広告

posted by fanblog

2016年09月01日

危険性について

今回はポイントサイトの危険性についてです


「ポイントサイト経由でクレジットカードを発行するだけで、1万円のお小遣い もらえるんだよ!」と話したら、

「世の中そんなうまい話があるものか!詐欺だ!」と言われ、全然理解してもらえないケースがあるみたいです。

世間一般の反応としては危険に思うのは当たり前ですよね。「無料でお小遣い稼ぎ」みたいな事を言われれば、

怪しいし、危険なように思えてしまいますよね。



ですが、最近では三井住友の「ポイントUPモール」でも同じ広告やっていてポイントが、貰えるのですが

ショッピング広告しかなく大量にポイントを稼ぐことはできず

ポイントサイトには到底かないません。(ポイントサイトも一部上場企業があります)


ポイントサイトへのお金の流れについてです。

たとえば、クレジットカードの発行案件。年会費無料のカードを作るだけで1万円も手に入るなんて、

うれしすぎることですよね。


そのお金を最初に出すのはもちろんカード発行会社で、カード発行会社は、新規入会者をもの凄く欲しがっています。

そのために必要な予算もしっかり組んでいて、新規入会者獲得の方法としては、「TVでCMを流す」

「雑誌に広告を載せる」「空港やショッピングモールなど、入会してほしい顧客がいそうな場所で勧誘する」など。

どれもかなりお金がかかることです。

TVCMに巨額のお金を投じると、企業イメージはアップするかもしれませんが、何人の人が

入会してくれるかはわかりません。これに対してポイントサイトは、入会してくれた人数に応じて報酬を

支払うという仕組みのため、企業にとって、費用対効果が高いのです。

カード発行会社は、効果のよくわからないTVCMや、雑誌広告、街中での勧誘に何千万、何億と使っているのと

平行して、確実な販促方法であるポイントサイトも行なっているわけです。

カード発行会社は広告宣伝費の一部として、たとえば500万円をポイントサイトに渡します。

ポイントサイトはその500万円を元手にカード入会者を 募ります。1枚カードが発行されるたびに1万円を

入会者に渡していき、250人集まったところでやめます。すると、ポイントサイトは250万円儲かり、

250人の入会者はそれぞれ1万円ずつもらえ、カード発行会社は250人の新規顧客を獲得して

入会者が使った分、儲かるわけです。


実際にはカード発行会社とポイントサイトの間には、さらに会社がありますが流れは同じです。



新規客が欲しい企業→ASP→ポイントサイト→入会者

と、言うわけで、危険性は無いのです。


posted by earnpocketmoney at 09:17| お小遣い稼ぎ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。