2016年03月28日

ブログの写真とキャラクタが盗用された


この記事は私のもう一つのブログ、

オレンジ猫族」で起こった出来事について、

書いています。




ある日、

自分のブログにコメントが付いているのに気がついた。

ブログの名前は、「オレンジ猫族」である。

まさか自分のブログにコメントが付くなんて、

予想はしていなかった。

ブログを始めて2年近くになるが、

初めて読者からの声を頂いた。

内容はと言えば、残念ながら良い話ではなく、

私のネネの写真を使って自分の Twitter に

書き込みをしている人がいる、

と言う連絡であった。

情報によれば、

さも自分の猫であるようなコメントも付けているようだ。

信じられぬ思いでそのTwitter を覗いてみると、

ネネの画像がアイコンとして登場していた。

画面をスクロールして行くと、

ネネの幼い頃の写真が続々と出てくる。

猫の名前はネネではなく、

自分の猫の名前であろう名前で呼ばれている。

ただし、ネネは雌猫なのにその記事の中では

雄扱いになっている。

腹立たしく思いながら画面を流していると、

あらら、私の写真まで出てきた。

画像をぱくるだけでなく、

キャラクターまでねじ曲げられていた。

何か世の中の一番嫌な所を見せつけられた思いである。

今のネットの世界はほぼ無法状態である。

ウィルス、スパムは当たり前で、

安全だと思っていた Web からダウンロードすれば、

いつの間にかマルウェアにコンピュータは支配される。

折角技術が進歩しても、

不埒な人々が起こす問題をソフトが対策するために、

一向にコンピュータの処理速度が速くならない。

困ったものだ。

今回の問題もどう対処しようかと考えたが、

2チャンネルみたいに罵倒の浴びせ合いも好きではないし、

面倒くさいのも嫌いだし、

炎上させても閉鎖で終わりだし、

時間が掛かるだけで問題の解決にはならないだろう、

と言うことで、

読者の皆さんへのご報告だけに留めようと今、

この記事を書いています。

ご報告して頂いた「匿名」様、

ありがとうございました。



pakurareta00.jpg




posted by kaz at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年04月11日

チャッピ死す


老猫チャッピが死んだ

仕事に出るため身支度をしていると、
太い声で呼ぶ声が聞こえた。
単発なのでどこから発せられているのか解らない。
しばらくするとまたその声がする。
何の声なんだろう、と不思議に思った。
再び声がするので声の在処を探しに
家の中を歩き回る。
裏口辺りを伺うが、
何の変化も無いし気配も無い。
再び身支度のために台所に戻ってくると、
また、あの声がした。
声が発せられている元は
チャッピの家からだった。
中をのぞいてみると
チャッピが横たわり、
私の顔を認識すると
そーっと顔をのぞかせてきた。
何かつらそうである。
口には泡のようなものが着いていた。
目はうつろだ。
最近、身体がめっきり弱ってきており、
毎日のように嘔吐を繰り返していた。
消化能力もかなり衰え、
15歳以上用の専用食を与えても
消化不良を起こし嘔吐を繰り返した。
いま、いつものような身体の動きは全くなく、
横たわったまま顔をこちらに向け、
じーっと見つめているだけである。
急いでティッシュを取りに行き、
口の周りをぬぐってやるが、
顔を一回背けただけで次の動作が無い。
異常を感じたのですぐに息子を呼びに行く。
チャッピは息子(次男)がまだ幼い頃
2歳ぐらいだろうか、
その時に貰われてきた子だ。
息子はあと三日で二十歳になる。
息子とは大の仲良しで、
終始一緒にいたものだ。
幼稚園の車での送迎には
いつも車の中で待っていた。
外に出るのはこの時ぐらいで
ひとりで外に出ることは一切無かった。
私とはいつも喧嘩していたが、
いつも息子に抱かれて幸せそうだった。
呼ばれた息子も驚いたように猫の家をのぞき込み、
そしてその姿を認めた。
チャッピは大分歳を取っているし
今は生気も感じられないので、
もう駄目だろうと息子に告げた。
目はうつろで身動きもせず
横たわっている。
呼吸もしているのかしてないのか解らず、
半開きの目は私を認識しているのだろうか。
しばらく頭や身体をなでてやっていると、
目は閉じられた。
とうとうチャッピは死んでしまったのか。
チャッピの家の中が少し汚れていたので、
息子に掃除をさせ最後の介護を頼んだ。
猫の家はきれいになり
安らかに眠っているだろうと見てみると、
お腹の辺りが動いている。
うっん、まだ生きている!
しかし呼吸は復活したものの
身体は固まったままである。
最後にちょっとだけ吹き返したのだろうか。
少しは持ってくれるかもしれない。
私は仕事に出た。
夕方、妻が帰宅し私の電話を鳴らした。
「チャッピが死んじゃった。
何で連絡してくれなかったの。
最後にだっこしてあげたかったのに」
涙声で妻は訴えた。
息を吹き返した時、
このまま生き続けられるとは
思ってはいなかった。
そうだ、
なんで電話してあげなかったんだろう。
18年一緒に暮らした家族だったのに。
でも、それはもう元には戻せない。

IMG_1882b.JPG

安らかに


タグ:猫の死
posted by kaz at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年09月10日

子猫の排泄

子猫は生まれた直後は自分で排泄することが出来ず、親猫が子猫のオシリをなめることにより誘発されて排泄すると聞きます。我が家の子猫も同じで、湿したティッシュでオシリをなでてやり初の排泄となりました。そういうこととは露知らず、ころころまん丸太った子猫と思っていたのは、生後からのウンチが沢山詰まっていたからで、見事なウンチでした。以降、気を付けながら刺激を与えていますが、おもらしは日に何度かありました。オシッコが出る直前、身体を縮こまらせ小さな声でなく仕草がありますが、ずっと監視している訳ではないのでなかなか気がつきません。現在、オシッコシートでトレーニング中です。・・・・・
それから1週間経って、
オシッコシートでのトレーニングとして、ティッシュについたオシッコをシートの上に置き、自分のオシッコの臭いで誘導しましたがなかなかうまくいきません。いろいろ調べて見たところ、木材をつかった猫砂が良いらしいと言うことなので早速購入し、浅い小箱に木材猫砂を入れ、催しそうになったところを見計らいその砂箱に入れました。何度か繰り返すうちに、砂を前足でかき始め、オシッコの仕草をするようになり、とうとう自分でするようになりました。本能なのでしょう、砂を掛け自分の臭いを消すことを、誰も教えないのにやっています。砂遊びも好きなんでしょうね。これでやっと、トイレ監視から解放です。この頃はまだミルクしか与えてないので、ウンチをするたびに、猫シャンプーでオシリ洗いが必要でした。(とてもゆるかったので、、、(^^;;)
猫は基本的に水を嫌うので、洗うのは大変です。無理に洗って水をもっと嫌いになると後々面倒です。全身シャンプーが待っていますから。気を遣いながらの作業となります。猫は拘束を非常に嫌い、押さえつけたりすると以後何もさせてくれません。本気で威嚇してきます。そこが犬とは全く違うところですか。洗った後はタオルで拭き、ドライヤーで乾燥です。・・・
現在、
ミルクは卒業し、離乳食です。トイレ後の始末は非常に楽になりました。よく見るとくっついている時があるので、ウェットティッシュで拭き取りです。トイレのタイミングは自分でやってます。猫の成長は早いです。人間のほぼ10倍の早さで成長しています。離乳食も2〜3日で終わるので、それからは固形食に入ります。生まれてから2ヶ月で、ほぼ普通の食事になります。何か、自然ってすごいですね。


ミルクを飲んでいるころ
授乳

授乳

この哺乳びんを見ると飛んできました。ミルクも大好きでした。
授乳

授乳









森乳サンワールド 哺乳器細口乳首 スペア付き


新品価格

¥720から

(2014/9/7 11:21時点)

ワンラック (ONE LAC) キャットミルク 50g


新品価格

¥710から

(2014/9/7 11:27時点)

森乳サンワールド ネコちゃんの離乳食 150g


新品価格

¥830から

(2014/9/11 23:57時点)



 


posted by kaz at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年08月15日

オレンジ色の猫が

ある日突然、子猫がやってきた。庭に出てみると何か鳴き声がする。鳥かな?最初はそう思ったが、良く聞くとちょっと違う。何とも言えない声。絞り出すような、鳴き声でなく押し出す声。物置の引き戸を開ける。聞こえる。中を探す。立てかけた箱の片隅にそのオレンジ色の子猫はいた。


オレンジ子猫13


オレンジ子猫01
タグ:
posted by kaz at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年07月05日

うちの猫

うちには猫がいる。真っ黒な猫だ。年は18,猫年齢で言うと88歳ぐらいらしい。年期の入ったおババである。無愛想で人になつかず、私の姉などが来ると「フゥーッ」と威嚇する。何回来ても同じである。私の家族に対しても無愛想であるが、怒りはしない。しかし、手を出し触ろうとするとするりと逃げる。可愛げの無い猫である。そんの奴でも一つだけ自分から近寄ってくる場合がある。それは腹をすかした時である。いつもは知らんぷりの奴だが、この時はそれこそ猫なで声ですり寄ってくる。現金な奴だ。もともとは妻が貰ってきて世話してた猫だが、今ではトイレ掃除や餌やりは私の仕事になってしまった。あんまり猫は好きでは無いんだがな〜。介護しているような気分である。
タグ:
posted by kaz at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) |
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール