フィリピン情報vol.633

公共事業道路省(DPWH)によるダバオ・サマル橋プロジェクトに関する
勧告に沿いダバオ地方開発協議会(RDC-Davao)はエクストラドーズド橋の
建設に対する支持を表明した。

DPWHのLilibeth Rico氏によると、サマル島・ダバオ市(SIDC)プロジェクトの
実行可能性調査では箱桁橋や以前提案された海底トンネルを含む6つの選択肢のうち
エクストラドーズド橋が最も有望であることを示したとのこと。

RDC-Davaoもまた、エクストラドーズド橋が最も財務的、技術的、環境的
経済的そして社会的要因の観点から基準をよく満たしていると述べている。

ダバオ市-サマル島間の移動時間を短縮及びアクセシビリティの改善を目的とした
今回の橋プロジェクトは、R.Castillo-Daang MaharlikaからCircumerential Roadまたは
Southern Corridor Alignmentに沿って建設される予定。

また、本橋はダバオ市沿岸バイパス道路プロジェクトに接続される予定となっており
これはダバオ市の交通アクセスを改善し渋滞を緩和するためのもう一つの主要インフラ計画だ。

ダバオ市政府は、ダバオ市内、特に隣接都市間の渋滞問題に取り組む必要性を認識している。
これはSIDCプロジェクトのような迅速な行動と共に、ダバオ市をビジネスおよび観光ハブ
として成長させるための重要な要因となるだろう。

Davawatchより



フィリピン情報vol.632

比エネルギー省(Department of Energy:以下DOE)は
今回、今後数か月間にわたりエルニーニョが発生した場合でも
ミンダナオ島は安定した電力を供給できると発表した。
また、夏期中の電力供給の低下が予想されること以外、
現在のエネルギーミックスで十分であることを保証している。

DOEのRedentor Delola氏によれば、ミンダナオではおよそ800MWもの
余剰能力があり、今年の電力需要を満たすのに十分な電力供給があるそうだ。
供給は2020年まで十分持つと付け加えたほか、翌年の合計余剰電力は
1,000MWに増加すること、年内の電力需要は2,300MWに達し、それ以降も
年々増加していくことが予想されると述べた。

この他にもDOEは、需要の増加を見越して、より多くの発電所が今年中
にも着工されることそれらが2021年までに完成する予定であると語っている。

さらにDelola氏は4月3日に開かれたMindanao Energy Investment Forum
(ミンダナオエネルギー投資フォーラム)において、石炭や石油探査と
いった電力ソース以外にも投資可能な機会が多いことを発表している。

Davawatchより

フィリピン情報vol.631

ダバオ市で最も注目されていると言えるモノレール建設およびダバオ埠頭の
近代化プロジェクト。
Udenna Corporationは今回、これらプロジェクトの建設は早くて2020年から
着手される可能性が高いと発表した。

特に今回のモノレールプロジェクトは、都市内の大量輸送システムとして
機能する国内初のモノレールになると期待されている。

13キロメートルの距離を走行する鞍乗型モノレールは、15の駅を持つほか
おおよそ10万人の乗客が利用すると提案されている。そして本プロジェクトが
完成した際は、最終的にBangkal地区とSM Lanang Premierショッピングモール
を繋ぐことになる予定だ。

これらプロジェクトは現在、国家経済開発庁(National Economic Development
Authority)の審査および承認待ちである。

ダバオ市では最近、増えるインフラ計画やビジネスに対して活発に取り組んでいる。
交通や渋滞といった主な問題を解決していくことが、市の急速な発展に繋がる
のではないだろうか?

Davawatchより

フィリピン情報vol.630

ダバオ市観光局(Davao City Tourism Operations Office:以下、CTOO)の
Generose Tecson氏は観光客数の増加に対処するため、CTOOはより多くの
多言語ツアーガイドを求めていることを発表。

CTOOの公式Facebookページでは、ダバオ観光省(Department of Tourism)
が認定した18人のツアーガイドが掲載されているが、需要を満たすためにも
少なくとも30名が必要だとTecson氏は述べている。
ツアーガイドとしては、英語や北京語、日本語、韓国語などの多言語が話せる
応募者が好ましいとのこと。

Tecson氏曰く、2018年における観光客数は240万人を記録しており
今後も客数が増えていくと予想されている。
特に中国人観光客が著しく増加したことから、CTOOは教育ツアー向けの
精通したガイドを多く必要としているそうだ。

海外観光客とコミュニケーションが取れる認定ツアーガイドを持つことは
ダバオ市の観光セクターの信頼性をより高められることに繋がるだろう。

Davawatchより
   
プロフィール

ドリパラ
     南国ダバオが好きです。    (o´・Υ・)ノ・*:..o○ョロシクゥ○o..:*・ヽ(・Υ・`o)
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事