フィリピン情報vol.616

今や商業の中心となり、フィリピン南部ならではの楽しいバカンスを体験したい観光客の旅行ハブにまで成長しているダバオ市。そんな中、地元の市民に嬉しい朗報が飛び込んできた。

ダバオ市商工会議所(Davao City Chamber of Commerce and Industry, Inc.)
の発表によれば、同市は今年から新たな国際線が2点追加されるそうで、
10月28日よりダバオ-香港の国際便、今年中にはセブ市経由のカタール-ダバオ
乗継便の就航が予定されている。

香港行きの国際便は同国を拠点とするキャセイドラゴン航空が、
カタール-ダバオに関しては同国のフラッグキャリアにして
国営航空会社であるカタール航空がそれぞれ運用することになっている。

これらの国際線が就航されたら、ダバオならびにミンダナオの人々は
世界の主要市場にアクセスすることが可能になり、
地元の観光がより盛んになることにも繋がるだろう。

さらに最近はダバオ-日本間の直行便についても市政府が
積極的に要請しており、日本国内の海外労働者も含め、
多くの人々が支持している。

Davawatchより







フィリピン情報vol.615

セキュリティチェック、顔認識、バイオメトリックスキャン、バーコードリーダー、
スマートカード認識などの機能を1つのシステムに統合した最新入国審査E-GATESが
ニノイ・アキノ国際空港、マクタン・セブ国際空港、クラーク国際空港、
ダバオ国際空港に導入された。

E-GATESが導入されたことによって、1人につき8〜15秒で入国審査を
完了させることが可能となった。

ダバオ国際空港では2018年10月18日、マレーシアのクアランプールからの
乗客の入国審査に初導入された。このような自動化された技術を使うのは
ダバオ空港初の試みである。

国際航空運送協会(International Air Transport Association)は
先駆けて導入したE-GATES をFast Travelプログラムと称し、
国際的なゲートウェイの入国審査プロセスを簡素化、
効率化を目的としている。

入国管理官によるとE-GATESは、特にホリデーシーズンの長い
入国審査の行列の緩和だけでなく、入国管理局のセキュリティ機能
の強化も可能になるという。

ホセリサール像【日比谷公園】


PhilippinesFesta2018‗008.JPG

フィリピン情報vol.614

現ダバオ市長のサラ・ドゥテルテ=カルピオ氏は、来年行われる選挙について
一連のインタビューに応じ、次期市長も継続する意志を明らかにした。
一部報道では次期大統領選への立候補の噂も飛び交っていたが、
現時点ではその意志はないようだ。

さらにサラ市長は記者団に対し、元ダバオ市の副市長で昨年の12月に辞職した
パオロ・ドゥテルテ氏が第1地区の下院議員に立候補することも明らかにした。
しかしこの情報については、パオロ氏本人からの声明は出されておらず、
選挙に向けて家族や支援者達との会合を重ねている段階だ。

さらにサラ市長は、具体的な人物名は明らかにしていないが、既に副市長の候補者
の選定を行った旨も発表しており、着々と準備を進めている様子が伺える。
同氏は既に新たな施政方針を掲げており、再選された場合には、
現在よりもさらに効率的に数多くのプロジェクトが進められるだろう。

ダバオ市は現大統領のロドリゴ・ドゥテルテ氏が1988年にダバオ市長に
選出されて以来、長きに渡ってドゥテルテ一族がを市政を握り、
経済はもちろんのこと、治安回復などに多大な貢献をしている。
また大統領は以前、自身の孫がダバオ市長になる姿を見たいと語っており
今後のドゥテルテ家の動向にも注目だ。

Davawatchより

フィリピン情報vol.613

2018年10月2日から5日にかけて、第16回日比祭り(Philippine-Japan Festival)が
「歴史、文化遺産、そして友好を記念して」のテーマのもと、ミンダナオ国際大学、
フィリピン日系人国際学校で開催された。

本祭では、日本・フィリピン文化体験教室、相撲大会、日比英語上映会、
墨絵ワークショップ、学生によるフィリピン文化展示が催され盛り上がりを見せている。
なかでも、メインイベントの一つである日比祭り日本語スピーチコンテストは
小学生部門、中学生部門、高校生部門、大学生部門、教員部門、長期滞在部門の6部門開かれた。

小学生は統一課題の群読、中学生部門から自らの文章でのスピーチを発表する。
また、今年はダバオ日系人会100周年を記念し、大学生部門では「日比友好関係への提言」
のテーマのもとの出場者が登壇した。

大学部門で見事優勝したFretch Loraine G.Sibさん20歳は
「初出場ということもあり、とても緊張しましたが、先生や叔母、
友人からの応援で頑張れました。」とコメントした。スピーチの中では、
将来は外交官としてフィリピンと日本の架け橋になるという想いを語った。

Davawatchより
   
プロフィール

ドリパラ
     南国ダバオが好きです。    (o´・Υ・)ノ・*:..o○ョロシクゥ○o..:*・ヽ(・Υ・`o)
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事