアで他人のパソコンに入り込んでしまえば、
簡単にメールを送り続ける事ができるのです。



そのような事が簡単に起こってしまうのは、
メール送信にパスワードがかけられていない為に起こっているものです。
メールというシステムができた当初は、メール送信が悪用されるとは考えなかったのでしょう。



ポートというのは、パソコンについているデータ送受信の為の
ドアと言い換える事ができます。


「メールの送信には25番ポートを通って外へ出ます」という事です。



そこで新しく提唱されている587番ポートです。
このポートを利用するのは、送信に認証の必要なメールです。


現在では、25番ポートも587番ポートもどちらでも利用できるプロバイダが多いのですが、
将来的には、25番ポートでメールを送れるプロバイダは無くなってしまうでしょう。



そうすれば世界で流通するスパムメールを格段に減らす事ができるのです。



ここまでは、パソコンに詳しい方であれば周知の事かと思います。





ここから私が本当に伝えたい本題に入らせて頂きます。




個人でも簡単に、この587番ポートを利用する事で
セキュリティを高める事ができます。



ルータを設置していれば、ルータに25番ポートを利用した通信を
遮断する設定をすればいいのです。



そうすれば、もしウイルスに感染してスパムメールを送るプログラムが入り込んでも、
ルータが遮断してくれるという事です。



通常、ルータは購入した状態のままでは、25番ポートは解放されているのです。

せっかくルータを持っていても、メーラーに587番ポート設定をしっかりしていても、
ルータの設定をしていなければ、もったいない事この上ない状況なのです。



下の画像はBuffaloのルータへ25番ポート遮断の設定をしているものです



現在ではプロバイダは送信サーバの監視をしていて、
あまりにも多い送信数になると、個別に連絡が行くシステムがあります。
スパムメールは防げるにしても、
25番ポートを利用した個人情報の抜き取り等には対抗できません。



ましてやパソコンを修理していると、
ウイルスやスパイウェアに感染したパソコンが持ち込まれる事は日常茶飯事です。



他人のパソコンのウイルスチェックで、自分の回線を使い
オンラインスキャンを利用することがどれだけ危険なことか、お分かり頂けたでしょうか。



毎日100通以上のスパムメールが届き、
フィルタにもれた2〜3通を毎日処理する事にもうんざりしている筆者としましては、
是非とも25番ポートが完全遮断される日が早く来るよう願っている次第です。



続きを読む...

2012年11月14日

Thunderbird(サンダーバード)でのBBIQメール送信サーバ設定

BBIQのメール送信サーバ設定をThunderbird(サンダーバード)にしている時に
分かりづらかったので記録として記述しています。


ツール→アカウントの左項目一番下に「送信(SMTP)サーバ」があります。



クリックすると送信サーバの設定ができるのですが、ここが分かり辛いのです。



「説明」は何も入力しなくても大丈夫です。
587番ポートを使用した設定をする場合、BBIQではサーバ名に「auth.bbiq.jp」と
入力してやる必要があります。25番ポートでは「smtp1.bbiq.jp」もしくは
「smtp2.bbiq.jp」となっていたものです。

接続保護は「なし」。認証方式は「暗号化されたパスワード認証」を選び、
ユーザ名のところへユーザIDを入力します。



587ポートは認証が必要ですが、選択項目が多い為、
最初に設定した方は戸惑うと思います。



また、Thunderbirdはパスワード入力が最初の送受信時に
設定するようになっている為、混乱する要素の一つとなっています。



間違ってしまうと、少しの間パスワード入力画面が出なく
なる場合があるので、さらに分かり辛いものとなってしまっています。



パスワードが他人に知られにくいのかと思えば、
ツール→オプション→パスワードから簡単にパスワードの
確認ができてしまいます。


会社でThunderbirdを使われている方は、
パソコン自体のパスワード保護をしなければ重大なセキュリティ欠陥に
なり得ますのでお気を付けを・・・。



2012年11月13日

弥生販売を入れたLenovo H520s のLAN接続が不安定だった原因


お客様のところの弥生販売の調子が悪いとの事で調査した案件です。
弥生販売プロフェッショナルで2ユーザーのものを使用されており、
クライアントとして設定したパソコンが、
サーバー側に置かれたデータを読みに行くようになっています。



症状は調子がいい時は普通に使えるのですが、
悪くなるとパソコンがフリーズしてしまう事がある。
レスポンスも遅かったり、早かったり安定しない状態。
メーカーのサポートを使って色々試しても解決しなかった。というものです。



コマンドプロンプトから他のパソコンにPingを打つと
timeの数値が異常な値になりました。通常はほとんど「1ms」になります。




他のパソコンから弥生販売のサーバーPC「Lenovo H520s」へ
Pingを飛ばしても同じように安定しません。



この事はルータ、ハブ、ケーブルと調べれるものは全て調べた結果。
このパソコンにたどり着き詳細に調べて分かりました。



ファイアーウォールを外しても、セキュリティソフトをアンインストールしても
問題が解決せず。



さらにLenovoのホームページに置いてあるLANドライバを
インストールし直してもダメでした。



オンボードであるLAN関連のハードが故障している可能性があるので、
USBのLAN変換アダプタを付け、そちらで接続したところ安定しました。



USBのアダプタを利用したのには理由があります。
本来、LANボードをのせたいところですがこのパソコンには
PCI-eポートしか搭載されていなかったのです。



現在PCI-eのLANボードは普通の電気屋さんには置いてないのです。
すぐに調達する必要性があった為、USBアダプタにしたという訳です。



症状としてはインターネットもファイルサーバアクセスも問題ありませんが、
弥生販売を立ち上げると接続に時間がかかることがしばしば有り、
操作しても反応に3分程度かかる場合が多いという状況でした。



もし弥生販売を使っていない環境であれば、
このことは確実に気づかない不具合だったと考えられます。



ハードの初期不良なのか、それともドライバの不具合なのか、
今後訪問する予定があるので検証したいと思います。


続きを読む...
posted by エコ8 at 00:42| ドライバ関連

2012年11月11日

パソコン起動時に出るフラッシュプレイヤーのエラー

パソコン起動時に出るフラッシュプレイヤーのエラー

Adobe Flash Player 11

ここ最近、起動時に下記のエラーメッセージが出るようになりました。
いずれ消えるだろうと思っていましたが、あまりにも頻繁に出るようになり、
改善を試みる事にしました。



---------------------------------------------------------------------------
Microsoft Visual C++ Runtime Library

Runtime Error!
Program C:\WINDOWS\...
R6025- pure virtual function call
---------------------------------------------------------------------------


再インストールをしてみる為にコントロールパネルからアンインストールを試みると、
下記のエラーメッセージが出てアンインストール自体ができない状態でした。




---------------------------------------------------------------------------
問題が発生したため、adove Flash Player Installer/Uninstaller 11.3 r:300
を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。

作業途中であった場合、その情報は失われた可能性があります。

この問題をMicrosoftに報告してください。
弊社に送信するためのエラー報告が作成されました。弊社では、この報告を匿名の機密
情報として扱います。
エラー報告に含まれるデータの参照 : ここをクリックしてください。

デバッグ(B)                 エラー報告を送信する(S) 送信しない(D)
---------------------------------------------------------------------------

アンインストールできない場合のアンインストーラーがアドビにありましたので、
そこからプログラムをダウンロードして実行。

Adobe Flash Player アンインストーラー ダウンロードサイト
http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/230810.html


パソコンを再起動した後、フラッシュプレイヤーの最新版をインストール。
その後しばらく様子を見ていますが、症状は改善されたようです。
試しにアンインストールを途中まで実行しても、
問題ありませんでしたので、この方法で改善できるようです。


posted by エコ8 at 22:08| エラー関連

2012年11月08日

エラーメッセージが出てオフィス2007がインストールできない不具合

Windows XP Home Edition をリカバリしたという方から、
Office 2007がインストールできないという相談を受けました。



エラーメッセージは「Setup Error このインストールパッケージの言語が
システムでサポートされていません。」と表示されます。




「コントロールパネル」→「地域と言語のオプション」→「テキストサービスと入力言語」
を見てみると「既定の言語(L)」が何も表示されていませんでした。



なぜこのようになったかは分かりませんが、色々試した結果、
「コントロールパネル」→「地域と言語のオプション」の言語タブ
「補足言語サポート」の「東アジア言語のファイルをインストールする(S)」に
チェックを入れると「Windows XP HomeEdition SP2のCDを入れてください」と表示され、
読み込ませると問題なく修復することができました。




これで、問題なくOffice 2007がインストールできると思い、
続けると次なるメッセージが・・・。



「D:\Personalr.WW\OSETUP.DLL digital signature does not validate or is not present.」

訳すと「セットアップに必要な有効なデジタル署名は存在しません」
というところでしょうか。



無論、正規のディスクですし、リカバリをかけたばかりですので
システムに問題があるとは考え辛いです。


気づいた点としましては、ディスク読み込み面に
大きな傷が付いている事でしょうか。



CD内のデータを一旦ハードディスクへ移し
インストールを始めると問題なく進む事ができました。



なぜこのような状態になったのか分かりませんが、
マザーボードがIntel製でリカバリ時にフロッピーディスクで
ハードディスクのドライバをインストールしなければいけないという、
特異なものであるのと関係があるやもしれません・・・。









posted by エコ8 at 16:09| エラー関連

2012年10月26日

TOSHIBA dynabook TX/65F 電源が突然落ちてしまうという不具合の修理

機種は東芝 dynabook TX/65F。症状は突然電源が落ちてしまうというものです。



落ちるタイミングが毎回違う為、ハード的なものの可能性が高いと判断しました。


まず最初に一番疑われる「熱」を検証してみることにしました。
ファン周りをエアーダスターで丹念に掃除した後、冷却台を使って起動するも、
起動後わずか30秒程で突然のシャットダウン、再起動。


排気口から熱もちゃんと排出しており、特にヒートシンクに熱が
伝わっていない症状はみられなかった。
おおよそ熱ではないと判断し、メモリテストを行いました。


「memtest+」を走らせ3時間程放置しましたがエラーは検出されませんでした。


メモリテストを行っている間に、ハードディスクを「CrystalDiskInfo」にてチェックをしましたが、
こちらもエラーは検出せず。念のため、新品のハードディスクに交換後、
リカバリをかけようと試みましたが、開始3分程のディスク読み込み中にシャットダウン。
これでハードディスクの線も消えました。



光学ドライブの可能性を考え、他のドライブに交換して読み込ませるも
シャットダウンは起こりました。


持ち込まれたパソコンは何故か、ACアダプタが純正ではなく、
Buffalo製のものでした。表記上ちゃんと対応しているものでしたが、
念のために電圧チェッカーでACアダプタを調べてみる事にしました。


なんとここで少し異変が見受けられたのです。
通常19Vで安定しているはずのものが、一瞬急激に電圧が下がる事が
あったのです。


固定していたピンが動いた事でそのようになったのかもしれないと思い、
何度かチェックをしていたら同じような症状が確認出来なくなってしまい、
修理チェック用の別のACアダプタでチェックを行うことにしました。


別のACアダプタでも症状が出てしまった為、ここでACアダプタが
原因である線を消しました。


以前に中にちいさなネジが入り込んでいてショートしている不具合があったので、
ノートパソコンを軽く振って異物が入っていないか調べたりもしましたが、
その様子もありませんでした。


最後にキーボード部を取り外し、検証をしましたがこれまた症状は改善せず。



ここまでの検証でマザーボードが原因である事を疑う余地が無くなってしまいました。
シャットダウンしてしまう症状が出る瞬間は、PCに高負荷がかかっている時でしたので、
電源系統のコンデンサに問題があるのではないかと推測しました。


一番やっかいな場所なので、同じような症例がないか
ダメもとでネットで検索をかけてみることにしました。
検索はgoogleで「dynabook TX/65F 電源が落ちる」。


そうすると・・・大量。同じような症状で質問をしている人や、
オークションでジャンクとして出品している同機種が山ほど。


どうやらこの機種特有の不具合で、ブロードライザという部品が
劣化して起こっているようです。


この「ブロードライザ」という部品。いったいどういう物か調べてみました。
「ノートパソコンのCPU用デカップリングキャパシタとして採用」
「電圧を安定化させてノイズを抑制する」とあります。


コンデンサの役目をするもので広い帯域において低インピーダンスであり、
薄型である特性を持つ高性能な部品という解釈を勝手にしました。


もしご自身で交換される場合は、「NEC TOKIN OE907 ブロードライザ」を
ヤフーオークションで落札して交換するのがよいかと思います。


細部までの分解とハンダ付けの知識が必要になりますので、
それなりの覚悟が必要かと思います。
時間にして3〜5時間。部品代は600円〜800円程度。


この案件、自分、もしくは友人のパソコンであれば間違いなく
交換修理をしています。面白そうですし、何と言っても部品代も安いですから。


しかしながら、お客さんのパソコンとなるとそうはいきません。理由は2つあります。


1つ目は電圧を安定させる部品が故障していたという事です。
昔はマザーボード修理でコンデンサ交換はよく行う修理でした。


しかしある時「パソコンが勝手にシャットダウンしてしまう」という症状の
パソコンのマザーボードのコンデンサ交換修理を行った直後、
またすぐに電源BOXが故障してしまった事がありました。


調べてみると、電源BOX内のコンデンサが破裂していました。
先に劣化していたのか、後に劣化したものかは分かりませんが、
他にも修理後、間もなく故障してしまった事例が少なからずありました。


お金を払って修理をしてもすぐに使えなくなるのであれば、
修理する意味がありません。


それ以来、お客さんのパソコンのコンデンサ交換は特別な時以外は
行っていません。特別な場合とは、そのパソコンでないと
処理できない仕事がある時や、説明を納得されてから修理する時です。


電圧が不安定な状況で長く使うと、他の部品の劣化を早めます。
先ほどの検証でACアダプターが純正でなくBuffalo製だったのは、
この「ブロードライザ」という部品が劣化したことでACアダプタが故障してしまい、
交換したものであるかもしれません。


また交換したBuffalo製のACアダプタに異常な兆候が見られたのも、
この為かと思います。


このように修理しても他の部品が劣化している可能性が高い故障の場合、
長くは使えないケースが多いのです。


交換したBuffalo製のACアダプタも劣化している可能性が高く、
しばらく使っていると再度交換しなければいけないかもしれません。


2つ目は修理代金の算出です。
部品交換作業代金のみで1万円以上は頂くことになります。
さらに今回はリカバリ作業も行わなければなりません。


「ブロードライザ」の部品代はいいとして、異常の見受けられたACアダプタを
また変えるとなると、お客さんにとって修理代合計は結構な額になってしまいます。


もし自分がこのパソコンの所有者で状態を知っていて、どのような修理を行うか
分かっていたら、お金を払ってまでは絶対に依頼はしません。


修理見積額は伝えていませんが、お客さんに状態を伝えましたら、
買いなおされると判断されました。


時間をかけて、修理をしない事を勧めていては、商売にならないかもしれません。
買い替えのパソコンを販売している訳でもありません。


しかし、今回の案件はこれが最善であったと今でも思っています。


2012年09月07日

修理に必要な道具1

パソコン修理に使う主な工具

@プラスドライバー3種 

それぞれネジにあったものを使わないとネジはすぐになめてしまいます。


Aマイナスドライバー2種

あまり使う機会はありませんが、無いと困る場面が必ず出てきます。


Bラジオペンチ(先が細く長いもの)

固いケーブルを外す場合やジャンパーピンを付けるときに役に立ちます。


Cニッパー

結束を切る時など。


Dドライバー着磁器

ドライバーに着磁する事も大事ですが、着磁を取る事もできます。


これだけあればパソコン修理用の工具は大丈夫です。
星形ドライバーなどもありますが、使う機会は
ほとんどありません。

エンジニア マイクロニッパー NP-05




SK11 マグネタイザー 着磁・脱磁 SMT01B



posted by エコ8 at 01:44| 修理道具紹介

2012年09月06日

修理屋のすすめ

パソコンの

修理屋になろうとしている人へ。

そして

修理屋からの勧め。

の2つの意味がこめられています。

posted by エコ8 at 00:43| (カテゴリなし)

20時よりナイトセール開催中



人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール