楽天



フィリピン情報vol.598

フィリピン入国管理局は5月16日に、本年度1月から4月までの
外国人入国拒否者数は1521人であったと発表した。

この数字は昨年同期の1700人より減少していて
国別では中国国籍が583人で最多で
次にインドが123人、韓国103人となっている。







フィリピン情報vol.597

ダバオ市に都市廃棄物の処理が可能なエコパークを建設予定

都市計画開発局(City Planning and Development Office)の局長である
Ivan C. Cortez氏は、ダバオ市内で日々発生する廃棄物について
国際協力機構(Japan International Cooperation Agency:以下、JICA)より
廃棄物処理が可能なエコパークの建設が推奨されていることを明かした。

富山出張2

富山城・・・夜の顔

DSC_0168.JPG

富山出張

富山城・・・夜の顔

DSC_0166.JPG


フィリピン情報vol.596

ダバオ市を訪れる観光客数が順調に増加している
2018年の第一四半期の時点で、ダバオ市を訪れた観光客の数が昨年の同時期の459,104人から、
18%増の543,279人となっていることがわかった。
市観光局責任者であるテクソン氏は「この結果は、多くの会議やエキシビション
イベント、大きなスポーツ競技会等が市内で開催されたからだと考えます」と説明した。

ダバオのお祭り「第81回Araw ng Dabaw」やアイアンマン・トライアスロンレースが
開催された2018年3月の1ヶ月間だけで、ダバオ市は198,427人の観光客を迎え入れた。
  
一方、第二四半期では、CTOOは500,000人が訪れることを目標としている。
2017年は戒厳令が発令されていたにも関わらず、初めて200万人を超し
2,009,879人の観光客がダバオ市を訪れた。
  
2015年からは観光客の数は毎年順調に5~7%づつ増え続けている。
テクソン氏によると、CTOOは2018年全体で7%増を目標としているとのこと。

フィリピン情報vol.595

ミンダナオ紛争和平の行方を左右するバンサモロ基本法の審議が大詰めを迎えている。

十数万人の犠牲者を出したとされるフィリピン・ミンダナオ紛争和平の行方を
左右するバンサモロ基本法(BBL)法案の審議が大詰めを迎えている。

ドゥテルテ大統領が月内会期中に可決するよう議会に要請。
期限が迫る中、議会が再開する15日から上下両院が深夜まで
「マラソン審議」を行う案も持ち上がっている。

 イスラム教徒のサンコパン下院議員(アナック・ミンダナオ)によると、
下院の地方自治委員会と平和統合調和特別委員会の合同委員会は15日にも、
本会議でのBBL法案審議と、現在のイスラム教徒自治区(ARMM)の
廃止を求める委員会報告を承認する見通し。

フィリピン情報vol.594

何の前触れもなしにマニラ湾沿いの観光地に設置され、物議を醸していた慰安婦像が

撤去されたことが明らかとなりました。

慰安婦像があったマニラ市のエストラダ市長は、撤去に関しては公共事業高速道路省の管轄で、

市は関与していないと指摘する一方、フィリピンの悪い過去は埋葬すべきだと話し、

慰安婦像を建てた団体を非難した。

また当初、慰安婦像は国の表現の自由の一部だと指摘していたドゥテルテ大統領は、

「日本は何年も前に賠償を始めている」「彼らを侮辱するのはやめよう」と述べ、

慰安婦像を公共の場に設置することに反対を表明し、どこかの私有地に設置すべきだ

との考えを示しています。
   
プロフィール

ドリパラ
     南国ダバオが好きです。    (o´・Υ・)ノ・*:..o○ョロシクゥ○o..:*・ヽ(・Υ・`o)
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事