2019年04月27日

DQ10聖守護者ジェルザーク想定のバトルマスターの装備考察など

を今回書いていきたいと思います

コメント等で要望が多かったのでジェルザーク想定のバトルマスターの装備を考えて見ました

まず武器ですが、武器はハンマーという事でハンマーは星球の鉄槌です
最新武器という事で純粋に基礎攻撃力が高くて尚且つ全ての攻撃ダメージ5%まであるのでこれしかありえません
これのおかげで両手剣より落ちる火力をある程度カバーしてる感じがします
それだけ全ての攻撃ダメージ5%は強い効果ですので
そして錬金ですが、これは会心率ですね、攻撃は錬金分の数値はバイキに乗らないのでこの時点でいまいちですし
天下は会心率が強化されて前の倍になっているので当然ながらそこを活かす形が最も有効です
多段攻撃で尚且つ会心率も強化されてる上に6回も会心の判定があるこの時点で会心が有効です
守備力が高い敵には会心が有効これは基本中の基本です、会心だとダメージが上がる宝珠やアクセや装備セットもありますからね
そしてなんと言っても今回マグマリミットを止める可能性を考えると上ブレでバト2人の時でも会心の出方次第で止められるというのが大きいです、これ地味に大事な部分だと重い増す特に野良では1人落ちてる時にマグマリミットで魔構成なら詰みだからね、バト構成は1人までなら詰まない可能性もあるというのはポイントになると思います

マグマリミットで猶予は3ターンなのでバト3人なら9回ですが仮に通常1発200、会心1発800とすると
(実際はこれよりもう少しダメージは高いけどね)
通常のみなら1200ダメージなので1200×9で10800ダメージですが
会心が1回でもはいると1000+800の1800ダメージで会心1回はいるだけで1.5倍のダメージなんですよね
会心が平均1回で1800×9だと16200ダメージなので余裕で止められますね
2人でも1800×6なので10800ダメージです、それぐらい会心率が重要な敵になります
もちろんこれは平均会心1回なのでそれ以上なら更にダメージは上がります

両手剣よりもハンマーが良い点としてスキルでの会心率が180スキルを除くと
両手剣は22Pに2%ですが、ハンマーは35Pに2%と130Pに2%の合計4%なので
ハンマーは両手剣よりも会心率が2%高い利点があります、これもハンマーの可能性を高めた隠れた要因の1つだと考えています

次に盾ですが昨日記事で書きましたが拳闘士の盾かVロンの盾シリーズですね、体上とあわせて80以上あれば問題ないですが、高ければ高いほど良い場面もあるとは思います

次に防具セットですが、ここが結構いろいろと選択肢がありますね
最新のレギオンセットは攻撃+5と行動時3%テンションアップとテンション時魔物に+100ダメージですね
しかし天下とテンションの相性はいまいちなのとテンション自体が初段にしか判定ないのでテンション上がっていても100以上の追加ダメージは無理ですからね、あまり効果的では無いです
それでも火力面では期待は出来る部分はありますのでありではあります

族長セットは攻撃+5と必殺チャージ率と行動時5%でバイシとピオラですが
まず必殺はジェルザークでは使いませんしないのと同じというかむしろコマンド的に邪魔になる可能性まであります
なので行動時5%でバイシとピオラをどう見るかですが、生存率が高い上手いバトならありなのではと思います
範囲全避け当たり前に出来る人ならありな装備ではあります

トライバルセットは攻撃+5とコマンド間隔-0.5秒と攻撃時5%でチャージ時間-10秒ですが
ジェルザークはCTはあまり使わないのでそんなに効果では無いです
コマンド間隔も良い効果ですが後だしじゃんけん基本なのでターン来てもすぐに動けるわけでも無いのでそこまで有効じゃないというのもあります、族長の方が行動バイシ5%ある分よいまでありますね
テンションバーンを使ってその1ターンを取り戻すのも難しい所がありますからね
ただ1なら守備低下が入りやすいという事でプレートインパクトを使う事を考えると有効ではあります、3ではほとんど入らないのとプレートインパクト自体隙が大きいのでいまいちですなので3を想定するとトライバルはいまいちかもですね

武神セットは2%で行動ターンを消費しないと特技のダメージ+15ですね
行動ターン消費しないは無いよりはまし程度なのでポイントはやはり特技のダメージ15になりますね
多段の天下は相性は良いですね15×6なので常時90ダメージアップですが、攻撃5はないので
攻撃5の分のダメージを引く事にはなるので他の攻撃5ついてるセットより90ダメージアップでは無いです
90よりは攻撃5分僅かですが下になります、それでもマグマリミットを考えた場合ダメージは多いほうが良いのは当然なので有力候補ではあります

トーテムセットは会心率1%と会心時のダメージ+100ですね
会心率は武器の所で書いたので当然有効です1%でも積み重ねれば強いですので
そしてなんと言っても会心時ダメージ+100ですね、平均1回の会心でも武神こえますね(武神は90なので)
更に会心が2回出れば+200、3回出れば+300とうわぶれすればするほど高ダメージが狙えます
マグマを止める事が大事なのでこの火力の高さは評価したいですね
ジェルザークにはこれが有効だと考えています

後の装備セットは下位互換なので無いです
この中のどれかが良いでしょう、バト構成流行って欲しいのでどれとはいいませんどれも悪くは無いとは思います
本格的に狙うなら一番可能性があるのはトーテムセットですね、奇跡の1回を狙える性能があると思います
でも守備力の差が地味に通常耐えに影響もするのでそこも考えると難しい面もあります

そして防具の錬金ですが
頭と体下で耐性です、3耐性100が基本です
混乱・眠り・封印・幻惑から3耐性という事になります、幻惑はダークグラスという方法もありますが、死神のピアスで天下常時90ダメージアップも欲しい所なので難しいですね

体上はいうまでもなくブレス耐性です

腕は会心率ですが、1なら守備低下そこそこはいるので攻撃しながら狙えるルカニももしかしたらありなのかもしれない
でも基本は会心率だと思います

足は踊り転び100は必須ですね、+α(みかわしや移動速度など)あるなら更に良いという感じです

そしてアクセですね
顔アクセは1枠で幻惑100に出来るダークグラスか天下のダメージ常時+90出来る死神のピアスの特技ダメージですね

首アクセは金のロザリオ、これ以外は例外なく地雷ですどんな職でもこれしかありえません
合成効果はHPでHPを盛れるところで盛っていきましょう、通常耐え意識ですね

指アクセは将軍と言いたい所なのですが、聖守護者指輪も候補としてはありです
呪いまで対応しようとするとここが必要になりますね
そうじゃない場合も3耐性30で体下3箇所70の神装備でこれ3耐性で頭に4耐性目とかHPを盛るとかね
そういう選択肢もありますので一応考慮する意味はあるでしょう
聖守護者だからこその聖守護者指輪が必要になる場合もあるのはまあ悪くは無いです

胸アクセはアヌビスのアンクです、通常耐えラインを考えるとHPを盛った方が良いです

腰アクセは戦神ベルトの怪人9%ですね、もちろんこれに+αで攻撃や会心がついていれば尚良いです
輝石ベルトでも怪人8%+攻撃や会心の複合ベルトなら神なのでそちらでも良いです
ただ種族のみベルトなら最低でも9%は欲しいですね、種族の最大値ベルトぐらいは一通り持っておくのは常識です

札アクセは不思議のカードですね、HPと攻撃と(きようさか守備力)ですね、きようさは会心率に影響が僅かだけどあるので一応ぐらいです、守備力も通常耐えライン考えるとありな場合はあります

他アクセは大地の大竜玉ですね、HPは盛れる部分は盛っていくのが良いです

証が忠義の勲章の会心でしょうね、会心率はたかければ高いほど強いのは間違い無いです
会心率が高ければ高いほどマグマリミットを2人でも止められる可能性がでてきますのでこれが魔構成には無い強みですので
まあ通常耐えライン意識でHPも悪くは無いですけどね、忠義自体会心で+30の追加ダメージがあるのも大きいですし

そして絆のエンブレムこれも当然含みます、聖女は確定としてもう1枠をどうするかですね
ブレス100戦法なのでまもりのきりは保険程度になってしまうので
バイキとか通常耐えが楽になるスカラ2段階とかが良いと思いますね

こんな感じでしょうか、通常耐えライン意識のHP盛りしつつマグマリミットをとめられる可能性を高くするための会心要素という感じでしょうかね

あくまで想定なので突っ込みはあまりしないように要望が多かったので1記事書いておきます
バト構成が主流になるかもしれないですからね

今回はここまでで終わります
質問等あればコメントしていただければ答えられる範囲で答えていきたいと思います





ドラゴンクエストX ブログランキングへ
タグ:DQ10
posted by ドラクエ at 01:10| Comment(20) | TrackBack(0) | DQ10
ファン

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
プロフィール
ドラクエさんの画像
ドラクエ
プロフィール
リンク集