フィリピン情報vol.642

ダバオ湾の水質悪化が問題となっている。環境研究のスペシャリストLemuel
Manalo氏は都市緑化プロジェクトを通して緑地をマッピングすることで、ダバオ湾
で昨今問題になっている大腸菌群数の増加に対処できるとする見解を発表した。

ダバオ市の水域で大腸菌が増加している主な原因としては、おそらくダバオ市の
水域に定住する人口に関係するという。
ダバオ市長のサラ・ドゥテルテ=カルピオ氏は、ダバオ湾のリハビリテーションに
ついて言及をしているが、大きな問題として、海岸線から離れた場所への移転で
影響を受ける可能性のある多数の市民について挙げている。

しかし、ダバオ湾の水質悪化への対策は急いだほうがいいかもしれない。
7月にダバオ市で開催されたトライアスロンのレースPenong’s 5150 Triathlon Davao
では直前の水質検査にてダバオ湾の水がレクリエーションに適さないと判断された
ことを受け水泳パートがキャンセルされ、2.5Kの走行の後に40キロの自転車、
そしてさらに10キロの走行というコースに変更されている。このような事例が
続けば今後のダバオ市で開催されるスポーツイベントなどに影響を及ぼす
可能性もあるだろう。

またManalo氏は、JICAがダバオ市のインフラ近代化研究の一環として
沿岸部の廃水処理施設建設の実現可能性調査を行っており、廃水処理施設も
この問題の解決に役立つ可能性があると述べている。

キレイなビーチが多いことで国内外に知られるダバオ。水質悪化を防ぎ改善
していく事は観光業の観点からも重要な事だといえるため、市を挙げて対応に
あたってほしいところだ。
Davawatchより

フィリピン情報vol.641

南国のダバオならではのトロピカルフルーツが、収穫期を迎えてお買い得に
なっているらしい。バンケロハン公設市場およびマグサイサイ果物市場協会で
販売されている果物の価格調査によって判明した。

例えばドダバオを代表するフルーツ、ドリアンの価格は、以前の1kgにつき
100〜300ペソから、現在は1kgにつき60〜100ペソとなっている。
バンケロハン公設市場とマグサイサイ果物市場協会は、ダバオ市のカリナン
およびトリルから果物を調達しており、今後1kgにつき40〜50ペソまで価格が
下がるとの予想も出ている。
カダヤワン祭りの時期となり、多くの観光客が訪れるダバオ市。
せっかくダバオに旅行にきているのであれば、お祭りを楽しむのはもちろん
一人でも多くの人に、お手頃価格でダバオならではのトロピカルフルーツを
味わってみていただきたい。

フィリピン情報vol.640

ダバオ農業省代表Noel Provido氏は、中国の大規模な市場の需要に応えるため
ココナッツの品種であり、独特な風味と香りで知られているAromatic Green Dwarf
を植えることを、ダバオ地方の農家に奨励した。

中国では、新鮮で完熟していないココナッツ(ブコ)などの、フィリピン産
ココナッツ製品の市場が開かれた。ミンダナオ島は、これらのココナッツの
出荷を行っており、特定品種の需要が伸びていることを受け、供給力を上げるために、
当該品種の栽培に興味がある農家に対して、技術支援が行われている。
また、7月26日には、ココナッツ初出荷の式典が、地元企業の
Eng Seng Food Productsによって主催されている。

世界で美容や健康食品として注目を集めるココナッツ。
世界的な需要の高まりは、地域経済にとって大きな利益をもたらす機会であり
ミンダナオで作られる製品のさらなる発展を促すことにもつながっていくだろう。
Davawatchより




   
プロフィール

ドリパラ
     南国ダバオが好きです。    (o´・Υ・)ノ・*:..o○ョロシクゥ○o..:*・ヽ(・Υ・`o)
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事