2019年02月25日

雪の香取神宮


時は二月の初旬

この辺りでも雪の便りが届き始める

私の住むところは太平洋の沿岸で、

一年に2度ぐらいしか、

雪は降らない

でも、少し内陸に入ると、

そこには雪がある

子供の頃には

家の周りでも結構雪は降っており、

雪合戦をした記憶もある



初詣にはここに来なかったので、

久々に香取神宮に足を運んでみる

そこには、

雪があった

平日なので人もまばらで、

境内は静寂に包まれている


DSC_0495b.JPG


DSC_0499b.JPG



神社の裏には桜馬場があり、

その奥に鹿がいる

雪が降っても何のその

鹿は悠々と歩いていた

しばらく見ないうちに、

がたいは一回りも二回りも大きくなっていた


DSC_0503b.JPG



地表にうっすら積もっただけなのだが、

踏みしめると

心地よい踏み音が返って来る


DSC_0515b.JPG


DSC_0518b.JPG


DSC_0519b.JPG


DSC_0520b.JPG


DSC_0522b.JPG


DSC_0524b.JPG



祝天皇陛下御即位三十年の

垂れ幕が掛る

そして、

平成ももうじき幕を閉じる


DSC_0525b.JPG


DSC_0529b.JPG



帰りには

夕日が西の空を、

黄金に染めていった














※画像をクリックすると拡大表示します







posted by kaz at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2018年03月14日

春は近い


今年はいつもより寒い。

今回は越冬できるかと期待したが、

鉢植えの花はほとんど凍傷したかのように、

黒ずみ枯れて行ってしまった。

やっと暖かくなったと思いきや、

翌朝は冷気が襲ってくる。

毎年こうだったのかな。

思っていることは、

繰り替えされているのだろうか。




期待するかのように

庭に出てみる。

抵抗するでもなく、

庭の木々草花はいつもと変わらない。

曇り空だが今日は幾分暖かい。

先頭を切って、

ボケのつぼみがほころび始めた。

もう3月も始まったのだ。

あっと言う間にまた、

暑い夏がやってくる。

しかし、

その夏も駆け足で帰って行くことだろう。


IMG_7356b.JPG


IMG_7359b.JPG


IMG_7362b.JPG


IMG_7365b.JPG


IMG_7368b.JPG


IMG_7370b.JPG


IMG_7374b.JPG


IMG_7380b.JPG


IMG_7382b.JPG


IMG_7389b.JPG


IMG_7391b.JPG


IMG_7392b.JPG


IMG_7394b.JPG


IMG_7396b.JPG


IMG_7399b.JPG



野菜売り場には菜の花が並んでいるのに、

うちの菜の花はこんなもの。

長く味わえると思えばいいのだろうが、

旬を忘れてしまいそう。


IMG_7405b.JPG



庭にも小さな世界がある。

去年はカタバミに覆われていても、

今年は違う種が勢力を伸ばす。

種類が多すぎて名前を特定できない。


IMG_7406b.JPG



ほうれん草は元気だ。

株を抜かず葉を積んで、

精一杯味わうことにしよう。


IMG_7413b.JPG














※画像をクリックすると拡大表示します







posted by kaz at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2018年01月23日

初雪や


初雪である

今季は少し早いようだ

テレビでは、

都会は大雪で混乱が続く

と言っている

高速道路も閉鎖が多いと、

ラジオが流してる

ここは、

黒潮のおかげで日中は雨

翌朝庭に出てみると、

あら?

降ったんだ

これで雪と呼べるのだろうか

贅沢な望みだろうか

雪は見たい

けれど、

寒いのは好きじゃない

やはり、

贅沢な考えなんだろうな

しばらくこの寒さは続き、

2月にピークを迎え

そして、

春はやってくる

何と気が早いことか

もう少し、

ゆっくり生きることにしよう


IMG_7291b.JPG



IMG_7292b.JPG



IMG_7299b.JPG



IMG_7295b.JPG



IMG_7296b.JPG



IMG_7297b.JPG



IMG_7298b.JPG














※画像をクリックすると拡大表示します







タグ:
posted by kaz at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2017年05月05日

春と珍客

春なのに肌寒く、
庭の草木に花はついてきているが、
まだどことなく控えめだ。
今年も特に珍しいものもなく、
毎年春を告げる花々にシャッターを切る。


IMG_6327b.JPG


タンポポは、
と言うより草花は
群生していると気が付かないが、
一つをじっと見つめると
可憐で可愛い。


IMG_6329b.JPG


IMG_6331b.JPG


IMG_6332b.JPG


タンポポの綿毛
よく見るとガラス細工のように見えるし、
小宇宙を表しているようにも見える。


IMG_6333b.JPG


子供が小さいころ、
この綿毛を吹いて
飛ばして
一緒に遊んだことを
思い出す。


IMG_6336b.JPG


IMG_6337b.JPG


今年はブルーベリーに花が一杯ついていた。
ブルーベリーが酸性を好むことを知ったので、
酸性肥料を与えたら、
しっかり花が咲いてくれてそして元気だ。
環境は大事だな〜


IMG_6338b.JPG


毎年咲いてくれているこのカーネーション。
他の株はみんなカビやら炭疽病でやられてしまったが、
この株だけは生きている。
大事にすればいつまでも咲いてくれるのかも。
今年で5年か6年、
年に2回か3回ぐらい咲いている。


IMG_6342b.JPG


最後に淡い桃色のつつじを撮ろうと目を向け、
開花した花びらを覗いてみたら、
「あらぁっ」
目が合ってしまった。
日向ぼっこをしているト・カ・ゲぇ (^^)
じっと動かずこちらを向いていたので、
シャッターを押した。
夜になればまた冷えてくるので、
今のうちに体を温めているのだろう。
時々子供の小さなトカゲを庭で見る。
昔から庭に生息している地味な動物。
小さなトカゲは愛らしい。
今日日向ぼっこをしていたトカゲは、
かなり大きめであった。
お父さんかな〜
それともお母さん。


IMG_6341b.JPG


IMG_6354b.JPG














※画像をクリックすると拡大表示します






posted by kaz at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2017年04月07日

成田山、桜.


成田山に桜を見に行った。

まだ早いかなと思っていたが、

確かに時期は早かった。

二分咲きとか言うのではなく、

木によって咲いているものと

咲いていないものがある。

一昔前は、

みんな一斉に咲き始めていたような気がするが、

最近は咲き方にも個性が出てきている。

自然の変化が激しいから、

桜も迷っているのかもしれない。


JR成田駅から車で侵入したが、

平日のせいもあり人はまばらである。

しかし奥へと、参道へと入り込むと、

人の数が増え始めた。

半分以上は外国人である。

なるほど、やはり観光地なのだ。

通りも他の成田の道とは趣が違い、

そしてきれいである。

観光地用に飾られた沿道を散策し、

成田山新勝寺の門をくぐる。

恒例の亀を眺め、

急な階段をのぼり、

境内に入る。

が、境内には桜の賑わいがない。

咲いている桜を選ぶように境内を歩く。

満開になればここも人混みで満開になる。

時間を忘れ

のんびり散策すれば、

気が付かなかった癒しを

見つけられることだろう。


IMG_6072b.JPG



IMG_6074b.JPG



IMG_6076b.JPG



IMG_6086b.JPG



IMG_6087b.JPG



IMG_6088b.JPG



IMG_6100b.JPG














※画像をクリックすると拡大表示します







posted by kaz at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2017年03月14日

春の囁き




IMG_5865b.JPG


IMG_5866b.JPG


IMG_5868b.JPG


IMG_5871b.JPG


IMG_5873b.JPG


IMG_5876b.JPG




春の囁きは、

途切れ途切れにここに届く

日中は

太陽のおかげで暖かいが、

夜の静寂は、

心に沁みる

花を咲かせようと頑張っているが、

みながみな、

頑張れるわけじゃない

名も知らぬ草にも、

春は来る

早く来い、

春よ来い
















※画像をクリックすると拡大表示します





タグ:
posted by kaz at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2017年03月05日

初春


春はどこに

今年も庭のボケのつぼみが

ほころび始めた

水仙はとっくに開花している

また、

春と言う季節がやってくる

木々や草花は一斉に芽吹き、

生命にあふれた季節がやってくる

こんな時海はと言えば、

穏やかな波間に、

サーファーの姿が見え隠れする

季節など関係ないよと言うかのように

多分水は暖かいに違いないが、

風は冷たいし、

空気は寒い

しかし、

直接太陽の日に当たると、

光は熱い

今のうちに

考えておこう

春になったら何をする?

春は素早く去ってゆくのだから


IMG_5854b.JPG


IMG_5855b.JPG


IMG_5856b.JPG


IMG_5858b.JPG


IMG_5860b.JPG


IMG_5864b.JPG















DSC_0277b.JPG


DSC_0278b.JPG


DSC_0281b.JPG


DSC_0279b.JPG


DSC_0282b.JPG





















※画像をクリックすると拡大表示します





タグ:花,海,初春
posted by kaz at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2017年02月21日

空荒れる


今日も強い風が吹く

先週の春一番より強い風

目の前は砂煙で近場しか見えない

離陸した飛行機はすぐに砂雲の中へと

消えて行く

荒れる風の中の飛行機を見ていると、

今日はやけに着陸をやり直す数が多い

風も一段と強くなり、

目を開けていられない

砂の粒が眼球を攻撃する

いつまでこの風は続くのだろう

しかし、

急に当たりの空気が変わり始めた

暖かった風はひんやりとし始め、

砂煙は色を薄め、

風が西から北へと変わった

ざわつきが襲う

雨だ

雨が降ってきた

確かに夜は雨だと言っていた

温度は一気に下がり始め、

また、寒い冬が帰ってきた


IMG_5837b.JPG















※画像をクリックすると拡大表示します








タグ:風,冬
posted by kaz at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2017年01月08日

年明けて


年も明け今日で5日目、、

と書き始めたが、

既にもう8日になっていた。

心も新たに、、

まったく新たにもならず、

正月の気分はどこへ行ったのやら、

相変わらずいつものような毎日が

繰り返しやってくる。

いつからだろうか、

晦日が晦日でなくなり、

正月が正月でなくなったのは。

娯楽も少なく、時がゆっくり流れていた頃は、

晦日があり、正月があり、

節分があり、ひな祭り、端午の節句があった。

今はバレンタインデイにホワイトデイ、

それにハロウィンにクリスマス。

じっくり味わうことなく、

食べて騒いで終わってしまう。

時間と世相に流されっぱなしで、

人生は終わってしまうのか。

そんな世の中を余所目に、

植物は自然界のサイクルの中で、

芽吹き、実をつけ、種を残し、

枯れてゆく。



我が家の軒先には、

11月に種を蒔いたほうれん草が、

寒いのに元気に育っていた。

昨年、

地に直まきしたほうれん草は良く育ち、

木のようになって種を一杯つけた。

だから種を蒔いても蒔いても蒔ききれない。

春になったらまた蒔こうと思う。

昨年の収穫は、

株から抜いてしまうとそこで終わってしまうので、

食べる分だけ葉を摘まんだ。

だから結構長く楽しめたのだが、

そのうちに真ん中から茎のようなものが出てきて、

ズンズン伸びてきて木のようになった。

そしてそこに沢山の花をつけた。

その頃はもう葉も小さく茎も硬くなっていた。

食べようとしたが、

硬くて食べられない。

あとで解ったこと、

それはこの茎のような状態のものを、

「とうが立つ」と言うこと。

茎が伸びて硬くなり、

食べ頃を過ぎてしまったことを、

こう呼ぶのだそうだ。

この言葉は人の年にも当てはめられており、

このほうれん草を見て、

あぁ〜、そう言うことなんだ、

と初めて理解したような気がした。

何気なく使っている言葉にも、

深〜い意味があるのだ。


初詣には行ったが、

初日の出は見ていない。

年賀状は2日に書いた。

めでたくもない師走に書く気はしなく、

いつも年が明けてから書くことにしている。

なんだか最近は書くこともなく、

困ったものだ。

これではいかんと数日後、

夕日を撮ってみた。

今年もこんな感じなのかな〜?


IMG_5742b.JPG


良く育つように、

マルチ(土の表面をポリエチレンフィルムなどで覆うこと)にした。

ほうれん草は筋蒔きにするので、

マルチを帯状にカットする。

切り口を止めるために、

ビニールテープを等間隔に貼った。

こうすることにより帯の長さを一定にできるし、

切り口が広がることがない。

IMG_5743b.JPG


あまり日当たりは良くないようで、

太陽がもっと頭上に来ればよいのだが、

今は木の影の中に入ってしまう。


IMG_5745b.JPG


夕日を撮ってみたが、

田舎は電柱が多くって。


IMG_5747b.JPG


海は凪いでいた。


IMG_5755b.JPG



今年の初日は見れたのかな〜

太陽が水平線の下にいるときは雲一つなく、

水平線から昇り始めるころには、

水平線上に雲が出る。

いつもそうであった。

その頃の磯には湯気が立ちのぼる。

太陽のエネルギーを吸った海水は、

雲になる。














※画像をクリックすると拡大表示します





posted by kaz at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2016年03月21日

ぼけ、春の訪れ


冷たい風が吹いては暖かくなり、

雪が降っては日差しが眩しくなり、

そうやって寒暖が繰り返しやってきた。

これで最後だろうと言う寒波が訪れ、

春の彼岸を目の前に、

木瓜のつぼみが膨らみ始めた。

彼岸を迎えこれからは暖かくなるのだろう。

木瓜の花は一斉に開き、

庭に久しぶりの彩りを与えている。

いつものように、主張するでもなく。



IMG_4283b.JPG



IMG_4286b.JPG



IMG_4287b.JPG



IMG_4290b.JPG



IMG_4291b.JPG














※画像をクリックすると拡大表示します






posted by kaz at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール