2017年12月17日

秋を探して 房総のむら


秋を探して。

今回は今年の走り収めで、

バイク仲間と「房総のむら」にやって来た。

ここは地図で言うと成田のちょっと上、

印旛郡栄町。

県立の体験博物館だ。

江戸時代後期から明治初期における

商家・武家屋敷・農家などの家屋景観が

再現されている。

私にとっては少し懐かしい匂いがした。


IMG_7045b.JPG



道の両側に商家や総屋・地蔵堂などが並ぶ。

建物の中に入ると、

作業場や生活環境が現れ、

その中に展示物が並んでいる。

あっ、

この釜戸知っている。


IMG_7046b.JPG


IMG_7047b.JPG


IMG_7048b.JPG


IMG_7054b.JPG



ここでやっと、

秋を見つけた。

少し地味であり

庶民的な秋である。


IMG_7056b.JPG



目の前に農家の門が見える。

昔の地主の家だろう。

中に入ると屋敷は大きく、

母屋には屋根裏部屋がある。

ここに住み込みの作業人が、

寝泊りしていたのだろう。

庭の一角には馬小屋もあった。


IMG_7058b.JPG


IMG_7059b.JPG



軒には大根が干されている。

これでたくわんを作るのかな?


IMG_7060b.JPG


IMG_7062b.JPG



木の後ろにあるのが馬屋である。


IMG_7067b.JPG



木々は紅葉していた。

しかし、

色鮮やかではなく、

少し枯葉っぽい色彩である。


IMG_7068b.JPG



冬に咲く桜だと、

教えてくれた。


IMG_7072b.JPG



懐かしい藁山。

農家の庭でベーゴマを回していた。

担当の老人に誘われ

ベーゴマに手を差し出す。

ある年齢の人には懐かしい遊びだ。

自然に手が出て、

駒を投げ出す。

しかし駒は場に入らず、

とんでもない方向へと飛び出す。

童子に戻りひたすら無心に回す。

汗をかいたころには、

少し足腰が痛んだ。

いい汗をかいたのでお暇をし、

場内のレストランでおいしい昼食を頂き、

帰路についた。

今年の走り収めは、

これで終了だ。

来年もまたみんなと走るのが、

楽しみである。














※画像をクリックすると拡大表示します








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7101532
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール