2016年06月30日

キンドルを車にマウント


いつも車の中でキンドルを聴いている。

しかしブレーキをかけるとシートから滑り落ち、

バックに入れれば突然選曲が変わったり、

床に落としたりで大変だ。

小物入れに入れれば、

手を入れるたびに接触してしまい、

誤動作を頻繁に引き起こす。

またラジオ番組の間に挟まるコマーシャルを

飛ばすのは至難の業である。

誤動作や本体をやたら落とすのを防ぐため、

キンドルをスタンドで固定できないか

アマゾンを検索してみた。

ヒットしたスタンドは少なかったが、

使えそうなので早速買い物カゴに入れた。

数日後、商品は自宅に届き梱包を開けてみる。

どうやらスタンド本体は両面テープで

車に固定するらしい。

某有名メーカー製の両面テープであるようだが、

キンドルの荷重と振動、揺れに耐えられるのだろうか。

実際、落ちた。

通勤で使用してみた。

業務終了後、車に戻ってみたら、

床に落ちていた。

実際に時間を計ってみたら、

3時間ぐらいで剥がれ落ちている。

さすがにキンドルは重いのかもしれない。

携帯ぐらいの重さだったら耐えられるのかな。

ボンドG17と言うゴム系の接着剤で車に固定した。

剥がれ落ちた両面テープの上から接着剤を塗って車に貼り付けたが、

4時間後に両面テープで繋がっていたスタンド側で

剥がれ落ちた。

当然のことであろう。

両面テープをすべて剥がし、

スタンドを接着剤で直接車に貼り付けた。

今度は落ちないだろう。

が、強力に接着したためにスタンドに負荷がかかり、

スタンドが壊れないだろうか。

キンドルを固定すると言う目的は果たせたが、

再生ポイントを飛ばすのが難しい。

飛ばすとは、

例えば30秒コマーシャルが入ったら、

その30秒だけを飛ばすということ。

曲の途中を飛ばせる無料のアプリを探し、

右向き三角1右向き三角1のようなボタンのあるアプリ)

実際に時間移動をしてみるが、

これが何と難しい。

車は走っている。

タッチポイントは小さい。

目で確認し一度目は押せるが、

2度目は指先が移動してしまう。

またタッチパネルも反応したり無反応だったり。

そもそも運転中の操作はNGであろう。




IMG_4575b.JPG


車にキンドルを取り付けてみた
ピンクの香水箱には、
以前ブログに書いたトランスミッターが
入っている


IMG_4577b.JPG




IMG_4578b.JPG




<< その後 >>

取り付けてから3か月経つが、

スタンドはまだ健在である。

ハンドルを急に切ると、

遠心力でキンドルがそっぽを向いてしまう。

ネジで締め付けられるクランク部品が2ついているが、

プラスチックなので締め付け過ぎると、

多分遠心力で壊れてしまうだろう。








星光産業 タブレットホルダー EC-151

新品価格
¥1,436から
(2016/7/2 01:30時点)




Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2016/7/2 01:32時点)



タグ:スタンド
posted by kaz at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | キンドル
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5205657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク
access:
online:
ファン
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
ドローンを修理する by kaz (03/14)
ドローンを修理する by obayashi (03/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール