2021年07月28日

土用の丑の日!うなぎを食べよう!




From ヨッシー

「土用の丑の日にはウナギを食べよう」というのは、日本人なら誰でも知っていることかもしれません。

たくさんの人が食べに行くうなぎ専門店、ファミレス、スーパーやデパートの鮮魚コーナ、コンビニでも、「土用の丑の日」と書かれた美味しそうなウナギのポスターに心が惹かれてしまいます。

本当はうなぎ専門店に行って美味しいうなぎを食べたいけど、なかなか簡単に手の出せるお値段じゃなくなってしまったので、とりあえず、吉野家のうなぎで満足することにしました。

さて、なんで土用の丑の日に、うなぎを食べるのでしょうか?

うなぎにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果な成分が多く含まれています。

だから夏バテの防止には、ピッタリの食材であることは間違いありません。

ただ土用の丑の日にうなぎを食べる習慣がついた理由は、宣伝広告によるものだと言われています。

江戸時代のことになりますが、蘭学者の平賀源内が考案したという説が有力です。

うなぎ屋の店主に「夏になるとうなぎの売り上げが落ちる」と相談を受けた平賀源内が、店先に看板を立てさせたそうです。

その看板には「本日、丑の日」と書かれていたそうです。

「土用の丑の日うなぎの日。食すれば夏負けすることなし」と宣伝しました。

この宣伝のおかげで店は大繁盛したそうです。

そして、これを他のうなぎ屋も真似をして、いつの間にか風習として根付いて行ったそうです。

これが日本初のコピーライティングと言われています。

今では、土用の丑の日にウナギを食べるのことが当たり前のことになっているので、どれだけ影響力のあったセールスコピーだったかが分かりますよね。

「元気に暑い夏を乗り切れますように」という願いを込めて、とても美味しい鰻を十分に楽しむのも良いかなと思います。

ちなみに、今年の土用の丑の日は7月28日(水)の1日だけです。

来年の2022年は、7月23日(土)と8月4日(木)と2回あるようです。

やっぱり土用の丑の日くらいは、うなぎを食べてみたくなりますね。

5171416_m.jpg









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10877319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
こちらもどうぞ!
" >最安値チケットをお探しの方はコチラ
" >九州グルメ大集合!
" >ご当地グルメ!いいとこどり
" >いつまでも美肌を保ちたいあなたに
プロフィール
ヨッシーさんの画像
ヨッシー
プロのコピーライターとして九州で活動しています。読者の皆さんが元気でポジティブになれる情報や、笑顔で過ごせるために役立てる情報をたくさん発信していきます。これからもよろしくお願いします。アニメを使ったプロモーション動画作成もやっています。宣伝広告作成が必要な方は遠慮なくご相談ください。
プロフィール
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ