2021年07月25日

意外と知らない農業問題




From ヨッシー

日本の農業の問題といえば、農業従事者の高齢化、後継者不足、自給率の低下といったことをイメージする人が多いのではないでしょうか?

実は、もっと深刻で大きな農業問題が存在していたのです。

これは私も全く知らなかったことなのですが、私以外にも知らない方は多いのではないかと思います。

その深刻で大きな農業問題が何かというと「農薬問題」なのです。

農薬は、殺虫剤や殺菌剤、除草剤など、作物を綺麗な状態で出荷するために必要なものです。

でも、できればあまり農薬を使わずに育てた作物を食べたいと思うのではないでしょうか?

農薬をたくさん使っている作物は、やっぱり体にとって良くないと思ってしまいます。

私の勝手なイメージかもしれませんが、農作物に大量の農薬を散布しているのは中国やアメリカといった広い敷地面積で農業を行なっている国だと思っていました。

日本で作られた作物は、そんなに農薬が使われていないので安全だと思っていました。

でも、これが間違った認識だったのです。

実は、作付単位面積あたりの農薬使用量は、世界でもトップクラスだったのです。

ちなみに、中国の農薬使用量は、農地1haあたり13kgで世界のトップレベルです。

日本の農薬使用量は、中国とあまり変わらずに11.4kgなんだそうです。

アメリカはどうかというと、日本の5分の1しか使っていませんでした。

ヨーロッパ諸国は、EUの政策によって意図的に農薬を減らしているそうです。

イギリスが日本の4分の1、ドイツ、フランス、スペインは3分の1、オランダは5分の4、デンマークは10分の1。スウェーデンが20分の1だそうです。

私は日本の農作物は安全だと思い込んでいたのですが、資料から見ると、決して楽観できる数値ではないことがわかりました。

農薬や化学肥料を使った野菜は、体にとって害になるだけではなく、発癌性のリスクを高めたり、土壌を貧弱にして野菜の栄養価を下げたりする問題にもつながっています。

でも、そうした農薬問題と真剣に向き合って、体にとって害にならない野菜を作るのに努力している生産者もどんどん増えてきています。

オーガニックや自然栽培で、消費者が安心して食べられる食材をこだわって提供してくれています。

そうしたオーガニックや自然栽培の野菜をしっかりと見極めて選ぶことも、これから必要になるのかもしれないなと思いました。

できるだけ体にとってリスクの少ない食材を吟味することが必要になります。

そのためには、どんな生産者が、どんな思いを込めて、こだわりの野菜を生産しているのかといったことを知ることも大切です。

例えば、地元の道の駅にいくと、野菜を作った生産者を写真付きで紹介してくれている情報を一緒にのせてくれています。

生産者の顔や人となりが見えると、やはり安心して食材を使うことができます。

今はネットの発達に伴って、信頼できる生産者から直接、新鮮な食材を購入することもできるので、そうしたサービスを利用してみるのもおすすめです。

人生100年時代

いつまでも健康な体を維持するために、安全な食生活習慣を作るためにも、安心できる食材を使うようにしましょう。

1772614_m.jpg











この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10871726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
こちらもどうぞ!
" >最安値チケットをお探しの方はコチラ
" >九州グルメ大集合!
" >ご当地グルメ!いいとこどり
" >いつまでも美肌を保ちたいあなたに
プロフィール
ヨッシーさんの画像
ヨッシー
プロのコピーライターとして九州で活動しています。読者の皆さんが元気でポジティブになれる情報や、笑顔で過ごせるために役立てる情報をたくさん発信していきます。これからもよろしくお願いします。アニメを使ったプロモーション動画作成もやっています。宣伝広告作成が必要な方は遠慮なくご相談ください。
プロフィール
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ