2016年04月30日

野菜達へ


今年も昨年と同じ様な作物を作ろうと考えている。

昨年は作り方も良く解らなかったので、

プランター用の土を購入し、その袋に穴を開け、

その中に苗を入れ育てた。

こんなやり方でも野菜が出来ることを確認できたが、

今年はもう少し自然に(当たり前に)作ろうと思う。

野菜作りには土が大事だと言うことが良く解ったので、

今年は自分なりに土を育てた。

まぁ、冬は作るものが余りなかったので、

土をいじくり回しただけのことである。

また、マルチと言うやり方で栽培すると

良く育つと言う事なので、

この方法で作ることにした。

この方法がなぜマルチと言う表現なのかはまだ調べてないけれど、

ようするに土の上をビニールで覆い、

苗を植えたい場所のビニールの位置に穴を開け、

そこに苗を植える方法だ。

温室効果で土が暖まり、発育が促進されるのだ。

作るものは昨年同様、ゴーヤ、オクラ、いんげん、

えんどう豆、なすにピーマン、トマト、バジル、

途中から追加で、イタリアンパセリ、ブロッコリ、

分葱、らっきょ、

そうそう、去年の冬からほうれん草も作ってた。

書き出してみると、

ずいぶん沢山の種類を作っているんだなと感心する。

家庭菜園の良い所は、いつでも新鮮なものが食べられると言うこと。

使う量は少量から可能で、弁当のおかずに便利である。

スーパーで購入すれば安く手間なしで済むのだけれど、

量が多いため使い切れなく冷蔵庫で枯れて行く。

自分で作っていれば必要な時に必要な分切ってくれば良い。

だからほうれん草は株を抜かないで、

ハサミを持って必要な分だけ葉を切ってくる。


今年は昨年収穫した種から発芽させてみる。

収穫した種はゴーヤ、オクラ、いんげんであるが、

いんげんは難なく芽を出した。

が、他は一向に芽を出さない。

余りにも遅いのでそろそろ苗の購入を考えているが、

ここで解ったこととして、

売っている種は発芽用に育てられ選別されて、

そして店頭に並ぶのだから、

自分ん家で収穫した種とは

品質が違ってくるのは当然のことなんだろう。

来年は自家製にこだわらず、

品質の安定した市販品を使うことにしよう。

発芽を観察していて感じたことは、

豆類は強いと言うことだ。

そして越冬させるにはそれなりの訳があると言うこと、

冬を乗り越えたほうれん草とあまいえんどうは強い。

越冬したほうれん草と今年蒔いたほうれん草とでは、

育ち方が全く違う。

下の写真で左が越冬したほうれん草、

右が多分2月頃蒔いたほうれん草。

背丈は倍以上違うし幹の太さや葉の出方も全然違う。

こんなほうれん草でも季節の感じ方は一緒のようで、

同時期に花が咲き始めてしまった。

ほうれん草はもう終わりに近づいている。

冬蒔きは霜対策やら風対策で結構手が掛かったが、

その分十分楽しませて貰った。

春蒔きについては、「えっ、もう終わり?」感がある。


IMG_4663b.JPG



比較写真がなかったので今撮ってきた。(^^;

冬蒔きのほーれん草は大木のよう。


IMG_4579b.JPG


IMG_4580b.JPG



イタリアンパセリの苗を貰ってきたので植えた。

鉢にもひと株植えてあるが、やはり育ち方が違う。

地面に植えた方が元気がよさそう。


IMG_4581b.JPG



ブロッコリの苗も貰ったので植えた。

大きい塊ではなく、

小さいものが一杯成ると言ってたが、

種類は解らない、じゃなく、聞いたが忘れた。


IMG_4582b.JPG



去年の種から発芽したいんげん豆。

蒔いたらすぐ芽を出した。


IMG_4583b.JPG



越冬したあまいえんどう。


IMG_4585b.JPG



そうだ、九条ネギも作っていた。

ネギは料理には欠かせないものだが、

そのネギを使ったマイレシピが少なすぎて、

何に使って良いか解らない。

ネギは虫除けになると聞いているから、

そこにあるだけで役目は半分果たしているのかも。


IMG_4588b.JPG



庭のツツジも咲いてきた。

いよいよ、春本番である。


I
IMG_4592b.JPG













※画像をクリックすると拡大表示します






posted by kaz at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5015875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール