広告

posted by fanblog

表の作成

アルファベット順に戻る 仮名順に戻る



\begin{tabular}{|c|c|c|}
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
\end{tabular}

例:



\documentclass[10pt,a4paper]{jreport}

\begin{document}


\begin{tabular}{|c|c|c|}
\hline
a & b & c \\
\hline

d & e & f \\
\hline

g & h & i \\
\hline

\end{tabular}
\end{document}


効果:


役立てると思っている方は、




サーポートクリックをお願い致します。笑顔


活用:
1. 罫線のない表の作成:

〜〜〜〜略〜〜〜〜〜
\begin{tabular}{ccc}

a & b & c \\

d & e & f \\

g & h & i \\

\end{tabular}
〜〜〜〜略〜〜〜〜〜

効果:


役立てると思っている方は、



サーポートクリックをお願い致します。笑顔

2.今までの例は、表のセルの中身全部中揃えで、左揃えと右揃えはどうしたらいいでしょうか?例を見てみましょう。
*\begin{tabular}後ろの波括弧の中身を注目してください。

〜〜〜〜略〜〜〜〜〜
\begin{tabular}{|c|l|r|}
\hline
a & b & c \\
\hline

d & e & f \\
\hline

g & h & i \\
\hline

\end{tabular}
〜〜〜〜略〜〜〜〜〜

効果:


つまり、c→中揃え、l→左揃え、r→右揃え

役立てると思っている方は、

サーポートクリックをお願い致します。笑顔

この記事へのコメント

   
プロフィール

smokingDonkey
texmaker,latex勉強中〜〜 アフィリ勉強中〜〜
リンク集
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。