2019年10月04日

DQ10武器200スキルの評価考察など(サンライトアロー編)

今回は武器200スキルの評価考察などを書いていきたいと思います

今回は弓の200スキルのサンライトアローです
160〜190セットでサンライトアロー1
200セットの時のみサンライトアロー2ですね

サンライトアロー1だとチャージ140秒なので長すぎですが、サンライトアロー2でもチャージ90秒なんですよね
90秒でも長すぎです、1分30秒とかおかしいやろ
効果は対象とその周囲の敵に5回攻撃ですね、光属性なのでそこは無属性に比べると当然評価はダウンします
ダークネスショットなどで光耐性を下げられるとしてもやはり属性特技はマイナスなんですよね、なぜなら聖守護者でも異常に光耐性高いのがでてきたりして厳しくなるわけですから、こういう事がある限り属性攻撃はどうしてもその部分はマイナス評価なんですよね、それでも単体相手なら5回攻撃の多段なのでそれなりには強いです
複数相手だと微妙になりますのでそこもマイナス評価ではあります

チャージが長いのは明らかに調整不足ですね
と言うか現状が2までなのでこれは確実に3が後ででる前提の調整で萎えますね、3でチャージ45秒とかでも長いけど、明らかにそれを意識した長さですよね
チャージ時間が長いとまともに使えないですからね、早めに大幅に短くした方がよいです
この程度のスキルならチャージ25秒で良かったと思います

サンライトアローの強化だと
160〜190セットで+2%
200セットの時のみ+5%ですね

これも実質+2%やろと言いたいですし駄目ですね、他のをセットした方がましです
この設定も明らかに今後更に上限解放する前提の設定にしか見えないですからね
上限開放されて+5%も同時にセット出来るようになれば少しはと言う感じでしょうか

評価としては若干低めです、アルテマソードよりは上ですが、超さみだれよりは当然下悶絶よりも下ギガスローよりも下豪雪やゴッドスマッシュよりも下無属性範囲よりも下、なので同じ属性特技で追加効果も無い大地裂断やアースクラッシュと同じぐらいな感じなんですよね、複数相手なら大地裂断やアースクラッシュよりも下、単体相手なら大地裂断やアースクラッシュよりも上なので、相殺してちょうど中間あたりの評価なんですよね
まあ一応弓はダークネスショットで光属性を下げる事が出来る点を考慮して大地裂断やアースクラッシュより僅かに上な感じでしょうかね、評価が難しい所ですがこのあたりが妥当なラインです

現時点の評価順だと超さみだれ突き>悶絶全方打ち>ギガスロー>ゴッドスマッシュ>豪雪氷結乱撃>ネメシスエッジ>おうぎ乱舞>大旋風斬り>サンライトアロー>大地裂断>アースクラッシュ>アルテマソード>霊脈魔法陣>>越えられない壁>>スピリットゾーンですね
まあこんな感じですね、現時点では超さみだれ突きがトップです、やはり無属性はハイエンドでも確実に軽減されないのは大きいですからね、属性付きはハイエンドでの異常な属性耐性とかの影響を受ける可能性がある限り厳しいです

これで一応一通りの武器は終わりましたが、格闘や盾も200スキルはあるのでそれまでは記事で書く予定です

今回はここまでで終わります
質問等あればコメントしていただければ答えられる範囲で答えていきたいと思います





ドラゴンクエストX ブログランキングへ
タグ:DQ10
posted by ドラクエ at 00:34| Comment(5) | TrackBack(0) | DQ10
ファン

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
プロフィール
ドラクエさんの画像
ドラクエ
プロフィール
リンク集