2015年12月28日

Kindle Fire その1


 とうとうKindle Fireを買ってしまった。アマゾンのホームページに来るたびに目に入る「プライム会員なら4,000円オフ」と言う広告を見続け、ついその誘惑に負けてしまった。特に欲しかった訳でもなく、何に使うでもなかったが、今買わないとと言うそんな気が起きてしまったのだ。アンドロイド系は大分前に台湾製のmomo9と言うタブレットを購入していた。あの頃はアンドロイドでも覚えて小遣い稼ぎでもしようとかと考え買ってみたが、このmomo9が大層なくせ者であった。電源を入れてもなかなか立ち上がらない。やっと立ち上がったと思ったら裏でソフトがいっぱい起動されていて、自分の使いたいソフトが起動しない。Windowsには慣れているがアンドロイドのシステム構成やオペレーションが良く解らない。ま、そのために購入し勉強をしようと思ったわけだが、階段の1段目でつまずいたのではなく、先に進めなかったのである。動かないものを使うのは苦痛である。いらいらしながら何とか使いこなそうとしたが無駄であった。捨てたいのは山々だが、勿体ないので何かに使ってやろうと、今では音楽再生機として使っている。が、使いづらいしよくフリーズする。アンドロイドタブレットは悩みの存在であったが、懲りずにアンドロイドのKindle Fireを購入してしまった。携帯はガラケイなのでアンドロイドは2代目である。

 Kindle Fireには通常の端末にはない何か魅力を感じていた。以前広告を見た時は在庫不足で納期が大分後になっていたが、今回注文したら翌日届いていた。人気のピークが過ぎたのか生産量を増やしたのかは解らないが、とにかくすぐに手元に届いた。電源を入れるとamazonの文字が現れ、次に fireの文字が炎のように現れる。画面には場所がどこか解らぬ綺麗な景色の背景で、その表にボタンが配列される。使い方はmomo9とはちょっと違う。当然のことである。色も綺麗だし動きも良い。ちょっと使ってみたが、動きもスムーズだしフリーズなどしない。純粋なアンドロイド端末ではなくアマゾンストアーの案内役感があるが、これも使い方次第であろう。どういう用途に使うかはまだ決めてないが、それなりの癖もありそうなので調べながら先へ進もうと思う。マニュアルは同梱されていなかったのでネットで調べながら使っていたが、実はメニューのヘルプに操作説明は入っていた。今の時代だから紙の資料などもう付かないのかも知れないが、全ユーザー層をカバーするのなら、基本的操作編のマニュアルはまだまだ必要であるような気がする。絵も綺麗だし使い方によっては便利なツールになりそうな気がする。端末の便利ツールを入手するためのアンドロイドのグーグルショップとアマゾンのアプリストアとは別物であるが、同じアンドロイドなので互換性のあるものも少しだけあるようだ。まずはKindle Fireに慣れることが重要である。今は音楽を聴いたり、本を読んだり、カメラで撮影したりしているが、まだまだ解らないことは沢山あるので情報を入手した時や問題を解決した時などは随時ブログにアップしていこうと思う

Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2015/12/28 11:48時点)


タグ:Kindle Fire
posted by kaz at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 便利なもの

2015年07月19日

電力積算計

 我が家の電力メーター(東電の電力量計)は常にフル回転である。電気が足らずブレーカー落ち放題で、容量を60Aに変えたのは大分昔のことだ。外線から家への引き込みは、単線では容量が足らず2線で入って来る。どこで何が電気を食っているか見当も付かないでいた。我が家は増築を繰り返しその回数分だけ家庭内配線も増えて行き複雑になっていった。電気配線図など存在する筈もなく、行き当たりばったりの工事が行われていった。そして、屋内配電盤には小分けの一つの容量15Aのブレーカーが6個着いており、どのブレーカーがどの部屋に繫がっているのか、どの電気機器がぶら下がっているかが良く解らなかった。通常の家庭内配線の銅線の容量が15Aなので、15Aのブレーカーで電気は分けられている。現代は大容量電気機器が多いので使うのも大変だ。電子レンジ、IH炊飯器、オーブンレンジ、オーブントースターなどと電気を食う機器達は、だいたい同じ場所に設置されている。それぞれを別のコンセント、それも違うブレーカーを通ったコンセントで使用しなければ、調理の途中でオーバーロードとなり機器はダウンしてしまう。また、調理中にドライヤーでも使うものならまたひと問題が起こる。
 大分前になるが、一つずつブレーカーを落とし家庭内配線の行方をを確かめたことがあった。図に書いて置いたが、今はその図はどこへ行ったやら。
 話を戻すと、どこで電力を消費しているか計ろうとしたことがあった。その時は電流を計ることしか頭になく、大電流を計るメーターはなかなか見つからなかった。あったとしても当時それはかなり高価であった。だから実際は計りはしたかったし、頭の中は電流計で計るという思考で止まってしまっていた。あくまでも電力を電流、電圧で計る、それしか頭になかった。
 しかし、何かのきっかけで積算計、ワットモニター成るものを知った。現代は積算計ではなくワットモニターと呼ぶようである。検索しようにもワットモニターなんぞと言う名詞は浮かびもしなかった。ワットモニターで検索すれば出てくる出てくる、何と2,000円前後で手に入るではないか。何と言う世の中になってしまったんだ、とびっくりしながらネット販売を検索する。購買方法も今流のやり方で、ここは今流なんだと感心している場合ではない。
 購入はいつものアマゾンである。いろいろなメーカーありタイプありであるが、手頃で安心できそうなサンワのワットモニターを選択した。この機器は値段の割には機能豊富で、瞬時電力量、積算電力量、1時間当たりの電気料金、積算電気料金、使用時間、CO2排出量が計れる。多分どこかのメーカーが開発した計測用LSIを使っているんだろうと思う。他のメーカーも機能は似たり寄ったりだから。
 手元に届くとすぐに自分の使用している機器の電力を計ってみた。パソコンは24時間稼働でAPCの無停電装置に繫がっている。無停電装置の液晶は常に消費電力を表示しているが、購入したワットモニターの数字と一致している。なるほど動作は確かなようだ。3日ほど計測し、自分の使っている機器の電力量を予測することが出来た。これはとっても便利である。次は何を計ろうか、気分は少年時代へとシフトする。
 2番目の対象として冷蔵庫を選んでみた。ワットモニター購入の目的は、我が家の電気泥棒を探すことである。高速回転(普通の家庭に比較すれば)している電気メーターの根拠を調べなければならない。
 ワットモニターにしろ、世の中にはまだまだ知らないことが沢山あるんだと感じた。そのことを考えると同時に、先入観なく「あったらいいだろうな」と思えることは、この先も調べて見る価値はある。多分、素人の思いつくものは既に世の中に存在しているに違いない。問題は、調べるためのキーを探し出すこと思いつくこと、そのキーが現れれば、無尽蔵に近いネット上の情報を掴むことが出来るかもしれない。今の世の中、結構いろいろなものが存在している。その中には知りたくないこともある。情報をどう処理するか、収集の先には判断する知恵が必要になってくる。ワットモニターからこんな結論が出てきてしまった。

サンワダイレクト ワットモニター 電気代 消費電力 簡易計測 700-TAP017

新品価格
¥2,680から
(2015/7/19 23:15時点)



posted by kaz at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 便利なもの
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール