2015年05月12日

家庭菜園始めました その1

過去に何度か庭で野菜を作ってみたものの、
病弱のような野菜が出来るだけで、
収穫の喜びなどは皆無であった。
同僚に野菜作りに詳しい人がいて、
その辺の話をしてみると、
やはり地が悪いのと作り方も悪いようである。
もともと庭は砂浜と同じ砂で、
その上に赤土を盛っただけのもの。
多分、地としては貧弱であったに違いない。
そこに化学肥料などを撒いても、
即効性はあっても、役に立つ地になるわけがない。
しかし話を聞いていて意外な方法があることに気づかされる。
それというのも、ホームセンターなどに売っている
野菜作り用の土である。
その土をプランターなどに入れ替えるのではなく、
その袋そのものに植えてしまうのである。
私にとっては奇想天外の方法であったが、
この業界と言うか野菜作りをする人にとっては、
当たり前のことらしい。
安定性を考え、と言うか自然体としての平横置き、
(普通に積まれている状態)でレイアウトを考える。
何を植えようか。
悩んだあげく、定番のナス、ピーマン、トマトを
苗木で買った。
あまいエンドウとゴウヤは苗木が売っていなかったので、
種から育てることにした。
土袋の据置位置に、袋幅で深さ10cm位の溝を掘り
そこに袋を置いた。
下の土は一応軟らかくしておく。
袋の下に排水用の穴を開けるので、その穴から根が
出てきても容易に伸びられるようにするためだ。
袋の上に沢山穴を開け、いっぱい野菜を育てようとしたが、
経験者からは一袋2個が限界だと説教された。
そうなんだ、結構奥が深いようだ。
カッターで袋に1十時の切れ目を入れ、
その中に苗木を植えた。
種はその穴に蒔いてから土を少しかけた。
種の場合は、3〜4個蒔いて芽が出たら、
一番元気なものを一個残すらしい。
間引きであるが、せっかく生きているのに
可愛そうと思うのは感傷的か。
水を撒いて、元気に育つことを祈って、
この日の作業を終了した。


IMG_2609b.JPG
トマト
※回りを覆っている「あんどん」についてはその2で説明


IMG_2611b.JPG
ナス


IMG_2612b.JPG
ピーマン


IMG_2613b.JPG
あまいエンドウとかゴウヤを蒔いたもの














※画像をクリックすると拡大表示します





タグ:野菜作り
posted by kaz at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | なごみ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3650649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール