2016年03月06日

私の好きな番組

 私は余りテレビを見ないしラジオも余り聴かない。テレビはコマーシャルが多すぎるし、最近の流行にも興味が無い。ラジオも同様でちゃらちゃらしたおしゃべりが多くそんな番組は好きではない。そんな中、唯一ではなく唯二で見る番組、聴く番組がある。どちらかというとテレビよりラジオの方が好きで、野村訓市の「TRAVELLING WITHOUT NOVIG」、野村克也の「ビートルズから始まる」この二つは欠かさず聴く。ラジオパーソナリティとしてのこの2人には何とも言えない魅力を感じる。そもそもこの2人には共通点があるようにも思える。ぎらぎらしてないさっぱりとした男の臭いを感じる。毎週ラジオはインターネット経由でradikaで録っていつも車の中で聴いている。ゆっくり車を走らせながら、野村訓市の話に耳を傾けていると、いつしか旅の途中にいるような気分になってくる。走る道はまっすぐな道よりも曲がりくねっていた方が良い。だから最近はラジオを聴くために走るルートを変えた。そして毎日旅気分で会社まで車を走らせる。スピードは控えめにゆっくりと走る。せめて一日のうちの何時間は現実を逃避したいものだ。
 テレビの番組で見るのは、「ワンピース」と「ホンマでっか!?TV」この二つだ。昔からアニメは好きでドラマよりアニメを好む。しかし今流行のアニメは好まない。鋼の錬金術師とか攻殻機動隊とか、オギー&コックローチとかかが好きでよく見ている。今日もワンピースを見たが、何か人間的で奥底に熱いものを感じる事が出来る。ぱっと見ると戦いばかりで人がよく死んだりしているが、そればかりではないから沢山のファンがいるのだろう。見る時の自分の心境で、内容の解釈が驚くほど変わってくる。なかなかストーリーが先に進まないが、物語の結果を見たいのではなく、目的に向かって行く途中での出来事を味わっているのである。この作者の想像力と展開は尊敬する価値がある。
 「ホンマでっか!?TV」については、司会者と出演者のギャップと空気の流し方が面白い。内容も良く聞いていると濃い。著名な学者が何人も出演し、ものすごく為になる話をしてくれる。軽い司会者と重い出演者が微妙にバランスを取っており見ていて楽しい。単純な娯楽番組ではない。
 ただテレビをつけてぼんやりと見ている、と言う事は私にはあり得ない。だから音楽が一日中家の中を流れている。曲に没頭している時もあるが、音楽は聴きながら他のことも出来る。昔は音楽を聴きながらプログラムを作っていた。今は、音楽を聴きながらこのブログを書いている。

posted by kaz at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール